2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

タワーリングインフェルノ

090328_01

今日も寒~い夜明け。腰痛で止めていたオルベア、2ヶ月ぶりに乗ろうとしたが、朝の寒さにやられたか、前傾を取ると痛みが出たので止めて、何時もの長居公園外周道路をノルディックウォーキングで10km程度歩く。今回は中の郷土の森も散策。本来はこう言う所をヘルスレベルで歩くのが飽きなくて良い。因みに桜はチラホラだったが、場所取りをしていらっしゃるグループ多数。朝の6時45分だよ。

昼過ぎには気温も上がり、腰の調子もましになってきたので松原方面に白パナで買い物に出向く。スクーターのプラグがカブリ気味なので番手を変えようとオーバイの部品屋に買いに言ったのだが、丁度合う物が無く空振りに。送料を気にしなければネットが便利やね、、と思う瞬間。

090328_02

写真のバイクラック、昨年末に注文していたが、納期がかかり昨日ようやく届いた。時間があったので夕方に組み上げる。2台を縦に積むと言うか支柱の金具にバイクを引っ掛ける。インテリア?とは言い難いが結構綺麗に収まってくれた。これで盗難や損傷を気にする事はなくなる。ただ、地震などでこけて「そびえ立つ地獄」にならないようにどこかでネジ止めはしておくか。

090328_03

因みに何時も部屋に上げる前に濡れ雑巾でタイヤやボディを良く拭いておく。綺麗にすると言う事の他に、走行による傷や痛みも大概その時にわかるから。

大川端にちらりほらり

090328_01

朝まだ寒い中、白パナを飛ばして大阪城公園へ。今日は先日購入した靴で参加。自転車を漕ぐ時にも底が歪まず良いペダリングが出来て正解だった。少し重いのが難点。

前回より控えめだが、今日も晴天のせいか沢山の人、心なしか皆着物が1枚少ない様な気がする。軽めの準備運動を終えて早速ウォーキング開始。初心者組と経験者組に分かれる。初心者組には先日A.L.に見事合格された3名が付き添われてサポートをされる。

私は経験者組で出発、森之宮駅近の噴水から川崎橋方面へ向かい、そのまま大川沿いに源八橋まで進む。スピードは遅くても、腕の送りを最後までかっちりきっちり行えば相当ハードになる。最近はその加減がようやく判ってきた気がする。

090328_02

源八橋を渡り、川岸を入れ替えて復路につき、川開きの準備で忙しそうなOAP横を通って大阪城まで戻る。写真の桜は源八橋を降りて直ぐの所でパチリ。まだまだチラホラだが、5,000本近い桜が来週中頃から一斉に咲き始めるだろう。来週末は本当に見ごろになりそうだ。

4月最初の土日はどちらもノルディックウォーキングのイベントで身に来れないが、丁度京阪電車を使う仕事があるので、合間にコンビニ弁当買って、桜の下で昼飯といくかな。良い天気を期待したい。

人間ドックで一休み

090323_01

今日は人間ドックで休みを頂いた。以前は検診が終わると会社に戻り、外出無しの内勤で体調と相談していたが、人間ドックにしてからは検査自体が増えて結構ゆっくり、2時過ぎに終わる時もあるので終日ゆっくりさせて貰う。

今日も担当の先生が聴診器をお腹に当てて「活発に動いていますね~。帰り、トイレ確保しながら帰って下さいね!」とニッコリ微笑む。そんな事は君に言われなくてもわかっとらい!

でも、悪い予感。爆撃が緊急で、帰る電車の中でスクランブルがかかり、まいった、まいったであった。胃部検査の選択肢は胃カメラかレントゲンかの2つ、来年はやっぱり胃カメラにするかな。胃の外側はどちらも見えないのだし、直接中を見たほうがいいかな。ゆっくり休んで考えてみよう。

追伸:メモ代わり、一時最大108cmと煩悩の腹回り、本日の検診では91cmと大幅減。体重も79kgと目標よりも時間はかかっているが内臓脂肪は落ち、尿酸値が正常範囲に戻った。月に10,000kcalを超える有酸素運動をしているので、当たり前の結果と言えばそうなんだがこれは嬉しい。継続は力なりだが、今後の励みになる。

