2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

腹が減っても目指せ!石川サイクル橋

Dsc00001

今日も自転車ネタ。朝早くから起きて空を見ると曇り空、そして寒い!。でも午前中位なら行けそうなので、我が家から片道25kmの橋を目指してスタートする。そして大和川から石川に入って直ぐにある玉手橋に差し掛かり少し寄り道。場所は近鉄道明寺駅のすぐ東側にある。

Dsc00002

昭和3年に架けられた橋で、今年で実に80歳となる。登録有形文化財とはどのような物か知らないが、この橋自体が昭和の生き証人である事は確か。少し派手目の化粧はご愛嬌か。

そしてこの時我が身に大変困った事が起こった。突然腹が減ったのだ。朝、家を出るときはバナナ1本食べただけだったが、とにかく急に、堪らないほど空腹に。カロリーメイトやゼリー類を持ってくるべきだった。

Dsc00003

空きっ腹を抱えながら目的地に到着。ほんとに最初は5km走ってゼーハー言っていたが、少しはましになったか。ただ、右脚側に故障が出る。この時も太腿がつりかかっていた。塩の錠剤(薬局で売っている)を飲んでナトリウムを摂取。ドリンクはアクエリアスを飲んでいるが、そのままだと甘みが強い。いつも1/3位の水で割って薄めているが、元から少ないカリウムやナトリウムがもっと不足する事になるようだ。安くて良いドリンクは無いものか。

Dsc00004

明鏡止水。ひやっとする風が時折川面を渡ってくるが、川の流れに乱れなく静かな朝を迎えている。8時を過ぎる頃にはローダーが沢山橋を渡っていく。

Dsc00005

因みにこの橋の名前を今の今まで知らなかった。橋を渡る時に名前が入っている事に始めて気づく。そして「石川サイクル橋」という、何とも昭和の匂いのする名前を確認。距離的にも往復50km程度で朝練には丁度良い。さて、これから帰ってがっつり喰いますか。

白パナ、あかね空に立つ

Img_1061

もう触らないと思った白パナをちょっとだけおしゃれ?にしてみた。雄牛の様な「ブルホーン」ハンドルに変える。本来はトライアスロンなどより強い前傾姿勢をとるための物。私の場合はアップ目にした所がブレーキレバーが非常に握り易い位置にきて、ひとさし指と中指の2本できっちり握れるのでとても乗りやすくなった。

Img_1064

更に、ハンドルの先端を2cmほど詰めるともっと乗りやすくなりそうな気がする。今回の変更には少し出費したが、まあ飽きれば元に直ぐ戻せるので日常の足にはブレーキの位置が使い易いこちらが便利かな。

少しは慣れたか?購入一ヶ月

080923_02_2

今日で購入1ヶ月。少しは慣れただろうか?と思いながら朝早くからいそいそと出かける。正午前から用事があるので朝の早い内にGO。

080923_03_2

大和川から石川のサイクリングロードへ。今日で3度目だが、だんだん奥へ進んでいる。空には秋のうろこ雲、木陰に吹く風が心地よい。朝、涼しかったのでサイクリングベストを着て来たが丁度良いくらい。でも、帰り道は暑いだろうな。

080923_05_2

ちょっと休憩、度々の休憩。つい、綺麗な景色を見ると写欲が湧いてしまう。私にとっては自転車も写真も同列の趣味。一眼レフを抱えて撮影できないが、次はIXY2000位を持ってくるかな。

080923_01_2

一つの目安にしたサイクリングロードにかかる歩行者専用橋。ここから先は富田林になる、、と思う。この辺からだと8月1日のPL花火大会も良く見えそうだ。

080923_04_2

今日で一ヶ月。体重は先月と比べて右下がりにはなっているが、84~5kgをウロウロ。中々思うように下がらないな。まあ、最初はメタボ対策と思って始めた自転車だが、実に奥が深い、深すぎる。無理の無いよう、焦らず、慌てず、諦めずでいきましょう。

因みにこの撮影時に小腹が空いたのでカロリーメイトで食事をしていたが、ポタポタ落ちてくる毛虫攻撃にあって一人で大騒ぎ。やっぱり桜の木の下にはいるものではない。

憤りもあるが、これも才能か

Dsc01575

非常に古いグリコの写真。2006年頃だが写真のポーズに注目。膝を曲げて踵を自分のお尻につけようとするストレッチのポーズを想像して欲しい。

連日の自転車夜トレや、昨日の京都散策などで太腿が張っていたので、自分でうつ伏せになり布団の上で大腿四頭筋を伸ばしていた。ウンウン一人で唸っていると家内がやってきて手伝ってくれた。そして『右の足が凄く硬い、踵がお尻につかない』と怪訝そうな顔。そう、私は46年前から大腿四頭筋短縮症なのだ。

