2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

自転車ブギウギ

080831_01

正直、新しい自転車を手に入れてから出張やら試験やらで長く乗る時間が無かった。それで今日は雨の降っていない事を確認し、「今日も早よから‥」で朝練に出発。

080831_02

そうは言っても85kgの体重では思うような漕ぎはできないのでボチボチと怪我の無いように大和川のサイクリングロードへ向かう。早朝なのでウォーキングと犬の散歩の人が多い。犬の散歩は長いリードで平気な人が気になる。

そりゃ「うちのワンちゃんに限って‥」は当たり前だろう。飼い犬に手を噛まれたり、孫の耳でも食いちぎれば即保険所だ。飼い主以外にどうか?がイメージできない人が多すぎる。犬は長いリードではなく、盲導犬の様な短い固定リードが必要だ。

080831_03

柏原に入ると自転車専用道が非常に狭くなる。二人が並んで歩くと抜くのに気を使うので「右通ります」と少し手前でお声をかけてコミニケーションを取るようにした。皆、「はいどうぞ」と道を譲ってくれる。 気持ちよい。 

080831_04

ぶどう坂の向こうに妙法寺が見える。我が家からもスワロで何度も撮影した場所だが、そこまで直ぐなんだな。でもこの坂が上れるとは想像がつかない。絶対無理だ。サイクリストは「人から指図されるのが嫌い、我が道を行くナルシスト」と痛烈な事を言っていた同僚がいたが、それとなく当たっているような、、、、私? どうだろうか?直ぐに流されて、かつ直ぐケツを割るのですがね。

天候がいまいちだったので15kmほど来た所で早いが引き返した。本日はやっぱり少なくて30km程度。中々距離が伸びません(と思ったら晴れてきたな、、失敗)。

dunce cap な日

080830_01

テスト、受験。ともに30年近く忘れていた言葉。私の勤務する所では、特定の職種、職制の者はTOEIC受験を色々な意味で求められていた。所属する職場では、若い人は研修の一環で受験済み。私も含めて、所謂ロートル組みが頑なに受験から逃避していた訳。

今回、50歳を前にして体だけでなく、脳味噌にも汗をかこうと一念発起で参戦。会社で団体特別受験制度による試験があったので、それを利用し初受験。

事前準備は全く無し、自慢にもならない。でも多少はと心の底で思っていたのは勘違い、全く歯が立たなかった。全問マークシートなので回答不能ではないが理解不能。まったくもって無能を実感。

まあ、これより悪くなる事は無いと切り返し。今が底のダンス・キャップ。カラダの汗を搾るように、脳味噌からも汗を出させるか。

股下76cmの限界

080826

私の身長は171cmで股下は76cm。我々昭和30年代生まれはそんなものと思っている。

それに対してこのサドルの高さはとてもレーシー、ある意味挑戦的だ。サドルに座って足を下にこぎ下ろすと伸びきる一歩手前となる。だからペダルから足を外せても宙にプラプラ。全く地面に届かない。不測の障害物のある街中では怖い、とても怖い。それでセット頂いた大将には悪いが一気に5cm下げさせて頂いた。

色々書いた物を見ると、サドル高(BB:クランク軸からの長さ)=股下長×0.875が基準だそうだ。足が伸びきると反って効率が悪くなると言う「全日本選手」の言葉が心地よく、勝手に採用した。あら不思議、それだけで安心感が増すのか街中走行が幾分楽になった。でも、一番悪いのは出た腹がつかえていると言う事の様だ。目指せ△10kg!!

あ、因みにボロ自転車でエクササイズした18日間で中性脂肪が約20%ダウンしたのと、CKと言う心疾患や筋疾患を表す数値が増えていた。病的(心筋梗塞など)な異常は無いので運動後の筋障害による物とのドクター見解。ちゃんと運動は出来ている模様。少し急過ぎて筋障害が少しあるかな?。この歳ではちゃんと中味を見ながらやらないと余計に疲労混濁する。

追記:キヤノンから50Dが出た。センサ屋の私から見て良いイメジャーを使っていると思う。40Dを盆休みに高値で売り抜けて正解だった。既に買値下がりしている。

形あるものは、、、

080823_11

雨上がり、怪しい曇り空だが長居公園で周回練習へ。所謂朝練をしていたが、途中でラジオ体操でもあったか数100人の規模で人が一斉に周回コースに入ってきた。こりゃやばいと思ってママチャリ並にペースダウンし直ぐに退避。で、早速立ちごけした。公衆の面前で、おニューのピカピカの自転車でこけた。左足のビンディングが中々外れずにもたもたしていると、固定していた右側に傾きあっと言う間。恥ずかしいよりバイクは大丈夫か?

アドレナリン全開でさっと立ち上がり、痛くないよ~と言う顔をしながらその場は立ち去るが早速フロントフォークに傷が!

