2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 冬の戦いの日、早朝 | トップページ | はるか雲のむこう »

機械は壊れ、人は間違う

Seiko_01_2 Seiko_02_2 

腕時計を買う。デジタル時計は心拍計や万歩計付きなどを含めて機能で適宜選んでいたが、日常仕事で使う時計は年齢が0年の記念に買っていた。20歳、30歳、40歳と来て、昨年50歳。

半世紀を生きた記念として奮発した。舶来の時計も気にはなったが、やはり記念の品は国産が良い。昨年の誕生日から検討し、SEIKOのBRIGHTZ PHOENIX Mechanical CHRONOGRAPHにした。結局は機械式が好みであり、更に見た目カッコ良いのがいい。50歳にしては不純な動機で、かつ派手かもしれないが、以前持っていたROLEXよりは派手で元気がいい。

機械は壊れ、人は間違う。同じ時間を生きる証として、私に正確な時間を教えてくれ。私は直ぐに間違うから。その代わりにちゃんとメンテはしてあげる。

ちなみに次の時計購入の機会が来たら定年だ。生きて次の機会がある事を願う。

« 冬の戦いの日、早朝 | トップページ | はるか雲のむこう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

warakadoさん 御無沙汰しています。
かっこいい時計ですね。手巻きですか? Hatena-no-Tyawannの腕時計は一つだけ。セイコーダイバーです。17歳のときに買ったものですので32年たちます。10年ぐらい前止まっちゃってオーバーホールに出しました。その後はトラブルなし。途中いくつかデジタルの腕時計買ったりもしたのですが、それらはいつの間にかどっかになくしちゃったりするのにこれだけはずっと僕の蕎麦にいてくれています。
NikonFE見ても思うのですが、あの頃の工業製品、本当に壊れないです・・・。
この時計もその何倍もクオリティの高い物ですから、本当にずっと動き続けてくれることでしょう。

時計って時間を計る物ですが、使う人人格を表す物とも思えます。
私は仕事上お会いする人の腕時計を見ます。
会話を重視しますがその人のこだわりも気にします。
時計ってそんな計りになる道具ですね。
今は業務上デジタル時計が便利です、一時期アナログ・クロノグラフも持ちましたが実用的では無かった。
休日は三針時計です、機械式の精度を気にせず過ごせる感じが好きですね。
年齢を重ねるように時計も年相応の品物を腕にする、良い記念になりますね。

>Hatena-no-Tyawannさん
こんばんは。これは手巻きもできる自動巻きです。私も16歳の時に買った5アクタスを愛用していましたが、風呂屋で盗難にあい遺失しました。それから20歳でダイバーズウォッチ。流行ってました。今回、この時計はスタイルが気に入って購入しましたが、少々若作りでハズカシ楽しいです。また、純機械式なので、職人がいれば何時までも使えるのがいいです。

>くわぽんさん
確かに時計は装飾品で無いにしても、その人の拘りや価値観を表します。大切な時間を共有する道具とも私は思います。アナログクロノグラフ、正直役に立つか?まあ、それも愛嬌です。
高級時計と言えば外国製ですが、国産の、それも東北の7人の職人が作った製品と言う事で惹かれました。別にスイス製の時計を叩き壊したり、火を着けたりはしませんが、Buy Japanでちょっと嬉しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/43887914

この記事へのトラックバック一覧です: 機械は壊れ、人は間違う:

« 冬の戦いの日、早朝 | トップページ | はるか雲のむこう »