2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 機械は壊れ、人は間違う | トップページ | 複雑時計 »

はるか雲のむこう

090131_01

自宅マンションから見えるPL教団の平和の塔。手持ち目一杯の望遠とクロップ処理。例年8月の教祖誕生祭にはこの塔の付近で世界一の規模の花火があがる。考えれば毎週末の自転車練習は、この塔を超えて更に雲の向こうに行っているんだ。

しかし、今月は腰痛や仕事や天候でまともに自転車に乗る機会を得なかった。2月も週末は展示会やらであまり自由には動けない。ならば時間や距離より密度を上げて練習しないといけない。

090131_02

これは同じ位置から同じ処理で見た生駒の山の葡萄坂。これを昇ろう。これなら激密度だ。

私の旧友はこの坂をMTBで10分と言う驚異的なスピードで昇った様だ。口から心臓が出るかと思ったとの事だが、その後は愛車の盗難や仕事や家庭が忙しく4年程まともに乗っていないと言う。チャンス!暖かくなったら、昔々一緒に奈良へサイクリングした様に昇って見るか。あの時は彼が柏原あたりでへばっていた。もし、実現すれば35年ぶりとなる道行だが、今度は置いていかれるだろうな。

« 機械は壊れ、人は間違う | トップページ | 複雑時計 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

WEARAKADOさん、こんにちは。

私はこの坂、バイクで登って反則金切符を切られました。

車は良いのに、バイクはダメなそうで、奈良側から降りてくる配達のおっちゃんやら親子連れやら、次々に捕まっていました。

>YANBOさん
ええ~、そうなんですか?
六甲山でもそうでしたが、曜日や時間に依る規制なのかな?

とにかく上に関電の変電所を目指します。登り切れればいいのですが、途中でへばりそうです。

WARAKADOさん、こんにちは。

自転車では大丈夫と思います。
止められないと思いますよ。
信貴山の方に降りればいいツーリングになると思いますが。

何だったかな?水くぐる○○川を下って帰れば、いい距離だと思います。すいません、川の名前が出てきません。

多分、登れてもよれよれのへとへとになってしまうでしょう。先ほど、家内と一緒に何時ものサイクルラインを往復30kmほど走ってきましたが、また腰が痛い。早く暖かくならないかな。

warakadoさん こんばんは
葡萄坂はまだ知りませが、山腹の白い塔は、この間の日曜に右に見ながら歩いたモノなのかナ、という気がします。
生駒の道は、大阪側には激坂が多いので気をつけてくださいね。
それから、今時分だと汗対策ですね。

>osakawalkerさん
こんばんは。最近は生駒の峠を攻めまくっていらっしゃいますね。あの坂を登るとは正気の沙汰ではありませんが、自転車に乗っている人は必ず行くとの事で、巡礼みたいな物ですね。
それと、山で突然であったランニング少年。トレイルランニングと言って最近活発になってきた長距離走です。愛好家は年々増えて、従来のハイキングコースを走って行かれます。日本にも昔から修行僧の千日行などありましたが、似て異なる文化ですね。

こんばんは
>自転車に乗っている人は必ず行くとの事
生駒を登り切った信貴山周辺で自転車をよく見かけるのは、そういう人達も多いんでしょうか。
トレイルランニングというのは、金剛山周辺で走っている人達に何度も出合いましたが、それだだったんですね。
いずれも過激!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/43916712

この記事へのトラックバック一覧です: はるか雲のむこう:

« 機械は壊れ、人は間違う | トップページ | 複雑時計 »