2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 水郷柳川小旅行 | トップページ | 超音波でGO! »

新緑の芥屋の大門

Img_1947_2

私にとっての連休最終日。マジェ125で糸島にある芥屋の大門(けやのおおと)へ行ってき
た。往復でも70km程度で距離としては短め。天気も良く道路はたいそう混雑していた。

Img_1931

それでも125ccの原付ならば、多少お行儀の悪い運転をして前へ前へ。1時間程で目的地
である芥屋の大門に到着。ここは遊覧船がでており、海上に口を開く洞窟に入る事が出来
る事で有名、らしい。

Img_1930

展望台があるのだが、この様な、トトロの森の様な中を昇って行く。結構しんどい。

Img_1934

ほんと、トトロの森である。下で東京から来たと言うBMWのお兄さんと話をしていて、ここま
で来たら昇らんとあかんね〜と一緒に昇る。お互いゼーハー。

Img_1938
そして展望台に着くと、写真の様な光景が眼下に広がるのである。ああ、やっぱり来て良
かったと思う瞬間。磯の香りがしてくると、途端にサザエの壷焼きが食べたくなる。

Img_1941_2
途中の海水浴場や海辺のテラスハウスなどには大勢の人が出入りしていたが、流石にこ
の地味な所迄来る観光客は少数派。でも途中の路が適当に曲がりくねっていて、スクー
ターでも十分風景を楽しみながら走れる道だった。

Img_1945
先ほどのトトロの森の全景。この中に道がある。

天気もよく、道は混んではいたが楽しいプチツーリングだった。次回は往復120km程度の唐
津まで行ってみるかな?でも、海水浴客で道が混むので夏場はダメそうだ。

« 水郷柳川小旅行 | トップページ | 超音波でGO! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

warakadoさん、こんにちは。
GWは天候に恵まれ大いにBikeも気持ち良い季節でした。
殆どすれ違うのはOverリッターBikeばかり、小型でも小回りの利くPCXはそこそこ走ります。
先日も福島県会津まで行こうと思いながら、途中で見付けた田植えが気になりUターンした理由もBikeだからの判断です。車では直感を感じても前後の流れで流されてしまいがちです。
又風を直に受けながら走る、この爽快と抵抗感はオープンカーとは違う感覚です。

気候が夏に近づけば今度は通勤の足として活躍してもらいますscissors

こんにちは>くわぽんさん

このGW後半は用事も無く3連荘、バイクで100km未満のプチツーリングしていました。
福岡の道に慣れると言うのが建前で、抜け道を探していると言うのが本音です。

昔はある意味はた迷惑な抜け道マップなどありましたが、今は地図を見ずナビですの
で抜け道を行く素人さんは逆に少ないですね。バイクだと突然横にそれる地元の車を
直ぐに追跡できるので何本も効果ある抜け道を発見しました。

マジェ125が気分爽快な下駄代わりになっています。

それでも街を20kmも離れると必ず大小峠があるので大柄な125ccでは登り坂が心もと
なく、PCX150に秋波を送る今日この頃です。でも、保険も車のファミリー契約や税金を
考えると、今は趣味性より日常の足、実用性に走っているので自動二輪には動けませ
んね。残念ながら。

いつか大型自動二輪の免許をとって、ビッグシングルやパラレルツインでドッカンドッカ
ン走りたいと思っていましたが、中々難しい物です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/57316033

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の芥屋の大門:

« 水郷柳川小旅行 | トップページ | 超音波でGO! »