2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 色々へこたれる一日でした | トップページ | はじめの一歩 »

生命の四大定義とは

090613_01

昨日は出張、一人で大阪に戻るが供は写真のサッポロと季節限定のえんどまめプリッツ。プリッツェルはブッシュじゃ無いがビールのあてに安くて食感が良いので良く買うのだが、季節限定に弱い私はつい邪道を。確かにえんどう豆の味がもりもりしていた。

帰りの新幹線は空いていて、1時間30分をじっくり読書にあてる事ができた。「電車で寝る人は時間を放棄している、、」と幸之助翁の様には思えないが、図書館と変らない環境である。そんな中、日経ビジネスが太陽電池の特集を組んでいたので興味深く拝見させて頂いた。個人的にも太陽電池ビジネスには関心がある。

その記事は参考になったが、より興味を引いたのが山根一眞氏の「メタルカラーの輝き、再び」だった。話は深海開発、深海生物探求にスポットをあてていた。光の無い、100度を超える高温高圧の水中環境で適応し、人なら毒となる硫化水素を分解、エネルギーにする生物・微生物の探求だ。地球上の全ての生命は太陽エネルギーに依存すると言うのは正しくなく、光合成とは異なる化学合成でエネルギーを得る事のできる生物がいらっしゃったのだ。

昔、中高校生の頃にSFを友人と書いていた頃のネタに、高温や放射線耐性のある珪素系生物の進化をベースに物語を書いていた事を思い出した。それは科学的知識の無さで直ぐに頓挫してしまったが、その様な機能を持つ生物は現実世界、インド洋の底、ロドリゲス三重会合点と言う稀有な場所にいらっしゃった。これは金星や火星にいても不思議ではない話に繋がるのではと思えた。

更に興味深い、今日のタイトルになった話が書き連ねてあった。生命の4大定義とは何かにさらにそそられる。

第一「セルフメンテナンス」 生きる状態を維持する事、人なら食事や睡眠など。
第二「セルフコピー」 これら細胞の新陳代謝や、外に分身を作る生殖。
第三「コンパートメント」 外界と自身を区切るもので、細胞膜がこれにあたるそう。
第四「進化する力」 複製に留まらず、進化し続ける力。突然変異もこれになるか?ここだけエボリューションevolutionと言わんのは何故か不明だが。。。

平たく言うと ①食べる ②複製を作る ③入れ物に入っている ④変化する となる模様。

ところが最近NASAあたりでは生命の起源を説明する上で、これら4つでは不足の為に新しい定義、生存可能性、生命存続条件と言う考え方を取り入れ始めたとの事。それが

第五「ハビタビリティー(habitability)」 生存を支える周囲の環境も生命に含まれると言う新しい考え方で、NASAは月や火星で、日本は深海探査などでそれを探っている事となる。

ただ、生物学者や哲学者でなくでも何となく判る話だ。生物学的には新型インフルエンザウイルスなんかは上の4つを地で行っている事がわかる。社会学的には治世は上記の4つを理解し、それ基づく社会的手続きでないとなりたたない。更に現代では第5はとつとに重要だ。人のゲノムが単独で解読できても、人や人世界を理解した事にはならないのと同じだ。

さて、深海調査で生命起源の探求は言うに及ばず、生物の新しいエネルギー創出法の研究やメタンハイドレードの産出が可能になるのがわかった。その様な中で中国が日本を出し抜いて深海10000m級の探査船を建造し、東シナ海のメタンハイドレートを根こそぎ狙っている様な東アジア情勢時に、世襲や社長交代で幼児的正義を振りかざし、ちまちまお金をばら撒いて馬鹿をやっている時代ではない。不足する労働人口補充の為に海外から数百万人規模で移住してくるかも知れない時代を前に、国内の政治家家業の事などもはや瑣末な事だ。お金は使うべき時と場所と場合を得れば額はいいのだ。深海の開発には何兆円使っても、諸外国に強奪されなければ未来に資産は残せるはずだ。何せ日本の周りは360度、みんな海なのだから。

とか考えている内に最初の1本が空になり、2本目も空いた。さて、まだ時間はあるが、3本目をどうするか?ワゴンのお姉さんはまだこない?先ほどの話と一転、脳味噌は全然別の出来事で一杯になった。

« 色々へこたれる一日でした | トップページ | はじめの一歩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

WARAKADOさん、こんにちは。

タコクラゲのように、人類も何かしらの光合成できる生き物を取り込んだら、川辺で足を水に漬け、ぼーっっと何もせず座ってる人達で一杯になるでしょう。

なにせ、働かなくてもお腹がいっぱいになるのですから。

そんな進化をしてみたい。

でも、硫化水素を食べるのはやだな。臭いもの。
あ、いい匂いと感じるのかな?御飯ですからね。

>YANBOさん
こんばんは、そうなると顔の色が緑色になると言う、星新一さんのショートショートになりますね(^^;

後は変な福祉を削っても先進技術開発にお金をかけるべきです。それしか生きていく道が無いのが我が国。働かない、働きたくない人にお金を恵んでどうするのですか?だと思うのですがね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/45324786

この記事へのトラックバック一覧です: 生命の四大定義とは:

« 色々へこたれる一日でした | トップページ | はじめの一歩 »