2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

はるか雲のむこう

090131_01

自宅マンションから見えるPL教団の平和の塔。手持ち目一杯の望遠とクロップ処理。例年8月の教祖誕生祭にはこの塔の付近で世界一の規模の花火があがる。考えれば毎週末の自転車練習は、この塔を超えて更に雲の向こうに行っているんだ。

しかし、今月は腰痛や仕事や天候でまともに自転車に乗る機会を得なかった。2月も週末は展示会やらであまり自由には動けない。ならば時間や距離より密度を上げて練習しないといけない。

090131_02

これは同じ位置から同じ処理で見た生駒の山の葡萄坂。これを昇ろう。これなら激密度だ。

私の旧友はこの坂をMTBで10分と言う驚異的なスピードで昇った様だ。口から心臓が出るかと思ったとの事だが、その後は愛車の盗難や仕事や家庭が忙しく4年程まともに乗っていないと言う。チャンス!暖かくなったら、昔々一緒に奈良へサイクリングした様に昇って見るか。あの時は彼が柏原あたりでへばっていた。もし、実現すれば35年ぶりとなる道行だが、今度は置いていかれるだろうな。

機械は壊れ、人は間違う

Seiko_01_2 Seiko_02_2 

腕時計を買う。デジタル時計は心拍計や万歩計付きなどを含めて機能で適宜選んでいたが、日常仕事で使う時計は年齢が0年の記念に買っていた。20歳、30歳、40歳と来て、昨年50歳。

半世紀を生きた記念として奮発した。舶来の時計も気にはなったが、やはり記念の品は国産が良い。昨年の誕生日から検討し、SEIKOのBRIGHTZ PHOENIX Mechanical CHRONOGRAPHにした。結局は機械式が好みであり、更に見た目カッコ良いのがいい。50歳にしては不純な動機で、かつ派手かもしれないが、以前持っていたROLEXよりは派手で元気がいい。

機械は壊れ、人は間違う。同じ時間を生きる証として、私に正確な時間を教えてくれ。私は直ぐに間違うから。その代わりにちゃんとメンテはしてあげる。

ちなみに次の時計購入の機会が来たら定年だ。生きて次の機会がある事を願う。

冬の戦いの日、早朝

090125_01

朝からノルディック。今日は長居公園を起点にした2009年大阪国際女子マラソンの日。昨日も大阪城公園でオーラを放っている外国女子選手を見かけたが、今年も冬の日の戦いがやってきた。

090125_02

早朝の為、まだ人手は少ない。気温は2度で風は無いが寒い。まだ準備の車などは無く、警備員がまばらにいるだけった。

090125_03

水溜りには薄氷がはっていた。みぞれからぼたん雪も降ってきて一気に気温が下がって行く。でも、こちらは汗でぐっしょり。ぼやぼやしていたら冷えて風邪をひくので写真は適当に切り上げる。

090125_04

上の写真から30分程して、次の周回で競技場前にはトラックが満杯に。外で時間が来るまで待機していたのか。これからの数時間、関係者は大忙し。ボランティアとおぼしき高校や大学の陸上部の学生さんが、大挙して競技場に消えていった。寒い中ご苦労様。

さて、今日は用事で午後は外出、戻るのは夜間なのでレースは見れないが、どんな熱い戦いを繰り広げるのか? 結果が楽しみだ。

フィットネスインデックス

090124_01

昨年購入したハートレートモニターはどうも調子が悪く、代わって本家、POLAR(ポラール)のハートレートモニター(心拍計)を年末にAmazonで購入した。CSはとても高くなった。流石はノルディックウォーキング発祥の地、フィンランド製。因みに携帯のノキアもそう。寒い国の文明度は高い。

今日は、この心拍計を使ってUKKウォークテストに参加した。これは2kmの距離を速歩した直後の心拍を計る事だけで持久度(フィットネスインデックス)を算出するもの。早い話が同性、同年代での持久身体レベルの判定。加齢や性別を加味しており、ヨーロッパで普及度は高いそう。今回のテストはN.W.ナショナルインストラクターの高橋氏が行う信頼性のあるものだった。

