2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 尾道を行く | トップページ | 秋の夜長に »

とんでもないの九州フライト

Img_0736

10月18日から20日まで九州出張。最後は宮崎空港から大阪へ帰る予定でした。そ
れがあんな事になろうとは、この快晴の19日朝には思いもしませんでした。

Img_0737_2

写真のお弁当は半玉付き肥後牛弁当。正直、油がきつくて今ひとつでした。前に
近鉄で買った松坂牛弁当の方が遥かに上手かった。ちょっと失敗。この後は大分
まで移動。宮崎に行くのに何故大分かって、それは時間切れで電車が無いため。

Img_0742

同じ止まるならと言う事で大分から3駅手前の別府駅で宿泊。ここは昔、国東にあ
るカメラ会社を担当していた時に良く利用したホテル。駅から60歩位の位置にあ
り、天然温泉付き。価格はなんと3,500円。古いだけでへたなカプセルより安い!

Img_0744

同じ位置から見た20日の別府の朝。遠く向こうには朝日に輝く別府湾が見えます。
このホテル、以前は朝の5時から朝風呂に入れたので良く朝日を見ながら一日をス
タートしたのですが、今は夜の12時でオシマイ。残念です。

Img_0752

別府から宮崎を目指します。目的地は延岡。宮崎県でも大分よりですが、途中で
携帯の電波が圏外です。写真はなごり雪のモデルとなった佐伯駅。みんな東京駅
がモデルとおもっていたでしょう。

Img_0753

さては延岡駅。山谷を超えると突然都会になりました。タクシーの運転手さんが
言う所の街田舎と自称される所です。

Img_0754

目的のお客様へは歩いていける距離でしたので街を散策がてら。写真は非常に奇麗
で大きく整備された運動場を持つ小学校。近くの大きな企業の名前を一文字使って
いるので在校生もその関係の子弟が多いのでしょうね。

さて、この日の仕事も無事に終わり、宮崎空港に向かって特急に乗り全てスケ
ジュール通りとなっていたのですが、空港についてチェックインしようとすると何
故か受け付けません。JALのカウンターに行くと悪天候の為に使用予定便が未到着
で欠航もありえるとの事。

確かに、宮崎空港駅のホームの降りてから改札へ行く数10mで左半身が雨でびしょ
濡れに成る程の風雨。ミニ台風の様でありましたから暫く様子を伺う事に。そして
1時間も待たずに欠航の連絡。

この時には既にカウンター直近に控えていたのでダッシュで翌朝の始発便にチェン
ジ。仕事では高くても普通運賃で搭乗券を購入しますのでOK。仕事で早割など使い
たくありません。早割、得割りの人は払い戻ししか選択肢なく呆然。もう席が取れ
る訳などありません。

事前に貰っていた近隣ホテルリストの一番下から電話。一発目で5,800円の天然温
泉付きホテルが取れたのでぐずぐずせずにタクシーで移動。その途中で運転手さん
に翌朝ホテルに迎えにきてくれるように予約を入れます。もたつくと駄目。

もう、自分で出来る事は何も無くなって後はホテルでゆっくり温泉を楽しみます。
そこは観光ホテルにビジネスホテルが併設されており、温泉は共有なのでリッチで
す。天岩戸と言われる洞窟型露天風呂に30分近く漂っているとすっかりのぼせてし
まいました。

ただ、食事が無く近くにコンビニも無いのでカップ麺を販売機で買って夕食終了。
後はビールとつまみで仕事を済ませ明日に備えます。

夜中もゴーゴーと風の吹く音、雨が窓を叩き付ける音など賑やかでしたが、相変わ
らずどこでも眠れる性格なので即安眠。ホテルのチェックイン時にバイキング形式
の朝食のスタートを早くして貰える様にしていたので朝はしっかり食べて迎えにき
てくれた昨夜の運転手さんと空港へ。

道路には台風後の様に千切れたフェニックスの葉があちこちに散乱。その時も空は
曇り、時折強い雨風。おまけに雷鳴も。果たして今日はちゃんと飛ぶのだろうかと
不安がよぎりますが、もう毒くらわば皿迄。この時間の電車にのっても大阪まで7
時間以上かかるので飛行機にかけます。

日頃の行いか、朝一便は昨夜の最終便使用でしたが予定遅れでも到着しており、
チェックイン完了。ここでもコーヒーなど飲んでいては時間の浪費なのでそそくさ
と保安チェックへ。完璧にしたつもりがゲートで反応。なんとパネライの時計が
金属探知機にひっかかりました。金属の塊なのでしかたないのでしょうね。

そんなこんなでようやく伊丹空港に到着。空港バスでなんばへ移動し地下鉄で我が
家へ急ぎます。帰宅後直ぐにシャワーを浴びて着替えて再び営業所へ出社。本来は
静岡へ出張だったのですが、会議報告の代役は同僚にお願いしていたので私は出張
の片付けに専念できて結果オーライ。代役頼まれたうだうだ言わずに気前良く引き
受ける日頃に行いの賜物。

なかなか楽しいトラブルでしたが、長い営業ではたまにある事。その時に大切なの
はウダウダしない事。駄目ならその列車や飛行機に乗る数百人が一斉に動くのです
す。空港のベンチや駅のベンチで寝るなんて、歳取ってからはしたくないですもん
ね。

長文失礼しました。
 

« 尾道を行く | トップページ | 秋の夜長に »

出張日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/53065141

この記事へのトラックバック一覧です: とんでもないの九州フライト:

« 尾道を行く | トップページ | 秋の夜長に »