2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« ラスト、ロングディスタンス | トップページ | 桃の花ももう少し »

橋めぐりは続く

Img_0230

仕事で十三方面へ、阪急の中津駅が近いのだが帰りは歩いて梅田に戻る。途中の
十三大橋から河口方面を臨む。今日は風が強い。

Img_0232

この橋も真ん中に市電を通せる様になっていたとの事だったが、実に奇麗な鉄橋
だ。リベットが無造作に打たれており、夕焼けに包まれる事がさぞ奇麗だろう。
でも、十三から梅田までは歩くと結構あった。バスでもよかったかな。

« ラスト、ロングディスタンス | トップページ | 桃の花ももう少し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

天候が良さそうで羨ましいです。
越後は冬に逆戻りし、雪景色ですbearing

健康状況は如何でしょうか? 何かお体に異変でも?と思わせる内容がちらほら・・・
年相応にワタシも持病が再発してます。
(物欲ではありません)

来週長男と京都旅行に出ます、近くですがメインが京都観光です。
昨年の埼玉から一年経って聖地に向かいますhappy02
その日が待ち遠しいです・・・

こんばんは
尿酸値が高くてちょっとイテテテが続いていました。贅沢病ですね。
薬と運動を増やして何とかやり過ごそうとしています。食事制限は
できません。

来週京都へ、と言う事は梅小路蒸気機関車館に行かれると言う事で
しょうか?それとも何かイベントが?そうだとすると楽しみですね。

まだ例の物の連絡が無いので寂しいのですが、それも楽しみです。

WARAKADOさん、こんにちは。

十三大橋には、昔、トロリーバスが走っていたそうです。
結構速かったらしいいです。

今回の地震でも、日本製の橋はやはり強かったようですね。

地震のポイントが南下しているようにも見えますし、プレー
ト活動が玉突きの様に影響を与えて西日本へ広がる事は、専
門家が何を言おうとも、備えを考えておくべきでしょうね。

キヤノンの宇都宮工場さんの一部損壊などと従業員の方も負傷して
レンズ製造に支障が出ている模様。お待ちかねの製品は当分先にな
りそうですが、元気に戻れる様に待ちましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/51077906

この記事へのトラックバック一覧です: 橋めぐりは続く:

« ラスト、ロングディスタンス | トップページ | 桃の花ももう少し »