今日はとても落ち込んでいる。。。。。

邪道楽道?

080823_01

自転車が完成間近と言う連絡が入り、急いでお願いしているお店、サイクルハウス アビィワンさんに飛んでいった。時折強い雨が降るのがなんとも残念だが、、、

080823_02

わがブッラク・ビューティー号はほぼ完成状態、後はワイヤーを張り、ハンドルテープを巻くだけだ。連絡を頂いたのはこの最後の選択肢、テープを何色にするか?だった。

080823_03

ああ、完成に近づいていく。ワクワクとドキドキ。中学2年の時に、兄のお下がりをリフレッシュしたドロップハンドルの自転車を自分の物として手に入れて以来だな。

080823_04

こんなカンパのフルセットが無造作に置かれ、しっかり日常的に使われています。右手前にあるプライヤー状の物、何か判る人はよっぽどのスキモノです。カンパのくるみ割り器。昔、リチャードかソニプラで見て憧れたのですが、買う勇気が無かった。

080823_05

道楽店長の真骨頂はここにあり。なんで自転車屋さんにJBLが?他にもマークレビンソンやら何やら怪しげな物が、ジャズ喫茶をそのまま自転車屋さんにしたと思えばいいのかな?でも、ふと棚の上を見ると天賞堂さんのHOがあったり、怪しいエアガンがあったりと、すっかり道を極めていらっしゃる。。。

080823_06

さて、そうこうしているうちにすっかり愛車は完成し、黒いとばかり思っていたテープが青と灰色のツートンですっかりおしゃれに。前部が軽くなった印象だ。
愛車はローラー台に載せられ、これから調整を行い、その後はレクチャーモードに入ります。ちょっとシートが高すぎる気がするのですが、、、、こぎながら各部の微調整をして頂ます。

尚、レクチャーは基本的なこぎ方やブレーキング、シフトチェンジの練習や、不慣れなビンディングの固定開放方法など。メカニカルな説明と、通常ツーリングで遭遇するであろうコーナリングやブレーキングのポイントを教えて頂きます。5分もこげば汗びっしょりです。

080823_07

30分は経ったでしょうか。もう乗って見ますか?とOKを頂いた様で、待ってましたとばかりに準備。店長さんは仕上げた我が子をいとおしむかの様です。いい仕事されていらっしゃいますからそれも道理。

080823_08

完成!支払いも済んでこれでこの子は私の物に。でもまだ全然見合っていない私。動力源はこのカラダ一つ。自転車の性能はこのカラダエンジンその物なのだが、邪道楽道に流される性質なので適当に頑張らずがモットーに。でも自転車とは慌てず、焦らず、諦めずで、休まずに幾久しくお付き合いしたいもの。

080823_09

かっこいいな~。惚れ惚れするな。自分の思っていた以上に綺麗にまとまった。靴も良いのを最初に買っているし、今日のその勢いでヘルメットも同色(黒・銀・青)の高いのを買ってしまう。当初のカメラ下取り元手をかなり予算オーバーしてしまった。これは一遍死んでも直らない性質だな。きっと。

でも安物買いの何とかにならず、世界で一台のマイカー「ブラック・ビューティー号」が誕生したのだからまあいいか。ちなみに家内にもろもろ合わせ、かつ医者代節約前渡の合計で靴をプレゼントして頂いた。涙がちょちょぎれる程嬉しい。感謝多謝である。トラック一杯の薬より自転車一台を処方せよであった。

さあ、やるぞ、と思ったら雨が強くなった。 本日はこれまで。

鮭の家出

080816_01

写真ではわかりずらいが、通天閣の展望台に上がるエレベーターの待ち時間が何と50分だそう。窓にはうちわを扇いで長い列を並ぶ人が見える。いくらお盆のお休みと土曜日と言っても昔を知る物にとっては信じがたい光景である。

甥っ子が小さい時に来たが記憶に無い、と言う事で道頓堀やら吉本やらのコテコテコースを案内し、最後に通天閣と新世界と思ってやってきたがあてが外れた。でも、新世界はあれだけあったパチンコ屋が完全に姿を消して、その全部が串かつ屋になっていた。

物には程度と言う物があるだろう、、と思ったが事実なので仕方ない。今池、南霞町あたりで生まれ育った私としては複雑な思いである。甥っ子は知らない昔の新世界、それが消えて、真夏だと言うのに立ちションのニオイ一つしない綺麗な街になったんだね。

綺麗な街になった、それはもう何も悪い事ではないのだが、私の帰りたい街じゃなくなった。さいなら新世界。

夢見る頃を過ぎても

080815_01_2

少し前の写真より。年中夢中と言うのが泣かせる。それでもって「‥間に合わせます」に妙に説得力がある。サイズもそうだが、このお年頃の方はバスツアーに行くとか、観劇に行くとか、その時に着るはずの服が駄目になった時にも諦めない。

