2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 名古屋のお楽しみ | トップページ | 蒼天の岩槻 »

ちょっと京都へ

P1000285

先週末の3連休に京都と埼玉へお彼岸のお参りに行って来た。20日の仕事が終ってから直ぐ
に家内と博多駅で待ち合わせて新幹線で京都へ。席は満席で車内販売が来ない事は判って
いたので先に家内に弁当と飲み物を頼んでおいて正解だった。

宿は京都駅近のアパホテル。2人で9,400円だったが、おまけの朝食が結構豪華で満足。

P1000293

次の21日、春分の日は良い天気に恵まれて大谷本廟へ。父親始め、墓守として伯父
や叔母の分もお参り。週始めは4月中旬並みの暖かさで去年は桜が咲いていたが、今回は
肌寒かった。

P1000299
朝方はあれほど良いお天気だったのだが、急に曇って来て小雨がパラついてきた。その為か
人の出足は鈍い様で比較的楽にお参りができた。今春も無事に来れた事に感謝。

P1000301
この後は兄の墓のある埼玉へ移動なのだが、新幹線の予約時間に相当時間があったので、
ちょっと寄り道。三十三間堂に行ってみる事にした。写真は山科のトンネルに向かうのぞみ。

P1000328
また晴れて来て丁度良い感じ。写真は三十三間堂の通し矢の射手位置からの写真。こんな
距離を1万本以上射っていたとは驚愕だ。

P1000319
境内には早咲きの河津桜が満開に。ソメイヨシノはもう少し後になるが、去年の同日では満
開だった事を記録で見たが、今年は寒い日が続いたので遅れそうだ。

P1000314
この後も急に降ったり止んだりが続いて結構面倒な天気に。お昼ご飯を探してウロウロして
いたが、何だか寒くて暖かいものをと言う事で王将に入りラーメン炒飯の定食を。博多には
無い味なので久しぶりで美味しかった。満足。

P1000336
この後は予定ののぞみが前倒し予約できたので2時間近く早く移動開始。静岡を通る頃に見
た富士山は真冬並みの鮮明さで美しかった。大阪から東京出張する時は大概寝ている所な
のでこれまた久しぶりだった。

« 名古屋のお楽しみ | トップページ | 蒼天の岩槻 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/59381576

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと京都へ:

« 名古屋のお楽しみ | トップページ | 蒼天の岩槻 »