2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 彼岸の入りで京をぽたぽた | トップページ | 少しは慣れたか?購入一ヶ月 »

憤りもあるが、これも才能か

Dsc01575

非常に古いグリコの写真。2006年頃だが写真のポーズに注目。膝を曲げて踵を自分のお尻につけようとするストレッチのポーズを想像して欲しい。

連日の自転車夜トレや、昨日の京都散策などで太腿が張っていたので、自分でうつ伏せになり布団の上で大腿四頭筋を伸ばしていた。ウンウン一人で唸っていると家内がやってきて手伝ってくれた。そして『右の足が凄く硬い、踵がお尻につかない』と怪訝そうな顔。そう、私は46年前から大腿四頭筋短縮症なのだ。

幼少の頃、風邪をひいては太腿やお尻に解熱剤などの注射を打たれたが、その当時は既に注射による障害が小児科や整形外科学会で報告されており、その後の地域による大量患者発生で集団訴訟にもなっている。昭和30年代生まれで、太腿側面やお尻に深く、硬く凹んだえくぼがある者は、例外なくそうなのだ。母親はかかりつけの医者に『将来、注射が原因で太腿の手術をしないといけないかもしれない‥』と告知されていた。

私の場合は軽症だった。直筋型で尻上がり現象が見られるタイプ、前述の様にうつ伏せになり、踵をお尻に向かって曲げていくと、同時にお尻がつられて盛り上がる。正座は何とかできるが、健常な子とは比較にならない程辛かった。小学校の時に警察剣道を習っていたので、正座ができないと話にならない。根性で座り続けて、足を伸ばし続けてなんとか正座は克服したが、正常には少し届かなかった。靴の減り方もおかしく、今の腰痛はその辺から来ている可能性があると整形外科の医者からは言われていた。

でも、もう46年付き合った症状だ。これはもう靴を歪に減らす、オリジナルな才能だと思うしかない。しかし、46年も経った今でもその存在を知る事になるとは。これは筋肉が衰えてきた所に自転車など無理を始めた物で、筋肉が悲鳴を上げて再び抵抗しているのかもしれない。

無理をしない!をやっぱり徹底しないといけないな。自分の体の古傷を思い知る事になった夜だった。

« 彼岸の入りで京をぽたぽた | トップページ | 少しは慣れたか?購入一ヶ月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

warakadoさん今さらながら古傷には泣かされます。
私も子供の頃に剃刀で深く切った傷が未だに痛みます。
利き手ではないですが何かにつけ気になり集中出来無い事もしばしば・・・一生残る後遺症です。
warakadoさんの症状に似たもので解熱で打った注射の為片腕が効かなくなった方がおります。
当時小児科医で解熱の為注射した後と聞いてます。
時代背景も同じ頃です。
その方も相当その為人生に大きな影響を受けましたが今は幸せに暮らしています。
今なら医療ミスとして訴えられますが、その頃は「お医者様」な頃だから泣き寝入りですね。
でもその事例から今の医療進化に繋がるのかなとも思えます。

>くわぽんさん
こんばんは。私もこんな形で古傷を思い出す事になるとは思いもよりませんでした。家内が一番びっくりしているかな?くわぽんさんも子供の頃の怪我が原因で今も障害が残るとの事、大変おつらい事かとお察しします。我々、状況は違えど色々抱えながら生きている物ですね。

私は幸いな事に「関節が少し硬いかな?」程度で済みましたが、それでも医療過誤だと思います。1947年(S22)には既に注射が原因と報告されていたのが、隠されて被害者と加害者を増やした要因と聞きますし、当時かかりつけの元軍医の先生はその報告を知り、早期に母には告知した様です。
(この先生の従軍時の話は子供心に面白かったです、それはまた機会があれば別の所で)

ここで言う医療過誤は、私に直接注射を打った先生ではなく、その後遺症を知りながら放置した側にあると思います。私程度の症状なら、同世代に何千、ひょっとすると万はいるはずです。大腿四頭筋短縮症(太腿)、三角筋短縮症(肩)、上腕三頭筋短縮症(腕)、殿筋短縮症(尻)があるようです。

医療の進歩は失敗の克服かもしれません。失敗しても同じ過ちを本人、或いは後進が起こさなければ、それは悲しい側面も持ちますが前進でしょう。事実を事実として適時、適切に伝えて貰いたい物です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/42543852

この記事へのトラックバック一覧です: 憤りもあるが、これも才能か:

« 彼岸の入りで京をぽたぽた | トップページ | 少しは慣れたか?購入一ヶ月 »