ごり押しとも言う要望も聞いてあげるプロ根性がいいね。そしてとにかく「軽い、、」と言うキーワードに弱い。うちの母親も上着や靴を手に取るとまず「かっるいわ~」が最上級の誉め言葉となるようだ。

年中夢中で一言。タイヤなど構成内容を少し変更して正式に自転車を発注した。ユーロ高でどれも値上がりし、予算を若干オーバーしたのだが、自分の手の届く範囲での出来事なので善しとしておく。

ホント、なんでもかんでも年中夢中だわ。仕事もこれ位夢中なら、、、ストレスによる著しい免疫力低下、それに端を発する諸々の大病が待っているかな?

万灯供養

080814_01

今年も四天王寺さんへ盂蘭盆のお参り。この1年も何とか無事に乗り切った。今年は大学生になる甥っ子も一緒に。埼玉からこっちに遊びに来ており、本家代表として先祖供養でお参りさせた。

確かにこの頃から夕方に吹く風に少しだが優しさを感じるようになる。まだ暑いけれどもね。ほんの少しだけ。

ブラック・ビューティー

080813_01

'08年モデルだが、完成品写真を借用させて頂いた。あれこれ考えていた自転車選定。イタ車に拘っていたが、あっさり宗旨替えして写真のスペイン製、ORBEA '07 aqua carbonに決めた。近所にある私も真っ青の道楽店長のいるお店で何度も何時間も話をし、組むのは去年のフレームだが、現物を前に決定した。

080813_02_2

ORBEA社はスペインはフランスと国境を構えるバスク地方に工場があり、ヨーロッパでも大手の自転車フレームメーカーである。 正直、自転車と言えば英国のラレーや、コンポのカンパやシマノ、古くは前田と言ったメーカーしか知らなかったが、ORBEA社は歴史のある、選んで後悔しないフレームメーカーとの事だった。同じニオイのする道楽店長の言う事なので少しだけ怖いのだがここは一発信用しよう。

身長に合うフレームの在庫が丁度写真の黒色で、私の好みでよかった。これに黒のフルカンパで仕上げる予定。黒尽くしの黒馬物語、まさにブラック・ビューティーの誕生だ。

さて、燃費の良い私の体はレコーディングダイエットだけでは限界があった。エクササイズ計画としては何とか1年かけて▲10kgの74kgに体重を落とす事に。自転車も今週に入って古いパナで7>10>12kmと徐々に距離と時間を増やして暑さに体を慣らしているので、週末には20km(約7周)を小1時間位かけて走れるようにはなれるだろう。

8/14追記
北京オリンピックの記事を見ていたら、自転車競技の男子ロードレースでORBEAに乗るスペインのSamuel Sanchez氏が金メダル。7周の合計で245.19kmを突っ走るレースで、一斉スタート、早いもの勝ち順位のレース。スタートグリッドは国別に世界選手権などの順位だそう。ルールを知らないけど、野球は無くなっても自転車競技はますます盛り上がっている。ネットでVTRを見たが、ルールの無い所でのジェントルマンシップ、ルールの在る所でのスラップショットの数々。恩には報いろ、でもやられたらやり返せ!見ていて凄く面白かった。

銀塩エレジー その2

080812_01_2

F100の続き。このカメラはアルカリ若しくはリチウム単3電池4本で動く。充電式の単3は動力源に認めていない。でも、三洋のエネループは放電カーブがなだらかでアルカリのそれに似ているらしい(と昔のラジコン仲間から聞いた)。 ネットで調べるとF5とF100はエネループなら使える模様だ。

エネループは沢山持っているので予備も入れてこれが使えるのはありがたい。後、使うレンズはMicroだけではないと言う紹介だけ。写真の45mmF2.8P。パンケーキなのだが、画角通り標準並で使えるのは嬉しいな。

でもこの姿、D70に着けた時の雰囲気に似ている。ちょっと不細工。

銀塩エレジー

080811_01

昨日の今日で恐縮だが、お盆休みのメリットを活かして朝から中古屋巡り。あるある、F5と違ってF100なら3諭吉で10台、20台と選び放題。オークションではできない買い方だ。それでファインダーと内部LEDの綺麗なのをゲットした。写真のマイクロほぼ専用機である。

たとえ安価でも、今更銀塩はなかろうと言うのがメジャーな意見だろう。私も基本そう思うのだが、AF-S Micro 60mm 2.8Gを使うと是非フルサイズが欲しくなる。ベルビアとPRESTO用として、今回レンズの価格にカメラ本体が組み込まれた訳だ。

それにしても98年12月発売、当時は定価19万円だった。はぁ~、、、安く買えて嬉しい反面、銀塩の終焉を予感せずにはいられない。因みにF100の後で発売、愛機であったF80Dの良上品で2諭吉さん程度、コマ間データ写しこみの裏技を持つF80Sの良上品で2.5諭吉が今日の相場であった。今夜はF100を肴に哀歌でも聞こうか。

旅の舞姫

Cinelli

デザイン重視!速いけどガチなレースはしない。初心者を自認するが、「それっぽいの‥」は嫌。ツーリングやポタリング志向でかつデザイン・質感重視など、、まず形から入る人の選ぶ自転車が写真のcinelliらしい。haha,私はまさにそれに該当する。

自転車の最近事情を少し調べてみた。ロードバイクはカーボンフレーム全盛、クロモリはとっくにレトロであり、既に全アルミも少数派になっている模様。また、アルミフレームは鉄系のクロモリフレームの様にしならないので衝撃吸収力に欠け、フレーム材としては乗り手が疲れる素材。それで有名ブランドのエントリー車はフロントフォークやリアをカーボンにしたりコンポジットしているようだ(これも樹脂止めなら寿命は10年だ)。でも、調べれば調べるほど街中に溢れる安価粗悪品を知る事になる。ママちゃりならいざ知らず、ロードやMTB形状をしてれば危険。折れるぞ、本当に。

尚、当面ツーリングは行わず、長居公園2~3周の合計10km程度を週に数回、続けるようにしたいもの。思うにロードバイクに乗ることはダンスと一緒でパートナーとの一体化が必要。旅に出るのは体とバイクがちゃんとアジャストできて、パートナーたるイタリヤの舞姫をリードできる様になってから。haha,でも真の基本は道楽、道楽っと。

追記:8/11 加筆修正

カメラとレンズなどで使う機会が月に1度も無い物を未練なく売却した。これで私のデジカメは1DM3とデジスコ専用のP5100、レンズは小三元と50/1.8のみに。銀塩カメラは師匠宅にあるF3以外はライカM6TTLとGR1s、XA2、EE-2のみになった。先日のAF-S Micro NIKKOR 60mm2.8Gはマニュアルもいい感じなので手元保管。因みにこのレンズとベルビアの為だけに3万ちょっとのF100出物があれば買ってもいいかなと真剣に考えていた。決してF300やF700 D300やD700が欲しいと言う訳じゃない。私は昨日、デジイチはキヤノンで行こう!と本格的に決めた (銀塩はニコンがいいと思うのだが、、)。

さて燃料満タン、実弾装填完了! 大した額ではないが何時でも何処へでも行ける。自転車でも5D後継フルサイズや、はたまた海外旅行でもOK(って夫婦ならちょっと不足か)。物やイベントで幸せになれる程、単純な人の世ではないが、煩悩を燃やし尽くし、何時あの世に行っても未練の無い人生を、道楽の花咲く道を極めようではないか(^^;

Do luck !

セコハン娘

080809_01

今日から盆休み。先月からメンテをしていた愛車「パナソニック号」でエクササイズ。ウオーキングだと少しハードにすると膝と腰に古傷を持つ私は結構厳しい事になる。だからこの夏から自転車エクササイズを再開したのだった。

因みにこのロードサイクル、手元に来て20年近くが経過している。元はセコハン(secondhand)、あるいはユーズド(used)と言われる物で、更に歳を重ねているのだが、そんな素振りは微塵も示さずに今日も元気に風を切って走ってくれた。セコハン娘は孝行娘でもある。

しかし、その孝行娘の身に困った事が起こっている。この娘、フレームが軽量・剛性両立の為と称してクロモリとアルミの異種金属を接着剤で止めている。メーカーは10年以上の耐久性と言っているが既に20年以上経過。樹脂は水分や熱や紫外線、更に絶え間ない応力が加われば存外もろい物である。少しでも異常(ひび割れや、叩いた時の異音)があれば乗るのはやめた方がいいのは判っている、、、とそこに新しい道楽の光が見えてきた。

手持ちの趣味品をオークションで売り切ればイタリヤ製の自転車が買える。通勤やお買い物には一切無関係、ひたすらエクササイズのみに使うイタ車なんて最高の道楽だ。直ぐに嵌る体質なので仕方ないのだが、この夏に新たなる道楽魂に火がついてしまった。

ハーフ可愛や

080804

久しぶりにハーフカメラ、EE-2で撮影したフィルムが現像から返ってきた。可憐だ写真ほどではないが、先日の神戸異人館から始まり、すみよっさんのはらいまで。約1ヶ月保管した写真だ。その間はずっと仕事や遊び鞄の中に入っていたのだが、、。

デジタルとは違う、ある程度の時間を経てから出来あがりを見るドキドキ感は、何年写真を撮っていても楽しいものだ。スキャナーを使って丁寧に作業をする時間はなかったが、次もEE-2に実弾を込めて影を撃つか。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »