カテゴリー

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ノルディックウォーキング徒然 | トップページ | 晴れた冬の日に »

新幹線の中で考えた事

100123_05
昨日は静岡へ出張。会議が終わって帰る道、東京支店の同僚達と駅前で終電近くまで飲む。自宅へは無事戻れたが、日付はとっくに変わっていた。またやっちまった。

さて、タイトルの話に入る。朝の新幹線車中で何気なく昔々の事を思い出していた。高校生の時によく一緒に山登りやキャンプをした友人が“インディアンウォーク”と言うのに凝っていた事を。左右の足をそのまま直線的に出し、腕を振って体幹を左右にひねるのでなく、ともすれば腕を振り子の様に真横に振って歩く歩き方である。一緒に並んで歩くとただ迷惑千万な歩き方だと思っていた。

だが、何気なく新幹線の売り子さんの後ろ姿を見ているとその歩き方なのである。左右の足を肩幅かそれより少し狭い位にして真っすぐに出す。モデルさんの様な体幹の下、一直線に足をシャナリシャナリと出すのでは無く、2つの足が平行な電車のレール上を滑る様にさしだしている。体はと見ると上下ではなく、ドスコイドスコイ若干左右に揺れている。おお、懐かしい友人の歩き方だ。

トイレに行ってみた、その歩きかたで。普通にしている一直線上に足の内側を沿わせる歩き方とは違い、どっしりがっちり地面をとらえ、多少の電車の揺れには大丈夫。それは意識しなくても、揺れる足場や大きな荷物を手に持っている時では誰もやっている事だった。

本当のインディアンウォークは知らない。2歩普通に歩いて3歩目の歩幅を大きくすると言う事も何処かで書いてあった。でも、足場の悪い不整地ではこの歩き方は正解だ。通常体幹下を通る直線に足の内側を沿わせる様にしてはいるが、上の歩き方を考えるとやはり臨機応変、不整地などではより安全で疲れにくい歩き方か、ちょっといろいろ試してみたくなった。

*今日はアウリンコの例会だった。流石に17日の日曜日に大きなイベントがあったので参加者は少ないだろうと思っていたが、総勢で40名ちょっとの参加だった。風が少しあって、大川端は寒かったが、冬特有の澄んだ空気で満たされ、最高の天気で気分は最高だった。二日酔いでも参加して正解だった。
*iTunesのギフトカードを1曲分貰っていた。1曲、何にするか迷っていたがこれにした。NOKKOのフレンズ 、新しいアルバムからのシングルカットの物をDLしたが、おばさんになってすっかり変わり果ててしまったとか、巷では良い評判は聞かないが、これはこれで良いと思うぞ。やっぱりいい曲だな。

« ノルディックウォーキング徒然 | トップページ | 晴れた冬の日に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
“インディアンウォーク”とはまたいろんな歩き方があるんですね。warakadoさんのノルディックウォークもそうですけど、やはり腕を振るのが運動としては効率がいいのでしょう。
ただ歩くだけでは腕や肩は休んだままで肩こりぐせが直ったりはしないので、せめて時々腕を振り回すぐらいのことはしてみようと思います。

>osakawalkerさん
こんばんは
インディアンウォークの事は記憶から完全に消えていましたが、最近歩き方の事を調べていると、なんば歩きや色々な歩行法が書かれているのを見て、そういえば、、と再び気を付けるようになった次第です。
ただ歩くだけでも、腕をしっかり前後にスイングさせると自然に肩甲骨の当たりもよく動きます。現代人は腕を振って歩く事を忘れがちなので、大きく振ってゆっくり大股で歩くと良いと思いますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線の中で考えた事:

« ノルディックウォーキング徒然 | トップページ | 晴れた冬の日に »