カテゴリー

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 言ってる先から突然の不幸がやって来た | トップページ | BIRDER 鉄砲は射ちますが、野鳥もしっかり観察します »

花鳥風月を思いて再び、、

Img_5838

2022年に思う所があり、Canonのミラーレスをやめて、野鳥撮影に特化したOLYMPUSに鞍替えしたのですが、今でもCanonの
EFレンズは広角を中心に複数所有しており、その再起動を待っておりました。今回は2台あるオリンパスのミラーレスを1台と、
星景撮影用の7-14mmF2.8広角ズームレンズと、花等マクロ用の60mmF2.8 macroを下取りに出して、再びCanonのフルサイ
ズを使おうと言う物です。以前ならボーナスがあるさ〜でしたが、それはもうありませんので、可能な限りの物々交換です。

ただし、旧遺産のEFレンズを使うのが目的ですので、ボディは5Dmark3などの10年落ち前後のフルサイズ中古などがターゲット
となります。なお、これくらいメジャーな機種となると、メーカー修理終了となっても、社外の修理屋さんで面倒見て貰えるので、
安く買ってメンテして貰えばまだまだ10年は使えるかと。因みに私の1D mark3は2007年に購入した物ですから17年間、20万回
(ショット)程度ではありますが故障知らずの現役です。

なお、OLYMPUSはあくまでも超々望遠での野鳥撮影に特化しましたが、Canonでは花と星景が主です。最近、庭の花など綺麗に
咲いているので、小さな花壇でも作りたくなってきました。また、近所の公園で夜景と共に星景を撮影するのもOLYMPUSより
Canonのフルサイズに分がある事は分かったので、高感度・高ダイナミックレンズの撮影がしたいなと思った次第です。実際1年
半OLYMPUSを使ってきて、これらの撮影はマイクロフォーサーズでは難しい場面も多いのかと思います。

道楽のタネは尽きる事がありません。困った事に。

« 言ってる先から突然の不幸がやって来た | トップページ | BIRDER 鉄砲は射ちますが、野鳥もしっかり観察します »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 言ってる先から突然の不幸がやって来た | トップページ | BIRDER 鉄砲は射ちますが、野鳥もしっかり観察します »