そして結果は平均値より劣るでがっかり。平均値とは、20数年前の同世代フィンランド人が母群となっている。昔の北欧の元気なおっちゃんはきっと頑健だと思う。でも、劣る人と比較しても健康増進・筋力アップを狙っているので意味が無い。これから次のテストの6月迄、一つの指標とする事に決めた。

これで指標は①気持ちよさ ②体重(BMI) ③中性脂肪値 ④尿酸値 ⑤HDL、LDL値 ⑥フィットネスインデックス の6つとなった。今後やるべき事は維持でなく、向上である。

新しい事を一つ始めると、ビリヤードの様に次々にやる事が影響しあって深くなってゆく。楽しい、実に楽しいな。

いぶき発進前夜

Tnscnow01

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)/H-IIAロケット15号機(H-IIA・F15)の打上げが当初の1月22日から、明日23日の12時54分~13時16分(日本標準時)に延期された。周辺機器の氷結との理由。

毎日この種子島のライブ画像を見ている。変な趣味だが、ここではいつも休まず宇宙を観測し、宇宙に思いを寄せている人達がいる。時折電気がついている。普段は何も映らない漆黒の画面なんだが、台風後の点検だろうな、、とか衛星通過の何かかなとか。

誰も知らない所で誰かが動いている。そして、大概そう言う人達は休まない。夢なんて漠然とした物でなく、目標なんだろうな。色々な。

明日の成功を祈る。

新春ノルディックウォーキング

090118_01

1月も半ばを過ぎるが、今年初めてのノルディックウォーキングの会に参加。今年で3回目となる規模の大きな会で、5km,10km,15kmと経験と体力に合わせて3つから参加コースを選ぶ。当初は速歩15kmで申し込んだが、年始から腰痛再発で調子が悪かったので10kmに変更、まったりと歩く事にした。

090118_02
090118_03

総勢で120名を越えており、初年度から参加されている方に伺うと年々盛況になっているとの事。京都や滋賀からもこの会に参加されていた。関西のノルディックウォーキングももっと盛んになれば良いな。

090118_04

ウォーミングアップを済ませて午前10時前に各コースに分かれて出発。10kmコースにはインターナショナルコーチの高橋氏も同行され、歩きながらだが色々有意義なお話をお伺いできた。ペースは遅くて心拍も100をなかなか超えないが、腰の調子がいまいちなので丁度よい。

090118_05

午前のうちはまだ薄日もさして、風の無い穏やかな日和だったが、昼に近づいてくるとどんどん雲が厚くなり、昼過ぎからとうとう降り出してきた。

090118_06

結局、最長の15kmコースも降雨の為にショートカットし10kmで切り上げたとの事。ところが10kmコースはちょっと足を伸ばしすぎて最終12kmに。一番長いコースとなってしまった。

後は何も当たらなかった抽選会を経て解散。腰痛も然程でもなく、雨さえ降らなければよかったのだが、持参したカッパを着て帰路についた。さて、今年一年も頑張って歩きましょう。目標は年間1,000kmの走破とした。年間ででこぼこを誤魔化したい。

追記:
高橋さんから09年7月に北極圏サンタクロースの街でロヴァニエミマラソン大会が開かれ、それにはノルディックウォーキングで参加しても良い事になったと説明があった。つまりフィンランドへの観光を兼ねて本場でウォーキングに参加できるのだ。現在の航空運賃はサーチャージ抜きで10万円程度。現地の物価は日本より高いらしいが、魚を良く食べる国民で、日本との共通項は意外に多いらしい。う~ん、かもめ食堂を見て依頼、国そのものに興味があるし、長く海外旅行もしていないので行ってみたいな~、、などと一人考えている。

笑って過ごす新年会

090117_01

昨年も同じ時期にあった落語会。今年も同じメンバーで会が開かれ皆で大笑いした。昨年は会場が狭くて満杯だったので、今年は少し大きな会場を用意したとの事だったが、入れ物合わせて中味も増えて、満員御礼だった。

素人の会ではあるのだが、皆20年、30年の経験者ばかりでセミプロばかり、安心して大笑いできた。落語だけでなく、ダイラケの漫才まで披露して飽きる事がなかった。

会が引けて後は新年会。水掛不動さんの直ぐ横にあるすし半で宴会。個室でゆっくりできて楽しかった。ただ、暗い話題もちらほら。樹脂金型の職人さんや、広告代理店を切り盛りする友人は切実で、はっきり言って給付金などやめて、日本でも無担保小額融資(マイクロクレジット)を導入すべきか思ってしまった。

先週の日経ビジネスにも特集されていたが、ノーベル平和賞のムハマド・ユヌス氏のグラミン銀行など、一昔前の日本の「講」に属しているのではと思ってしまう。「講」は共同体の中での互助であり、借り手の人格や品位などがその貸付の判断(貸付の適否と適用金利まで)に繋がっていたと聞く。まさにユヌス氏のグラミン銀行の人を見て融資すると言う内容と一致している。

生活に困っているからお金を貸すのではなくて、それから抜ける為にヤギを買って乳で商売するとか、ハンマーを買って鍛冶仕事を手伝うとか、そう言う現物に即した資金の提供の仕方をしていると言う点で、今の日本金融界から全く失われた「心」を感じてしまう。つまりは道を作ってあげているのだな。

落語の話に再び戻る。落語を聴いていると昔の庶民の素朴な暮らしぶりと助け合い精神を知る事ができる。現代資本主義を否定するつもりはないのだが、それとは遠い世界にあった、世界で一番打たれ強い庶民の生活を、今一度見習うべきかと感じてしまった。生きる為にはお金はそりゃ必要だ。でもお金の為に生きるのはそろそろ見直しても良い。それでつまらない人生になったら? また落語でも聴いて人生見直せばいいじゃないか。笑えばいい知恵も出ると思う、、、多分。

追伸:
14年前の今日、1995(H.7)年1月17日午前5時46分に阪神淡路大震災が発生した。6千名を超える死者を出した大災害であったが、更に発生当初より犠牲者の数が僅かだが増えている事が気になる。今なお心に傷を負って過ごしている方、不謹慎かもしれないが笑いで心の健康を取り戻せたらと切に願う。会の皆もそれを願っている。

冬の来訪者と白いバイク

090111_01

注文していた家内の自転車が完成し、本日が納車。家内はシフトチェンジやペダリングなど、ママチャリとは異なる所をお店の大将にしっかり教えて貰っていた。

それで早速試運転に。慣れない乗車姿勢だろうから、まずは近場の大泉緑地へ。そこでグルッと園内を散策。途中でバードウォッチングを行う団体さん見つける。昨年末からとんと鳥見をしていなかったが、目の前で見ると鳥見道楽がうずく。が、今日は我慢。

往復で15kmほどを走行するが、家内は平地22~3km/h位でやはりアップアップ。シート高が高いのでストップ&ゴーも戸惑い気味だ。徐々に慣れて行けば良いが、事故だけは注意して、スピードをアップしていく予定。次回は南大阪サイクルラインかな。

熱い冬の戦い

090110_01

出張や予算計画やらで年初めの一週間が過ぎる。客先に出向いても「おめでとうございます、、と言う気分やないですね」がすっかり定着した。確かに悪い。でも、今は我慢の時であり、次のチャンスで乗り遅れない様に、全産業をウォッチするだけである。

さて、写真は花園ラクビー場のすぐ近くの公園ベンチ。この横で携帯電話をしていてなにげなく見て気が付いた。中々良くできている。仕事でラクビー場の横は良く通るが気づかなかったな。

さても明日は寒~い京都の街を走る第27回全国都道府県対抗女子駅伝。近畿チームに同じ整骨院に通う可愛らしい高校生がいて立派に代表選手となっている。おじさんはすっかりファンになっているから応援しちゃうよ。

夏の野球もいいけれど、冬には冬の熱い戦いがある。仕事の厳しさは世間皆同じ。ちじこまって乗り切るしかないが、せめてスポーツだけでも熱い冬に戦いに声援を送りたい物だ。

心がけ次第で運命も?

090103_01

心が変ると行動が変る、、、以前から紹介している言葉だが、私はずっと松下幸之助翁の言葉だと思っていた。それに疑問も持たなかったが、実はアメリカの哲学者、心理学者であるウイリアム・ジェームス(~1910)氏の言葉が元になっているらしい。

The greatest discovery of my generation is that a human being can alter his life by altering his attitudes of mind.

私がネットで調べる限りではこれが原文か一部とは思うが、正解かは不明なのでらしいと言う。でも氏は「アメリカ心理学の父」と呼ばれる方であり、夏目漱石などにも多大な影響を与えていたと言うから、幸之助翁の1日1言に出てきても不思議はない。

年末から腰痛が悪化。3日の今日は、家内と奈良へ行く予定だったがそれも止め、近所に買い物程度の外出で大人しくしていた。それでネットで色々調べ物をしてたついでで見つかった。でも、誰が言ったか?はあまり問題では無い気がするのは確か。

さて、長い休みももうお仕舞でまた一年のスタートだ。腰痛は辛いが、受け入れてしまえばそれまで、この程度は心の持ちようか。今年も在庫がカラに成るほどには頑張らずちょっと手前で。そう、穏やかに行きたいものだ。

090103_02

それと家内用の写真の自転車、クロスバイクを注文してきた。家内を行きつけの自転車屋さんに呼び、フレームサイズを合わせて色も選んで貰った。一緒に走る時はORBEAではなく、白パナを少し調整して並走する様にする。家内も心が変って体形が変ると良いのだが、、、。

年の初めはゆっくりと

090101_02

今年は年末に酔いつぶれたので二年参りは無し。元日の午前ゆっくりと初詣に家内と一緒に出かける。例年は吾彦観音さんだけだが、昨年から氏神様の大依羅神社へもお参りしている。

090101_03

個人的には初詣などは近所の、氏神様の所にお参りするのが筋(?)と高校生の時から思っている。それにしても元日の午前11時過ぎでこの空きようはいいですな。たっぷりとお願い事を聞いて頂けそう。

090101_04

春になればこの先が桜の回廊となり、実に見事である。何度も書くが、書物では1,800年以上の歴史があり、住吉大社より古い神社。このままひっそりでいいから、大楠と合わせて地元のヨリシロでいてもらいたい物。

090101_05

朝ごはんから何時間も飲んで食っての状態だったので、直ぐ横に流れる大和川の河川敷を散歩。あまりよい天気ではないが、時折日がさし、肩から背中を暖めてくれる。

090101_06

少し足を伸ばして行基大橋から先の近鉄南大阪線の踏み切りでUターン。普通電車だったがスキスキだ。

090101_07

帰り道に見かけたJR貨物の廃線跡。朽ちて時間が経過し兵どもが夢の後、、と言う風情をかもし出す。客車線化する話を聞いた事もあるが、それは加美の城東貨物止まりで、杉本町迄のこちら側、阪和貨物線は何処かに吸収されて行くのだろう。

何と言う事はないが、家内とあれこれ地元の歴史や世間話しをしながらゆっくりと、2時間程を歩いて過ごす。これで少しは胃袋に隙間ができたかな?

謹賀新年!

Ushinenga1

新年、あけましておめでとうございます。

つたないブログではございますが、今年もゆったりのんびりと、ルーズにブログを更新して行きたいと思います。

さて、今年の道楽は一体どうなるのでしょうか?昨年の正月には今の状態が全く予想外でしたのでとんと判りかねますが、好奇心だけはいつもビンビン、何がひっかかるか楽しみであります。ただし、昨今の景気後退情勢からお金のかからない事が、実は一番重要だったりも致します。

では、本年も宜しくお願いいたします。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »