2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 心晴れ晴れ | トップページ | 新緑の芥屋の大門 »

水郷柳川小旅行

Dsc_0395

今日はG.W.の中日。9連休なので平日の小旅行を家内と楽しんだ。目的地は柳川。西鉄天
神駅から特急で50分弱。街の中には掘割が巡らされ、そこを川下りすると言う物だ。

Dsc_0402

船頭さんによると昨日は雨と風で大変だったそうだが、今日は時折強い風が吹くものの
陽射しは強く、川下り日和との事。その割には船頭さん、息がだんだん荒くなってきてしん
どそうだった。

Dsc_0425
お城の堀に入る狭い水路。幅がギリギリで壁にはこすった跡が多数ついている。指を挟
まれたら船は遅くても質量があるので間違い無く折れるか大けがとなる。

Dsc_0443
狭い水路を抜けると開放的な水路に。船は棹を差しながら、船頭さんが色々地元言葉で
説明を加える。時々、何を言っているのか判らない時があるがそれもご愛嬌。でも、水路
脇にある遊歩道をウォーキングしているおばさんに軽々抜いていかれた。其れ位の船足
だ。

Dsc_0503
川下りを生業にする船会社も幾つもあって、最大で200艘位あると言っていた。船頭さんも
時折若い人もいてその船はやっぱりイキが良くて早い。

Dsc_0547
写真は最後の下船場。往復ではなく、上り下りの片道切符。時間にして約70分のゆっくり
まったりとした船旅だった。川面を渡る風が心地よく、ほとりの柳も緑色を増していた。さて
船を降りてからは定番の柳川名物、うなぎのせいろむし。

Dsc_0553
うなぎのせいろむしは初めて頂くが旨い!。タレのしみたご飯がぎっしりとうなぎの下にあ
って、うなぎも身は柔らかく皮は香ばしく浜松のうなぎにひけをとらなかった。家内も絶賛。

Dsc_0564
柳川は詩人の北原白秋の出身地でもある。街のあちこちにその記念碑があり、70年代に
は有志の手により生家を記念館にしたほどだ。

Dsc_0575
白秋で思い出すのはやっぱり童謡、唱歌だろう。雨降、ペチカ、待ちぼうけ、からたちの花
や静岡県のちゃっきり節なども彼の手による物だ。「あめあめふれふれ母さんが・・」で始ま
るこの歌を知らない日本人はいないだろうな。

白秋記念館を見学後は船で来た路を歩いて駅に戻る。途中、川端のお宅を見ればそれは
御殿と言える程の見事なお屋敷ばかり。私の知る限りでは阪急沿線の岡本や、帝塚山の
お屋敷群とひけをとらないほど立派なたたづまいだった。

船頭さんが途中、柳川は博多と長崎の間にあって通過地点となってしまった。寂しくなった
と言っていたが、明後日から始めるG.W.後半戦では凄い人出となるだろう。

博多から電車でちょっと行けば色々楽しめる所があるものだ。電車なので昼からビールも
飲んでご機嫌な一日だった。

« 心晴れ晴れ | トップページ | 新緑の芥屋の大門 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

柳川か・・・行ったこと無いのですが、行きたくなりました
更新楽しみにしています。

PS 奥さんによろしく。

こんばんは
久しぶりの更新です。最近こっちは放置気味でしたが、またボチボチやって
いきます。

柳川は先に書いた様に自動車だとどうしても博多と長崎の間にあって通過
点になってしまうのですが、なかなか情緒があって宜しいです。

うなぎのせいろむし、お勧めですので是非奥さんと一緒に行って下さい。最
近値段があがっていますが、値打ちあります。

それにしも大型バイクが多かったですよ。MVアグスタなんて外車も見ます。
125ccのスクーターに嫁さん載せて日田往復なんか前半やってました。また
博多に遊びに来て下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/57290403

この記事へのトラックバック一覧です: 水郷柳川小旅行:

« 心晴れ晴れ | トップページ | 新緑の芥屋の大門 »