2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 5の付く日 | トップページ | 憤りもあるが、これも才能か »

彼岸の入りで京をぽたぽた

080920_01

今日は彼岸の入り、京都の大谷本廟へお参りに家内と行って来た。年2回、入院した時を除いて毎回お参りさせて貰っている。生きている人間にとっては、色々な意味でありがたい道しるべだと思う。

080920_02

今年は9月23日の中日に有給を貰い(我が社は本来出勤日)、その日に行く予定だったが、急遽家内に仕事が入って休みがアウトになったので今日の午後になった訳だ。23日がフリーになったので職場の皆には悪いが彼岸花撮影に行く事決定。

080920_03

例年、JR京都駅からタクシーで大谷本廟へ来て、帰りは歩いて四条に出て食事をして阪急で帰る、、がパターンだったが今年は歩いてJR京都駅へ戻る。のんびりと、ゆっくりと。

途中で妙な張り紙が。うん、元々自転車は乗車している限り車両だし、歩道走行可能などの条例は特別ルール、歩行者の妨げになる場合は降りて押せだ。それは老人、子供関係ない問題だろうに。

080920_04

ポタポタと家内と京都デート。写真は京の五条の橋の上から。台風一過の青空!を多少期待したが、吹き込んで来る南の湿った風に多少げんなり。汗が背中と脇に滲んでくる。

080920_05

ブラブラと東洞院通に到着。ここは、平安京時代の東洞院大路にあたるそう。上って丸太町通から下ってJR東海道本線まで通りだそうです。洞院とは、天皇が退位した後の住居との事。写真の宿屋は何やら由緒ありげなお宿。一泊結構しそうですな。

080920_06

さて、最後に到着したのが京都駅ビル。ガメラに破壊された痕跡も綺麗になくなり大勢の人で賑わう。まだ修学旅行シーズン前なので制服さんは少ないが、10月に入れば凄まじい。修学旅行廃止、スキーや登山で代替でもいいだろう。でも、それって先生の為の様な気がしてならない。京都は何処を見ても千年の都の影を落とした街だ。子供達は人と街の歴史、一生一度はそれを見た方が良いと思う。

080920_07

駅ビルの10~11階がレストラン街。そこで少し早い夕食をとる。あれこれ楽しく悩むのだが、懐石は止めて串焼きのお店でコースを選ぶ。何を食っても美味しく思えるのは幸せだ。英語ではない言語を喋る外人さんが、窓の外の景色を見てははしゃいでいたが、こちらも楽しかった。

080920_08

さて、お腹も一杯になったし、お彼岸のお参りを済ませた帰りは、いつもイベントを作って楽しく美味しく過ごさせてもらう。感謝。

« 5の付く日 | トップページ | 憤りもあるが、これも才能か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/42538532

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸の入りで京をぽたぽた:

« 5の付く日 | トップページ | 憤りもあるが、これも才能か »