2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 紙の手帳は捨て難く | トップページ | 瑠璃と群青とフェルメール »

いやし

080523

いやしであって、いやらしい話ではない。

またまた出来心で中古品を手に入れてしまった。昨年、CEATEC JAPAN 2007のソニーブースで見て「さすがSONYは面白いモノを作る。でも役立たずで買うときっと後悔するだろうな~」と感じて興味はあったが距離を置いていた製品。
 SONY Rolly Official Site へGO!

最初はMP3プレイヤーやMDに接続するアクティブスピーカーを物色していたのだが新品モドキが1台、価格交渉も結構な所までOKだったのでつい。敢えて言うなら小口径のアクティブスピーカーの代わり位にはなったから、全くの役立たずではなかった。

部屋の明かりを消し、ウイスキーの水割りを飲みながらスローな曲で踊る姿を見るととても癒される。♪を聞くだけなら色々な方法があるのだが、あえて回り道をした気がする。面白い製品だ。そして癒される。 とても。

« 紙の手帳は捨て難く | トップページ | 瑠璃と群青とフェルメール »

機材、用品」カテゴリの記事

コメント

▼warakadoさん
 わははは(^o^)。
 これお買いになりましたか。
 僕も気になっていました。かわいいもん。

>うずらまんさん
こんばんは。
「つい‥」が幾つあるか判りませんが、中古は珍しいなと思って「まけて~や!」と聞いたら「どれくらい?」と聞くので「限界と思う所まで」と言ったら仕入れを調べて本当にそうしてくれました。

その日の晩に電気を消して躍らせているとバカバカしさと同時に朗らかな気持ちになりました。フットルースの様なノリノリもいいですが、ラウンドミッドナイトの様なのも違和感無く踊りきります。流石にAIBOで経験値を積んでいます。

▼warakadoさん
 「遊び心」とはちょっと違う、そんな付け足し
 みたいなもんと違う、なんかこう全体が余裕
 みたいな商品はいいですよね。

>うずらまんさん  で良かった?
こう言う商品は議論しちゃいけないんです。

もう、そのその存在がその外にあるものだから。

必死こいて値切ってもいけなかったかな?
お恥ずかしい限り(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/41300251

この記事へのトラックバック一覧です: いやし:

« 紙の手帳は捨て難く | トップページ | 瑠璃と群青とフェルメール »