カテゴリー

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 筋肉休養日 | トップページ | 時々定点観測 ロートル同士 »

Beretta

Img_1709

今日は粉雪の舞う様な寒空で、体がすっかり固くなってしまいました。おかげで成績はパッとせず、成長
が見られません。でも、ようやくフォームが決まってきたようで、左飛翔体の場合は結構上手くなったと
師匠から言ってもらえました。

でも、右がさっぱり中りませんね。真ん中も半分位です。でもね、とても楽しくてしかたありません。こ
の寒空の中でも、射撃をしている時には寒さは気にならなくなり、薄っすらと汗ばむ位に集中しています。

Img_1710

毎回、射場に来る時にはテーマを決めているのですが、今日は3つ。欲張りですが、一度にやる訳ではない
ので、一つづつ確認しています。まずは肩付けの位置、高さ。次に頬付けでなるべく前に構えます。顔は右
に22.5度傾け、左右の目の高さは水平に。ここまでが構えである意味もっとも重要なテーマです。土台がで
きていないと、何をしてもまとまりません。

次はクレーが出てからですが、今の私の射法では全体視し、クレーが飛び出してもいきなり視線を向けず、
残像を追いかけます。残像で想像上の直線が頭の中で引けますので、それに沿って目線と銃口を向け追跡し
ます。左向きは右利きには回し易いので、スイングを追いついてから止めるつもりにしないと、すぐに前側
を射ってしまいます。右向きはそのまま追いついて追い越しざまに射ちます。止めちゃいけないので振り抜
きます。今の私はこれができないのですね。

とまあ、これが師匠の主たる指導方針なのですが、なかなかできませんね。

ちなみに私の銃はBeretta 682 GOLD。20世紀の頃の製品ですが、新銃で販売していた時は4気筒400ccの
中型バイクが新車で買える位の価格だと言う事ですので、銃に全く不足はありません。後はひたすら精進の
みですね。

 

 

« 筋肉休養日 | トップページ | 時々定点観測 ロートル同士 »

標的射撃」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 筋肉休養日 | トップページ | 時々定点観測 ロートル同士 »