2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« カメラ小僧 | トップページ | 2010年 成果報告 »

窓に広がる色

R0010373

テストを兼ねた古いプラカメでの一枚。賞味期限の切れたコニミノのフィルムだが
カメラ側でISOを調整すればまだ使えそうだ。

構造的に光線漏れは起こしにくのだが、コマが不揃いなのは相変わらずで、コマ間
が殆どゼロもある。勝手に直る訳はないのでこんなもんでしょうと納得。

R0010369

古いカメラをコレクションするつもりは無いのだが、個性的なカメラを機会があれ
ば安価に(高ければ諦めるだけ)入手して、思いついた様に使ってみる。

その度に思う。ファインダーを覗くと窓の外に広がる色が見える。手を伸ばして液
晶をしかめっ面で見ているよりはちょっと気分がいい。でも、良い絵がとれるかは
腕次第、アナデジ関係ないね。どこかに中古でもいいから売ってないかね。

« カメラ小僧 | トップページ | 2010年 成果報告 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

デジタルの便利さと慣れてしまいフィルムカメラの需要が無くなってしまう。
しかしその希少性がある意味趣味として再び脚光を浴びる場合も。
今朝の新聞でもフロッピー・ディスクやWalkManの記事を見てフィルムもその時が来るのか・・・と想像してしてしまいました。
デジタルデーターは生では見れない、しかしフィルムは像が見えます。
その点は安心感があります。
知り合いのカメラマンもデジタルになり専門性が無くなり映像の価値=価格が落ちたと嘆いています。
それはある意味誰でも撮れる写せるすそのが広がったと見る事も出来ます。
プロはプロなりの仕事(技量)が必要になったとも言えます。

ワタシもフィルム時々使ってますがあまり減らないのは撮る事に集中してデジタルカメラを放さないからですね。
時々フィルムカメラだけ持って撮らなきゃ。

warakadoさん今年もカメラ談義にお付き合い下さいまして有難う御座いました、来年もお付き合い願います。
良いお年をお迎え下さい。

>くわぽんさん
こちらこそ、何時も独り言にお付き合い頂きありがとうございました。
最近思います。デジタルやアナログってそれほど重要な環境に自分は居ないと。
私程度の表現力なら自由にやれば良いと改めて思います。

確かに維持費では断然デジタルでしょう。DPEに出せば36枚で安くても1k円
以上は必要ですが、デジタルなら1枚に露出シフトさせ何カット費やそうが基
本見るだけならただ同然。結果、数千枚の中から数十枚を時間をかけてプリン
トすればいいと言う事になりつつあります。

最終的には審美眼こそ命と言う事ですかね。でも、それってアナログも同じ
じゃない?って思いますので、とにかく窓から覗く風物に思いを馳せて来年も
写したいと思いますし、またおつきあい下さい。

それでは良いお年をお迎え下さいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/50445549

この記事へのトラックバック一覧です: 窓に広がる色:

« カメラ小僧 | トップページ | 2010年 成果報告 »