足元固めて出発進行

090322_01

ウォーキングの度合いや頻度が向上すると、ランニング用や軽いウォーキングシューズでは踵が不安定になって足首の負担が増える。最近はトレランが流行ってきて、海外製の軽量でしっかりした靴も増えてきたが、やっぱり国産木型の靴が良いかと思い、写真の靴を選んだ。

090322_02

ゴアテックスを使用しており、蒸れ対策は高い。そして何より便利なのは写真のBOAレーシングシステム。ステンレス製細線をより合せた、とても丈夫な靴紐を写真のラチェットで巻き上げフィティングさせる。何度もショップで試し、この機構がとても気に入った。

090322_03

写真の様に全体均一に締め上げるので、部分的に穴を飛ばしてフィッティングさせていた人には向かないが(強烈な甲高など)、従来の靴紐が無いのでMTBなどに乗車の際には紐が気にならないし、気合の入れ具合に応じて締め上げを乗車中に変更できるのが良い。

早速、履いていった靴からこれに換えて自宅周辺を歩き回ったが、少し固めの底(ビブラム)としっかりした踵でばっちり。こんな高額な靴は自転車専用靴以来だが、足は第二の心臓と言われるだけに、靴には気とお金を遣いたい。因みに複数のPDA/パームやCE機が靴に化けた。手近に中古買取の店が豊富にあるので多趣味の私としては助かる。

京都の春をそぞろ歩き

090321_01

昨日の中日は仕事でお参りができなかったが、今日はご縁があったか朝から天気もよく、午前のうちから京都の大谷本廟へお参りに行く。

090321_02

沢山の人で賑わう大谷さん。冬と春の衣装が混じっているが、寒暖計はどんどん上っているようだ。さて、お参りも済ませた事だし天気も良いし、定番の散策コースに出発。

090321_03

清水寺に到着。写真右スミの舞妓はんは多分ぱっちもん、観光客がそれなりの支度をして貰ってそこらへんを気分で歩くらしい。結構沢山見かける。

090321_04

清水寺の山門、朱を塗りなおしたのか昨年より綺麗に見えるのは気のせいか?

090321_05

清水坂から京都市街を一望。こうしてみると京都の街は真っ平らで小さく狭い。このポイントで、どれ位の人がこの風景を写真に納めただろう、、などと思い巡らす。

090321_06

清水寺から八坂神社までの散策定番コース。産寧坂~二寧坂~ねねの道~高台寺~八坂神社を行く。写真は観光客で賑わう清水坂。

090321_07

産寧坂にかかる枝垂桜が観光客の足を止める。料理屋の敷地にある桜だが、昨年の同時期には咲いていなかった。今年はよっぽど暖かいのだろう。

090321_08

あ~、電線がなんとも無粋で邪魔!と多くの人が思っただろう。実際、感電の心配もあるだろうから早晩処理がどちらかに必要だろう。良い方法を期待。

090321_09

こう言うのは私が高校生の時から姿形を変えてある。町屋を改造して新しくスタートしたお店も昨年より増えた気がする。

090321_11

八坂神社の南大門に到着。この頃になると、コートなど脱いで手に持っている人を多く見かける。陽射しが強くなり、暑い位だ。

090321_12

特にコメントは無いが、突然目に飛び込んできた。そう言えば昔見た「岸辺のアルバム」(1977)でのお母さん役が印象的だった。予備校生の息子を国広富之氏が演じていて、そのやりとりが当時19歳の私と母親そっくり、二人きりだが常に食卓の話題になっていた。また、主題歌であったジャニス・イアンの「Will You Dance?」も何度も聞いて、生涯好きな曲になった(因みに17歳の頃も大好きだが、、)。最近で八千草薫さんを見たのは映画の「サトラレ」以来か?

090321_13

最後に東大路沿いの西楼門、これも朱が綺麗だが最近塗りなおしたのかな?朱に緑とは普段何気なく神社を見ているが、イタリア人もびっくりの色彩感覚だろうな。

090321_14

四条通りを西に進んで河原町へ向かう途中の鴨川。アベック均等割りの法則は今も生きていた。

090321_15

さて、最後の締めは俵ハンバーグ。精進ものは止めてたっぷりと栄養を頂く。沢山歩いたので多少の脂肪分摂取は許されるだろうと、勝手な解釈を元に心の鍵を開けた。180gの美味しい国産牛肉100%、これを焼き上げて柚子胡椒をつけて食べるととても美味しかった。家内が大分出身なので、こんど本場もんを送ってもらおう。

と言う事でいつものように最後は食事で締め。健康診断が週明けにあるのでお酒は控えたが、つい脂物をとってしまう。でも体に悪い物は旨い!

それで最後に今夜もナイトノルディックウォーキングを8km程。今週4夜目で3夜連続となる。今日は昼夜合計で25km程歩いた。流石に足に疲労が貯まっている感じ。

濡れた街角、半分の日

Nec_0044

3月20日の春分の日、でも今日は出勤日で目覚ましのキャンディーズ「春一番」に起こされる。昨夜からの雨は小降りになり、地下鉄の出入り口で傘を手に悩む所。でも、濡れて輝く路面に足跡を残す人も少なくて寂しい限り。

通勤電車はガラガラで座り放題、でも休みの日で苦労するのが昼食場所だった。ただ最近はコンビニが幾つもできて助かる。この日も普段は寄らないコンビニに寄って弁当を仕入れてから出社。

昼前から天候回復、電話も無く報告書の作成など、貯まった事務処理には良い日だった。定時を廻って直ぐに退社。昼と夜が半分半分の日。昨年オープンした自転車屋が歩いて行ける所にあり少し寄り道。丁度、40%OFFセールをやっており、MTBなどを見に行った。

割引は全部ではなく、07年や08年モデルと言った店頭・倉庫在庫品と、限られた品種サイズが対象だった。見ている内にTREKで気に入ったバイクがあり、バーゲン価格もカメラボディ、レンズ、IT関係を先に処分して得た予算内だったが、サイズが合わずに諦めた。暫くは楽しく悩める日が続く。

夜は風が更に強くなったが、長居公園でナイトウォークを8km程する。今週は月曜、木曜、今夜と既に三夜目で25km程走破。ランニングシューズでは運動強度に負けて合わなくなってきた。着地時に踵がぐらつく感じがし、足首に負担がかかっている。カメラを売って自転車をだが、PDA売ってウォーキングシューズを奮発するか。

幸之助翁がおっしゃるに、、

090317_01

写真の手帳は友人から頂いた物だ。サイズが小型で背広の内ポケットにすっぽり入り、紙も上質で付属の鉛筆でさらさらと綺麗に書けて愛用していた。

時も過ぎ、スケジュール帳としてはとうにお役ご免だが、各日付部分に幸之助翁の「日々の言葉」が刻まれている。これが良くて、読みたくて18年も机の引き出しにしまってあった。そして3月のある週を読むと以下のよう。

3月13日水‥かつてないような難局に直面すれば、かつてないような創意工夫も生まれてくる

3月14日木‥社会人にとって最も大切なのは なすべきことを誠実に努力して行っていくということにつきる

3月15日金‥いかにすぐれた才能も 健康を損なえては生かされないままに終わる 健康管理も仕事のうちと考えたい

3月16日土‥相手のためにもプラスになるという確信の上に立った説得は 人の心を動かし共鳴を得る

ざっと見るとごらんの様。他人と議論する内容ではない、あらためて自身に問いたい内容であった。

都会を駆ける銀輪

090316_01

数年前に流行っていたMTBは何処へ行ったのだろう?

