2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 誰がためにそれはあるか | トップページ | 秋の散財 »

天上の宴

091006_04

既に沢山の方がご覧になっているだろう。原本は1999年、写真の新装版は2002年の発行である。ハッセルブラッドで撮影された原版はNASAで保管されていたが、その原版をドラムスキャナーによってデジタル化し、世に送り出したのである。

原本発行は知っていたが、当時洋書のみで非常に高額だったから手が出なかったのだが、だいぶ小さく新装となって後に発売された。改めて思う。中判カメラの画像は凄いな、やっぱり。

091006_03

これが表紙。そして中を見てもうひとつ気付く。月面で写した写真ってカラーだったんだ。万博のアメリカ館で見た月の石と写真はどうだったか、もう覚えていなのだが。

091006_02

やっちゃいけない事と認識、ちょっとだけでも中味を。これはアポロ計画前のジェミニ計画時、人類で最初の宇宙遊泳の写真。1965年6月の事。実に44年以上前に、誰も知らない天空でこんなパーティを開いていたようだ。

091006_01

2枚の写真、キャパじゃないが、ちょっとピンボケ。いや、正確には手ブレだな。 確かにブレている。人類初の宇宙遊泳手ブレ写真。この時の会話が本には書かれているが、ヤンキー魂健在だ。

ネット友達のHatena-no-Tyawannさんが先日ご自身のブログでアポロ計画を描いた“A MAN ON THE MOON”をご紹介されていたので思い出した次第。

因みに帯の『思わず目をむいた』はけっして嘘じゃない。

« 誰がためにそれはあるか | トップページ | 秋の散財 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

warakadoさん こんにちは・・・
この本Hatena-no-Tyawannも持っています。絶対に買って損はない。この次人間が月に降りて写すであろうデジカメの写真。この画像に必ず追いついているとは言い切れないような気がします。ノーファーンダー、ピンと目測でキッチリ写してきているもんです。
ソレニシテモ残念なのは 月面を歩くアームストロングの写真がいないこと。エドウィンノルドリンはたいへんな間違いをしましたね…。

ずっとわからなかった トラックバックと言うのがわかったかもしれませン(/^^)/

ずっとコメントできなくてすみませんでした(/^^)/

>Hatena-no-Tyawannさん
そうですね。このアップした写真はアポロの前、ジェミニ計画の時ですから44年前の出来事です。この写真を前に感動で目が離せませんでした。

月面写真はそれから4年後、丁度今年で40周年ですがいろいろまた言われているようですね。でも、そんな事より、ベトナム戦争が泥沼化する時代に、そこに行こうとする人の意思が凄い。それを更に目くらましと揶揄する人もいたでしょうが、それこそは紛れもない事実です。

ただ遠くへ行きたい。そう望む人がいるのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/46416425

この記事へのトラックバック一覧です: 天上の宴:

« 誰がためにそれはあるか | トップページ | 秋の散財 »