2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« デジスコ新世代 | トップページ | バイク通りからポン橋へ »

カワセミとの邂逅〜その参〜

R0010258
とりあえず新機材のテストがしたかったので少し日も陰った時から長居植物園へ行
く。そして人のいる所にカワセミ有りで場所をちょこっと分けてもらい撮影。

R0010300
とても仄暗い所にいるので、ISO1600に上げて1/8位のシャッターを切っていたの
で被写体ブレを量産。これは仕方ない。でも、結構ビシッと撮り易くなった。

R0010326
帰り際、機材を片付けている時に目の前をちょこまか横切ったセグロセキレイ。
一瞬たりとも停止しないのでデジスコには不向きな被写体である。

R0010321
反面、良過ぎるのが写真のダイサギ。白鷺と言う鳥はいなくて、コサギかダイサギ
が殆ど。

R0010315
杜の中にも入ってみたが、最近シジュウカラが少ない事に気づく。あの甲高い金属
製の鳴き声はよく判るので、スズメより沢山いたと思ったが最近減った。

とりあえず新機材の調子は万人向けかと思ったが、決してそうではなくて色々癖が
ありそう。またカワセミさんに会いにこよう。本当にキレイな鳥だよ。

« デジスコ新世代 | トップページ | バイク通りからポン橋へ »

BIRDER」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
厳しい条件なのに、前回のカワセミの画と比べると、
ずいぶんよく写るようになりましたね。
条件がよければもっときれいに写るのでしょうね。

鳥撮りは、同じ被写体で自分よりもっと上手に撮る方が世の中にたくさんいて、
きれいな画はネットでも出回っているのはわかっているのですが、
それでも自分の目で直接見て、なんとか撮れた画にはちょっと愛着が湧きます^^

>scratchphotoさん
こんばんは。おっしゃるように世の中には同じ条件でもびっくりする位に
奇麗な写真を撮る方が大勢いて、それに比べれば児戯にも等しい、あるいは
それ以下の写真を臆面も無く掲載しています。

でも、これはまぎれも無く私が見て、液晶に映る姿を美しいと思いながらシャ
ッター切った写真。鳥の名前も声も少しずつ覚えてくれば、楽しく無い
はずはありません。でも、写真の基本は一歩前へ。少しでもチャンスがあれ
ば被写体に近づきたいと思っています。でもデジスコは反応遅いのでそれが
本当に難しい。

こんにちは
青いカワセミを見てしまうと
何度も見たくなるでしょう。
1/8位のシャッター は厳しいですよね。
いつか絶好のチャンスに恵まれますように!

>osakawalkerさん
こんばんは、これはもう癖になります。本当に奇麗な鳥が水面すれすれに
目の前を飛んでいくのです。写真なんかどうでもいい、と言う感じです。
私はどちらかと言うと『見てしまう派』なので困っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/50343113

この記事へのトラックバック一覧です: カワセミとの邂逅〜その参〜:

« デジスコ新世代 | トップページ | バイク通りからポン橋へ »