個人的にはオフロード車も好きだし、家内とポタリングをするようになって、歩道を走ったり、小さな段差を超えたい時など、ロードレーサー改の白パナでは無理があり、気にはなっていたが、雑誌すら見当たらない状況だった。それが最近になって、写真のゆるーい感じの雑誌が発行され、即買ってしまった。

中味を見ても緩い雑誌だ。レーパン着用し、ローラー漕ぎながら読みなさいと言うロードバイク誌とは随分方針が違う。でもいいね、こう言う選択も都会で気楽に走るには正解だ。歩道も車道も未舗装路も走れる。生駒の山は近鉄電車で、金剛山は南海電車で越えたら楽やん、、と言う私にはピッタリ。

物欲ふつふつ、、ほどではないが、ポタリング専用のユルーイMTBが欲しくなった。リアサスの無いハードテイルでもいいが、この際、横着したいので階段を下りれる様な前後フルサスも魅力。ちょっと真剣に考えている。

堺ポタリング第二弾、旧堺灯台へ

090315_01

快晴の日曜日。風が強かったが朝からノルディックウォーキングで長居公園をがっつり2周する。帰宅後一服の間も無くポタリングに出立。前回降雨で中断した堺巡りを家内と再スタートする。距離は短いが、昼ごはんを何処で食べるかが今回加わる。写真は遠里小野から大和川を丁度渡る所。

090315_02

チンデンの高須神社駅横にあった「現役」のミゼット。2サイクルのエンジン音も軽やかに走っていった。興味がなければ、道路を走る障害物以外の何物でもないが、昔は白黒テレビや電気冷蔵庫を積んだナショナルショップのミゼットが近所に止まると、皆がワイワイ言いながら集まったもんだ。

090315_03

高須神社から西へ進むと堺鉄砲鍛冶屋敷(非公開)がある。堺はシマノをはじめ、日本の自転車生産のいまだ4割を占めるそうだが、そのルーツは鉄砲鍛冶や刀鍛冶で培われた鋳・鍛造など金属加工技術にあるのかも知れない。

090315_04

ずんずん西へ進み、26号線を越えるとふと目に付いたテント看板。ラビット?ってあの月光仮面や少年ジェットの?と思って近寄るとビンゴ。古いラビットの修理再生を生業にしていらっしゃる模様。今時全てオリジナルは不可能だろうけど凄いね。

090315_08

お腹も空いたのでお待ちかねの昼食。手近かな焼肉屋に入り、お昼のランチ(ハラミ定食850円)を頂く。これが旨くって写真を撮るのをすっかり忘れてしまった位。最後の肉が網の上でその時を待っている時に気づく。でも、ランチが日曜でもやっててよかった。

090315_05

リーガロイヤルホテルを右手に見ながら大阪湾方面へ西進すると、いきなりヨットハーバーが現れた。周辺は綺麗に整備してあり、天保山に対抗意識がバリバリ。

090315_06_2

そのまま道なりに行くと旧堺灯台に到着。今は使われていないが、木製の洋式灯台だ。

090315_07

明治の時代、1877年から1968年と実際100年近くも堺港に出入りする船の安全を見守ってきた灯台だ。辺りは非常に綺麗に整備され、照明機器も完備、夕暮れ時など格好のデートスポットだろうが、辺りに人家は無く物騒といえば物騒。

ここでデジカメの電池が切れた。電池切れでは先が写せず。携帯で撮るもの面倒臭く、写真なしでどんどん先に進む。後は昔の環濠である土居川沿いに進み、小島屋の芥子餅を買うか、次回のランチに浪花亭などどうかと考えてる内に全部通り過ごしてしまった。

後は道なりに帰路につく。風が少し強かったが、快晴の元でのポタリングは終始快適だった。川沿いの樹は桜だったので、後2週間もすれば咲きはじめるだろう。桜を愛でに、もう一度行きたいコースかな。

梅良し、桃良し、桜まだ

Nec_0045

今日はノルディックウォーキングの定例会。朝の空はどんよりと、今にも泣き出しそうであったが、晴れると言い切る天気予報を信じて出発する。愛車白パナ号は、昨夜の内に清掃注油など整備をしたので漕ぐペダルが軽い。

現地到着し感じたが、正月明けから参加者が大勢となった。毎回、初参加の方がおり、所帯がどんどん大きくなってゆく感じだ。その内、公園事務所に集会として届出が必要になったり、指導員が不足するなどが懸念される。私も微力ながら大阪での人材養成がある場合はA.L..クラスへ参加してみたい、、と思っている。 現状ではあくまでも思っているだけだが。

Nec_0047

W.A.後に大阪城公園内を周回し、出発時に分かれた経験者組と初心者組が梅園で合流する。休憩と写真撮影を行う。携帯電話おまけの粗末なカメラだがブログには使える。盆梅は毎年見るが見事だ。日本人は超巨大化か、ミニチュアか両極で技と工夫が冴える。

Nec_0048

そこから再び分かれ、経験組は川崎橋を渡り、大川沿いを行く。銀橋を戻り地点にして再び大阪城公園へ。途中で桃園へ寄るが、天気もすっかり良くなり花三昧である。因みに桃の芳しい香りを期待したが、鼻が詰まっているのか、種類が違うのか殆ど香りがしなかった。何故に?

Nec_0050

桃園をすたこらと移動。後は桜の開花待ち。桜のシーズンは二の丸公園など人で溢れるのだが、外周部はそれなりなので、弁当持参でウォーキングの後に花を愛で、弁当を食すのもいいだろう。アルコールは自転車なのでなんだが、やっぱりあれしたいな。

Nec_0051

ビジネスパークのビル窓ガラスに青空と浮かぶ雲が映り綺麗だった。そこに桃の花を入れたかったが、携帯カメラでは周辺部の映りが悪い。残念。

Nec_0052

弁当の事を考えていたらとても腹が減った。堪らないほどの空腹感。「何を昼に食べるか?」と言う問題が脳内の大事な部分を侵食してゆく。

Nec_0053

さて、今日の後半は引率?がFさんだったので軽快に飛ばしてくれた。暖かくなったので汗を気にせずストライドを広くして一生懸命歩く。直ぐに汗が出てくるのだが、これ位の負荷だと運動したと言う実感がある。

花三昧な日、あとは桜待ちだ。因みに今年の花見最大のイベントは禁断の武庫川女子大、甲子園会館におっさんとしてノルディックウォーキング講座で入れる事。旧甲子園ホテルと言う歴史的建造物でもあり、貴重な体験レポートが書けそうで4月が待ち遠しい。

俺達の旅はまだ半ば

090302_01

32年ぶりの高校同窓会に行ってきた。同期490名で、最終的に参加したのは230名。多くが今も大阪近郊に住んでいたからだろうが、半分近くとはまさに驚きだった。

090302_02

幹事は大変苦労した様だ。当初は多くても80名位で100名は行かないだろうと考えて、最も便利でリーズナブルな会場を選んだそうだ。

実はこのホテルで私の勤務する営業所の開設20周年記念をやった事がある。どれ位の費用かは知っているので良い選択と思ったが、そこに240名は入らないだろう、どうなるんだ?とふと不安にもなった。

090302_03

で、この壮絶なパーティーに。立席で人の通る隙間が無い。消防法違反かも知れない位の混雑ぶりだ。でも逆にすぐそこに懐かしい顔があり、わいわいがやがや、身の上話をするもよし、ただただ昔を懐かしむもよし。健康談義や孫が出来たと言い出す者もいる。元カレ元カノも昔話に花が咲く。その内に墓の話も出てきそうな勢いだ。

今回、幹事の工夫で名札と一緒に高校生当時の写真を添付してくれていた。それが大ヒットで、お互い名札を手に取り合ってから顔を見合わせ、おもむろに笑い合う。「判る!判る!」と。

昔おっさんと思った奴が意外に今は若く見え、おぼこいやつが老けている。多分、最初から老けていただけかも知れ無いが当時の男前や美人なんて、今となれば関係のない話だ。

Rimg0041

1974年から77年の間に在籍した高校だ(写真は高1)。何が幸せかの尺度は個人の裁量だろうが、高校の3年間は今思っても幸せな時間を過ごせた気がする。そう感じた連中が少なくても230名いたと言う事になる。

会いたい友人全てには会えなかったがもうこれでいい。元気にしているならそれで良い。3年後には出身高は創立50周年を迎えるそうだが調子にのっちゃいけない。32年間も会わなかったから出ない文句もある。黒を白に変える力がある。一瞬すれ違うのがいい。話し足りなくて口惜しいのがいい。

まだみんな旅の途中だ。振り返るのはたまにで良い。私はこれっきりでも構わない。また会う時がくれば必然として会うだろう。きっとあの世で。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »