2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 腹が減っても目指せ!石川サイクル橋 | トップページ | 秋雨か?真に女ごころと秋の空 »

今年もテレビか?CEATEC '08

Ceatec_081002_01

今年も快晴の秋空の元、幕張メッセで開催されるCEATECに行って来た。ここ数年の家電各社の動向はやはりPDPや液晶などテレビを中心としたIT製品の完成度アップに向いており、更にBlu-rayにディスク規格も統一された事から、敗軍であるHD陣営各社の巻き返しも気になるところ。

Ceatec_081002_05

いきなりだが携帯電話のauさんとdocomoさんが向かい合わせにガップリ四つ。

Ceatec_081002_03

特にauさんのモックアップモデルはどれもデザイン、コンセプトともに面白い物が多く、若い人を中心に沢山の人で盛り上がっていた。写真はYAMAHAさんのコンセプトモデル。鼎談できそう。

Ceatec_081002_04

因みにこれもコンセプトモデルだが、手帳の様にタグがあり、それを見開くと住所録や予定など各々の専用液晶画面に単一、あるいは同時に到達する。手帳とも電話とも、紙とも電子とも言えるモデル。システム手帳の様に、必要なリフィルを買い足す様に画面?を継ぎ足せると良いな。

Ceatec_081002_18

写真はdocomoさんでブラックベリーの新型機。液晶が綺麗だったがサイズが小さく、もちょっと大きくても良いのではと。しかしもっとも身近で実現可能な所にあるウェアラブルPCはやっぱり携帯だったか?

Ceatec_081002_06

少し異彩を放っていたのが写真のAIBOの様な恐竜モデル。海外メーカー製で全世界一斉発売なんだそうだが、AIBOと同等以上の機能・拡張を持って5万円程度らしい。日本でも発売元は失念したが、基本はネット販売の様でブレークしそうである。ただ、IT家電と接続するのかは不明。

Ceatec_081002_07

さて、いよいよCEATECのメインディナー、民生大手のブース巡りに。まずはSEDに続いてHDも残念な結果となったが巻き返しを図りたい東芝さんのブースから。

Ceatec_081002_08

通常の画像をハイビジョン並に画質改善するエンジンを搭載したモデル。元々はHD開発に合わせて、通常DVDにHD画像をそのまま記録する技術を応用した様な事を言っていたが、確かに展示のセルDVD画質は確実に綺麗に表示されていた。

Ceatec_081002_09

これはHDを更に高画質化する技術の紹介。レゾリューションプラスと言う技術。負けてもただでは起きない根性は立派。彼らもやがてはBlu-rayのドライブを出すかもしれないが、その時には勝ち組とは一味違う製品で一矢報いるかな。

Ceatec_081002_10

これは現物を見ないと判らない迫力。壁全部がテレビと言う状態。対角3.8mもあればそうなるのだが。他には人が多くて絵にならなかったが、薄型のプラズマも展示しており、液晶との垣根が薄いサイズ層も形成されてきた。でも、個人的にはプラズマより液晶であり、更には有機ELである。

Ceatec_081002_11

さて、松下さんといえばこの前日に社名変更でパナソニックに統一。今回はそのお披露目でもあり、頂く名刺は全部パナソニック。枝葉に到るまで大変だった事と思う。尚、写真は今月末発売予定のG1の展示。現物を拝見したが、EVFの美しさには感心した。説明員の方に伺うと、業務用HDカメラと同じ仕様のパネルを使っているのだとか。オリンピックを写したパネルと同等品を使っているのかと思うと、民生の数の理論とは凄い物だと思ってしまう。

Ceatec_081002_12

カメラの展示は残念ながらパナソニックとソニーの2社のみだった。フォトキナがあったのでカメラ関連はそちらが主戦場か。写真はG1とL10のセット分解比較。G1はミラーボックスが本当になく、レンズを外すといきなりローパスフィルターむき出しのイメージャーが飛び出してくる。汚れに強いオリンパスならではの設計だが、それでも危険と思うのは私だけか。

Ceatec_081002_13

失礼だが、三菱さんのブースでこんなに黒山の人だかり、デモの見学に行列ができるのを始めてみた。内容はレーザーテレビ。RGBレーザーをスキャンして画面に映す。プロジェクターもあるが、プロジェクションなどランプを廃して薄型にでき、更に大型化が安価簡便だ。また、この方法が発展すればプロジェクターエンジンの劇的な小型化が達成できる。しかるに後は安全性の確保だけ。

Ceatec_081002_14

もう一つのカメラ展示メーカーであるソニーさんのブースから。α9の現物を触り、そのファインダの出来に感動。1Dシリーズよりファンダーに関しては出来が良い。さて、写真は歴代コンパクトの光学手ブレ補正モジュールの比較。あまり目立たない技術だが、確実に小型化・強力化されている。やっぱり先を突き破り進む物と、底を広く厚くする物、2つの方向と物があるメーカーが覇権を得る。

Ceatec_081002_15

とまあ、αやコンパクトの展示機で自由にコンパニオンさんを撮影して良い事になっていたのでつい。この人は笑いが不自然で好みではなかった。だからこちらで。

Ceatec_081002_16

さて、やっぱり液晶の雄は何と言ってもシャープさん。我が家にもパネル故障交換済みの亀山26インチモデルがある。とにかく環境へのアピールが強く出ていた。ただ記憶の範囲で曖昧だが、自治省だったかのデータで車の排出するCO2の9割が業務用だ。ここから世界に配送する運送排出CO2は相当な物になると思うがその削減は不可能なんだよね。

Ceatec_081002_17

昨年も展示していたが、とにかく薄い1cm程度のパネル。これはもう1台ではなく1枚だな。

Ceatec_081002_19

電子部品のホールで面白そうな物を見つけた。シチズンさんのブースで携帯に付加するプロジェクターのモックアップモデル。モックだが基本はできており、後は緑LDの出力アップとチューニング次第らしい。緑LDのハイパワー化がプロジェクターやLDテレビの課題。先の三菱さんはSHGでも使っているのかな?

Ceatec_081002_20

さて、すっかり村田製作所さんの顔となったセイサク君のデモ走行。細かいバージョンアップを受けて、今では堂々と一本橋を渡っていく。もう、ふらついて脚を着く事などない。

Ceatec_081002_21

本邦初公開のセイコちゃん。すっごい人気でデモが始まる15分位前から黒山の人だかり。またその姿が中々愛らしく、前に突き出した手と全身で“コドモッ!”を表現している。

Ceatec_081002_22

サイズとしてはご覧の様にほぼ同一縮尺となっている。村田製作所さんの様な、言わば縁の下の力持ちたる部品屋の広告宣伝は難しいのだが、一般への企業イメージや好感度を絶対上げていると思うと貢献度は大だ。

「MVI_1171.mp4」をダウンロード   ← バック走行時をデジカメで撮影したがサイズ大

« 腹が減っても目指せ!石川サイクル橋 | トップページ | 秋雨か?真に女ごころと秋の空 »

出張日誌」カテゴリの記事

コメント

出張お疲れ様でした。
見本市は見るべき所を決めて行かないと時間と体力を消耗して廻れません。
今回の報告を見て次期家電の傾向が見えてきました。
2011年までにTVは進歩しそう、買え替えを待つ事にします。

>くわぽんさん
こんばんは、おっしゃる通りCEATECの様な大規模な総合展示会だと最初に見るべきものを絞っておかないと回り切れませんね。
でも、電子部品ブースをブラブラ回っていると、うん?と言う日陰に咲く花の様な、目立たないけど凄く面白い物に出会うこともありますから緩急つけて見るしかありません。勘が勝負です。

それと私も自宅のトリニトロン管のテレビは2011年迄は壊れなければ買い換え無い事にしました。あと、3年もあればどんな技術が実用化されるか判りませんし、更に5年後だと有機ELの前倒し加速による液晶・PDPの値崩れも一部サイズでは在り得そうです。PDPと製品群入れ替えの可能性もありますね。とにかく今は「待て」と思いました。

warakadoさん。

こんにちは。実際に走るセイコちゃんをご覧になられたこと、羨ましいです;

携帯電話の進歩にも興味があります。機能の充実からキーボードが付いたものが増えてきそうですね。ただ、写真を見る限り押しづらそう。

palm(・・・最近見かけない)の付属品であった、フルサイズのキーボードがあっても良さそうな気がします。画面が小さい問題はプロジェクター機能でカバーして、「壁のない世界をめざすWindows」も加えて、携帯電話をサブPCにしてほしい・・・

昔のPowerBook Duoシリーズ的発想で、必要あればこの携帯(電話)型PCは、ノート型・ディスクトップ型PCにドッキング可能にして・・・

重い荷物が嫌いな意気地なし発想です。失礼致しました(苦)

>i-nakataさん
こんばんは。あれからもう1年、今回は大きな目玉の無いCEATECだった気がしますが、逆に各社が現行品の完成度を向上させた気がします。有機ELがぼちぼち実用域に入ってきそうですので2011年頃が楽しみです。

携帯は売れ行き超不振なのでPDAタイプが増えました。私はPalmに電話がついてくれるだけでいいのですが、、、それで後10年生きていけます。

最後に、セイコちゃん。むっちゃ子供してました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/42690517

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もテレビか?CEATEC '08:

« 腹が減っても目指せ!石川サイクル橋 | トップページ | 秋雨か?真に女ごころと秋の空 »