幼少の頃、風邪をひいては太腿やお尻に解熱剤などの注射を打たれたが、その当時は既に注射による障害が小児科や整形外科学会で報告されており、その後の地域による大量患者発生で集団訴訟にもなっている。昭和30年代生まれで、太腿側面やお尻に深く、硬く凹んだえくぼがある者は、例外なくそうなのだ。母親はかかりつけの医者に『将来、注射が原因で太腿の手術をしないといけないかもしれない‥』と告知されていた。

私の場合は軽症だった。直筋型で尻上がり現象が見られるタイプ、前述の様にうつ伏せになり、踵をお尻に向かって曲げていくと、同時にお尻がつられて盛り上がる。正座は何とかできるが、健常な子とは比較にならない程辛かった。小学校の時に警察剣道を習っていたので、正座ができないと話にならない。根性で座り続けて、足を伸ばし続けてなんとか正座は克服したが、正常には少し届かなかった。靴の減り方もおかしく、今の腰痛はその辺から来ている可能性があると整形外科の医者からは言われていた。

でも、もう46年付き合った症状だ。これはもう靴を歪に減らす、オリジナルな才能だと思うしかない。しかし、46年も経った今でもその存在を知る事になるとは。これは筋肉が衰えてきた所に自転車など無理を始めた物で、筋肉が悲鳴を上げて再び抵抗しているのかもしれない。

無理をしない!をやっぱり徹底しないといけないな。自分の体の古傷を思い知る事になった夜だった。

彼岸の入りで京をぽたぽた

080920_01

今日は彼岸の入り、京都の大谷本廟へお参りに家内と行って来た。年2回、入院した時を除いて毎回お参りさせて貰っている。生きている人間にとっては、色々な意味でありがたい道しるべだと思う。

080920_02

今年は9月23日の中日に有給を貰い(我が社は本来出勤日)、その日に行く予定だったが、急遽家内に仕事が入って休みがアウトになったので今日の午後になった訳だ。23日がフリーになったので職場の皆には悪いが彼岸花撮影に行く事決定。

080920_03

例年、JR京都駅からタクシーで大谷本廟へ来て、帰りは歩いて四条に出て食事をして阪急で帰る、、がパターンだったが今年は歩いてJR京都駅へ戻る。のんびりと、ゆっくりと。

途中で妙な張り紙が。うん、元々自転車は乗車している限り車両だし、歩道走行可能などの条例は特別ルール、歩行者の妨げになる場合は降りて押せだ。それは老人、子供関係ない問題だろうに。

080920_04

ポタポタと家内と京都デート。写真は京の五条の橋の上から。台風一過の青空!を多少期待したが、吹き込んで来る南の湿った風に多少げんなり。汗が背中と脇に滲んでくる。

080920_05

ブラブラと東洞院通に到着。ここは、平安京時代の東洞院大路にあたるそう。上って丸太町通から下ってJR東海道本線まで通りだそうです。洞院とは、天皇が退位した後の住居との事。写真の宿屋は何やら由緒ありげなお宿。一泊結構しそうですな。

080920_06

さて、最後に到着したのが京都駅ビル。ガメラに破壊された痕跡も綺麗になくなり大勢の人で賑わう。まだ修学旅行シーズン前なので制服さんは少ないが、10月に入れば凄まじい。修学旅行廃止、スキーや登山で代替でもいいだろう。でも、それって先生の為の様な気がしてならない。京都は何処を見ても千年の都の影を落とした街だ。子供達は人と街の歴史、一生一度はそれを見た方が良いと思う。

080920_07

駅ビルの10~11階がレストラン街。そこで少し早い夕食をとる。あれこれ楽しく悩むのだが、懐石は止めて串焼きのお店でコースを選ぶ。何を食っても美味しく思えるのは幸せだ。英語ではない言語を喋る外人さんが、窓の外の景色を見てははしゃいでいたが、こちらも楽しかった。

080920_08

さて、お腹も一杯になったし、お彼岸のお参りを済ませた帰りは、いつもイベントを作って楽しく美味しく過ごさせてもらう。感謝。

5の付く日

Eos5dmark2

3年ぶりの新型、それも5にこだわりMarkⅡとして登場。機能を見る限りでは正当進化だろう。ただHD動画記録可能に?_?疑問を持ったが、サイトにあるサンプルを見ると驚き。

そうか、各々のレンズボケやISを利用してHDが撮れるのか、これはこれで面白いかもしれない、遊べるおまけだと思った次第。元々CCDに比べてCMOSの発熱は少ない。それを更に良くして動画に耐えられる絵を得ている様だ。賛否両論になるだろうが、サンプルを見れば皆、『ついててもいいか~』となるだろう。

カメラか自転車か? 考えてその資金を全部自転車に注ぎ込んだので今回はパス。1DM3があるので当面は何も困らない。カメラはこれとIXY2000とU-50があれば今はそれで良い。あれもこれもと遊びたいが、今は少し自重しましょう。

約束の月

080914_fullmoon
(写真をクリックすると大きくなります)

今年もこの日がやってきた。お約束の中秋の名月、このブログにも既に4度目の登場。写真はスワロ+P5100で、1/250 F8程度で撮影。何度も記載し、また写真を見ても判るのだが、満月は9月15日であり、中秋≠満月と言う事の様。

しかし今年も空に輝く銀色の円盤を見ると、何やら原始の時代に刷り込まれた衝動が沸いて来るようで、つい遠吠えをしたくなる(犬神 明か?)。因みに私の勤務先では9月の祝祭日は全て出勤となる。つまり今日15日は出勤日。通勤が楽々なのでそれはそれでメリット在りなのだが。

9/16追伸:
今気づいたけど、トラックバック最後が十五夜、つまりは1年未更新と言う事だね。

復活の白パナ

080914

昨日の土曜は朝から雨で出鼻を挫かれた。夜には長居公園でエクササイズをしたが、日中は『全力で使っちゃ駄目!』と言われた白パナ25歳の整備を行う。まずはゴム部品の交換。タイヤ、チューブ、ブレーキゴム、バーテープ、ケーブル類などを交換作業を行う。

080914_01

これ以上はお金を掛ける必要が無いのだが、愛着のある自転車なので、つい交換部品代に1万円弱つぎ込んでしまった。後はホッタラカシにした時間を詫びる代わりにペーパーでアルミや鉄の錆びを落とし、コンパウンドを掛ける。グリスアップも必要だがそれはまたいつか。昔取った杵柄、タイヤ交換やワイヤー交換もできるものだ。四半世紀振りでも。

080914_02

そして、今日の日曜は10時近くの出発、タイヤを含めて復活白パナ号のテスト走行を楽しむ事となった。今回はタイヤのチョイスに悩んだ。ランドナーに近い製品だったのでタイヤはそれなりに太かったが、今回は一気に700-25C、パターンもマイクロファイルに変更する。タイヤもチューブも純正のパナレーサー製で、全てウエパーで揃える。あそこは物欲系には目の毒と言う場所でもある。オルベアに比べるとハイブリッドと言えど、クロモリは振動・衝撃吸収の点で優れていると素人にも感じる事ができる。

080914_03

写真は大和川堤防上にあるサイクリングロード。帰り道で西に(海方面)向かっている。遠くに見える車両は大阪府の河川パトロール車で一般車は立ち入り禁止の場所。朝が早いとここらあたりはウォーキングにランニング、犬の散歩と糞で大騒ぎ、11時過ぎのピーカン日中ならではの光景だ。

今日は先の写真にある石川を更に下って太子近くまで行ってきたのだが、途中で水切れ、更に保冷水筒が欲しくなったので帰りの足をウエパーまで伸ばす。

080914_04

それで購入したのが写真のポーラーボトルと言う、それなりの人気商品で暫く品切れだったらしい。これは冷蔵庫などに使われる薄型保冷シートで中ケースを包む二重構造で、手が込んでいる。これで1,480円ならばパフォーマンスは高い。因みにこれをオルベアにつけるとなると、高さの点でボトルケージをシートチューブからダウンチューブに付け替える事と成る。個人的にはシートチューブに付けるほうがカッコいいと思うのだが。

買い物も入れて約50km。お腹も減って家に帰り、シャワーを浴びようと体重計に乗ったら昨夜比較で△2.5kg。そう言えば顔がしょっぱい。汗がすっかり乾いている。

風たちぬ

080908_01

今日も日中は暑くて、つい冷たい飲み物と涼しい場所を求めてお店に入ってしまう。でも、少し日も傾き始める頃には良い風が吹き始め、一気に秋の気配を感じる様になった。

帰宅後に着替えて20kmほど走ってきたが、涼しい風と綺麗な月ですっかり十五夜を迎える気分となる。どんなに暑い夏でも、やがては秋は来るんだね。風を求めてあちこち移動したが、風力にも階級がある事を思い出した。

静穏(せいおん)
至軽風(しけいふう)
軟風(なんぷう)
和風(わふう)
疾風(しっぷう)
雄風(ゆうふう)
強風(きょうふう)
疾強風(しっきょうふう)
大強風(だいきょうふう)
暴風(ぼうふう)
烈風(れっぷう)
颶風(ぐふう)


と言う具合。詳しくは以下

 → 海部南部消防、風力階級表

 → 気象庁風力階級表

和風なんてのもある。 ひょっとして洋風や中華風もあるのか?

強烈な湿度の中でアサレン

080906_01

今週は降雨や出張で殆ど自転車に乗れず。それで朝の6時から起き出してアサレンへ。交通量は平日より少ないが、それでも日曜早朝に比べれば多い。まずは長居公園で足慣らしと思って走り出したら結構重い。やはり初心者、5日乗っていないだけでまた最初に戻ったか。

でも3周を超えてきたら楽になって今日はそのまま公園を周回する。1時間、24kmほど一気に走ってから小休止。数mの凸凹しかない平坦な道なので2時間で42.195km走行は別に大変な話ではなくなった。でもこの私の自転車のペースでマラソンの野口みずきさんや土佐さんは最後まで走るのか。。。思わず絶句、私は遅いぞ。

尚、湿度が異様に高いので汗が上手く出てこない。こんな日は熱中症が怖い。帰ってシャワーを浴びて検量。出張で脂肪やカロリー過剰摂取はしたが、先週比で言えば△2kgで順調である。

玄界灘を超えて

080903_04_01

9月3日と4日で長府市と北九州市へ出張。久しぶりの九州である。3日午前は朝早くから移動で下関、長府ヘ。昼過ぎまでお客様との打ち合わせで、更にこの南小倉に移動。ターミナル駅の小倉から2つ移動するだけだが、すっかり落ち着いた風情がある。まあ、寂れていると言う表現もある。

080903_04_02

午後の仕事も片付け、会社との連絡も終えてフリーに。写真は小倉祇園太鼓。

最近はパソコンの持ち出しも用途目的で制限されるのだが、今日は1泊なので持参。新しいパナのレッツノートを初めて持ち出したが軽くてよい。ビジネスマンの口コミや新幹線モバイル目撃率№1、固定客ができるのも頷ける。とても良いパソコンだ。

080903_04_03

まだ日没前、それでも帰宅を急ぐ人が小倉駅を往来する。

080903_04_04

駅前を少し散歩しているとあっという間に日が沈んで来た。9月と言うのに残暑厳しいが、夕凪の時でも肌から汗が吹き出る事はなくなった。時折吹く風に、磯の香りをかすかに感じる時である。

080903_04_05

さて、ホテルに入ってパソコンで事務処理をしこたましてから食事タイム。あらかじめ目をつけておいた焼き鳥屋さん『鳥こまち』さんに飛び込む。とりあえず『お姉さん、生中!!』

080903_04_06

炭火で焼く香ばしい香りが店内に満ちている。好きだね、こんな感じ。生中を一気に飲み干してからお代わりと料理オーダーをする。本当に喉が渇いていた。

080903_04_07

写真を撮る前に、ついかじってしまった月見つくね。これは絶品。黄身だけにしたたまごを絡ませて食べる。残念ながらこのお店では豚バラが無かったのだがこれで満足。

080903_04_08

続いての定番はズリとやっぱり柚子胡椒つくねと銀杏。銀杏は殻付きが好きだがそれはもう少し後の季節から。飲み物をビールから焼酎のお湯割りに変えて、この後もなんやかやとお腹一杯に食べてしまった。お店の女将さん(失礼、お姉さん)と色々お話をして楽しい時を過ごせた。実に良い酔っ払い方だった。

080903_04_09

日付は変って4日、この日は小倉駅から近い門司が仕事スタート。ここから新門司までタクシーで移動なのだが結構不便である。今日は良いお天気、とても仕事どころではないな。。と言う気分。

080903_04_10

それでも一応はプレイングマネージャーとしての責務だけはこなさないと。午後の仕事も終えて最後の定時連絡。場所は小倉駅前。最近は博多より小倉に来る機会が増えた。今月はもう一度九州、次回は博多、鳥栖、長崎となるかな。ただ、この時期は台風が心配の種だ。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »