2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 久しぶりのバイク | トップページ | 珍道中 佐賀編 »

珍道中 尾道編

Dsc01316_2_2

G.W.の旅行が定番化しているが、今回は5/1〜2の1泊2日、4/23に納車されてまだ1週間
ちょっとのインプレッサで尾道へ向かう。

Dsc01320

都市高速に入り、福岡ICから九州自動車に向かう。通天閣の様に見えるのは福岡タワー。
博多湾の名物で昭和のランドマーク。

Dsc01323

九州自動車道は存外空いていて、スムーズに関門海峡へ。本州へ渡る。以前ここを通った
時は海峡に突然の霧が出ていて視界100m無かった気がする。今日はスッキリ晴れ渡る。

Img_1610

山口ジャンクションで中国自動車から山陽自動車道へ入り尾道方面に向かう。

Img_1594

多分宮島PA。ここで軽く食事を取る。私はうどん、家内は尾道ラーメン。どちらも結構美味
しくPAでの食事としては価格対比でまずまずか。因に大型バイクのツアラーも多く、高速や
一般道も沢山見かけた。でも250ccや400ccって殆ど見かけなくなった。皆大型だ。

Img_1609

出張で何時も利用する公共の宿 がG.W.特別メニューでちょっと豪華な食事付きで安く出て
いたので露天風呂と食事目当てに行く事にしたのだった。

Img_1611

食事は1泊1万以下なのでそれなりではあるが、瀬戸内と中国山地で取れた山海の幸を
使った料理に舌鼓を打つ。ポン!

Img_1612

やっぱり刺身は旨かった。カンパチと鯛と鰆。歳を取ると量より質が大事になる。

Img_1615

食い意地が張ってついお肉1枚食べてから写真を撮るが、神石牛 と言う稀少な牛肉だそう
で実に美味しかった。ミディアムに火を入れてくれており焼き方も好みだ。最高!

Dsc01335

次の日は連休の合間の月曜日だからか比較的道は空いており、目的の一つにしていた
しまなみ海道もご覧の様に走りに堪能できた。

Dsc01356

不要とは思いつつも昔の癖で慣らしをしている。なので3,000回転以下に抑えるのに苦労
した。。

Dsc01368

松山自動車道を走行中、遠くに石鎚山が見える。四国の背骨にあたる山脈でもひと際異
彩を放つ山。

Dsc01376

今治から松山へ抜けるが途中ナビ指示のルートを変更し海外沿いに走る。夕焼け小焼け
ラインと言うそうで西に面した風景はきっと綺麗な夕焼けが見えるだろう。でも今は午前
中。。。

Img_1627

松山から佐多岬に向かって一本道を走る。途中のトンネルで事故に遭遇して手間を取った
が、何とかフェリー に間に合って(ブービーだった)そそくさと乗り込む。因にスバルのアイ
サイトに事故巻き込まれ時に助けられた気がする。付いてて良かった、選んでかった。

Img_1625

フェリーの乗船時間は約1時間。デッキに出たら結構風が冷たくて早々に船内に退散する。

Img_1630

遠くに見えるは佐多岬。大学生の時にKawasakiのZX250で来た事があるから実に35年振り
だったろうか。さらば四国よ!

Img_1632

とか思っている間に大分県の佐賀関に到着。国道九四フェリーさんの手際の良さは光って
いた。また利用したいと思える。

Img_1633

下船前のフェリー内部。全部で40台程しか積めない中型の船だが手際がいいのでさっさと
乗下船できた。

帰宅した時の走行距離は丁度800km。2日に渡って運転したが腰が痛く成らないのは私に
とって非常に大きなアドバンテージ。コレばかりは短時間の試乗では判らないので評価と
して非常にポイント高い。次、どこに行こうか?

« 久しぶりのバイク | トップページ | 珍道中 佐賀編 »

珍道中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/63573254

この記事へのトラックバック一覧です: 珍道中 尾道編:

« 久しぶりのバイク | トップページ | 珍道中 佐賀編 »