2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« タコの街へ再び | トップページ | 蟲が騒いでいる »

足元を見よ

080513

写真のすずめは今週日曜日に撮影したもの。ベンチで食事をしていると仲間から外れた所、つまり私の真ん前にやってきて餌の落ちるのを待っていた。足に障害があるようで飛ぶ事はできるが着地がちゃんとできず、枝にも止まれない模様。

鳥見とは言っているが何もできない。私はただ見るだけの存在である。自分でにぎった握り飯が不細工でボロボロご飯が落ちるのを止めもせずに地面に自然落下させてやった。これで今日の命は繋げたか?

080513_02_2
(写真追加)
東南アジアやロシアから来る珍しい鳥に血道を上げて追いかけていたが、足元を見るとそこにも命はあった。

« タコの街へ再び | トップページ | 蟲が騒いでいる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

WARAKADOさん、こんにちは。

自然の動物は弱いと仲間にこつきまわされて、かわいそうですよね。
でも、彼らは身を守るように人間を利用しますね。

彼らが障害を受けるきっかけが、人間のごみだそうです。ビニールの袋とかが足に絡んだり、首に絡んだりするのだそうです。
コウノトリなら人間がはずしてくれるのでしょうが、すずめじゃほったらかしなんでしょうね。

>YANBOさん
こんばんは
コゲラ親子を殺傷したのもすずめ、今ここでうずくまっているのもすずめ。生きると言う事はそれぞれに大変です。

私はただ見守るだけで何もできません。

warakadoさん おはようございます。
雀はうれしかったでしょうね…。僕がよく行く旭川の永山新川でも時々カモやハクチョウが猛禽やキツネに食べられちゃった痕跡に出っくわすことがあります。小さい子供連れも多いので親子の『かわいそうだねぇ~~~』と言う話もよく聞超えてくるのですが、そういう時Hatena-no-Tyawannはへそまがりなのか、いつもおなかの中で、『オジロさんよかったねぇ~~』とか、『キツネさん今頃おなかいっぱいだねぇ~~~』とか、思っています…。(^^ゞ   

このスズメも、『warakadoさんにあえて、ほんとによかったねぇ~~』の、一日でしたね。

YANBOさんが言われるように、我々のできることは『ほんの少し』または『ほとんど無し』の、どっちかですね。

>Hatena-no-Tyawannさん
おはようございます。
自然の生き物に対してできる事は殆どありません。見守り、そっとしておいてあげる事位です(ちょっとだけ写真は撮らせてほしい^^;)。

一番良くない事。それは何事にも「無関心」である事。

話は少しそれます。責任の対比にある言葉は無責任ではなく無関心だと思っています。無責任より重症です。かわいそうと思うこと、自然の理だと思うこと、そしてそれを思う事こそ生きていくのに必要な想像力を増やすと感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/41233683

この記事へのトラックバック一覧です: 足元を見よ:

« タコの街へ再び | トップページ | 蟲が騒いでいる »