2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 福は内? | トップページ | 冬が来る前に »

天王寺七坂散策

1dm3__3955

所用があり黒門へ行った帰り道、ポカポカの陽気に誘われて天王寺まで歩いていく事にした。当然いつもの散歩コースを取る事に。ただ七坂のうち真言坂と源聖寺坂は飛ばして口縄坂から。

1dm3__3997

春には2本の桜の古木が咲いて実に美しい。晩秋の景色であまり記憶は無い。色づく樹は無かったな。

1dm3__4001

ちょっと寄り道されたのか何カットか写真を撮られて下寺方面へ下っていかれた。夫婦静かに歩くに似合う街。

1dm3__4042

愛染さんにて。紅葉ももうお終いかな。風に吹かれてチリチリと縮んで来た様に見える。それでも昨日、京都は沢山の人出だったろうな。私は地元でゆっくりのんびり。

1dm3__4055

大江神社の横にある愛染坂。車は通れない道だ。横の工事は星光学園の新校舎建設だったと思う。凄く立派に、綺麗になっている。

1dm3__4074

大江神社境内から下寺を臨む。階段を上り下りしてトレーニング。何度も何度も繰り返していらっしゃる。とてもマネできそうにない。 ‥と思っているとテレビで見た人がいた。
青のウインドブレーカーの人、ザぼんちのぼんちおさむさんだった。私と眼が合い、でかいカメラとレンズを見て表情に一瞬の曇りを見たので撮らなかった。一人で黙々と努力されていらっしゃる模様。暫くするとお付きの若い方も一緒に上り下りのトレーニングをしていた。一人で、静かに、黙々と‥であった。

1dm3__4115

愛染から南に行って清水坂。京都の清水さんと同じ呼び名。自転車用の道が作ってあり坂によって管理が随分違う事に気づく。

1dm3__4133

両側に民家の並ぶ天神坂。この下行くと安居天神があり、名前はそこからの由来。大阪夏の陣で真田幸村(信繁)が討ち死にした神社で有名で、境内に「真田幸村戦死跡之碑」がある。あくまでも戦死とあるのは建造時代を反映してか。

1dm3__4141

そして七坂最後は交通量の多い逢坂(おうさか)、奈良へ向かう国道25号線に組まれてもいる。写真は浄土宗の一心寺で、映っている坊さんもそちらの方々。鉄筋コンクリートでできたモダンな建物は建築家でもある住職の手によるものと聞く。

1dm3__4145

また、一心寺は遺骨を粉末にして固めた仏像である「お骨佛」で良く知られているし、前述の大阪夏の陣の折には徳川方の本陣が敷かれた(茶臼山のはずだが、、)とも物の本にはある。

一心寺の直ぐ傍に建築家住職らしいシアターなどが点在する。その中で大阪芸術大学と京都造形芸術大学の2大学による「木の都」展をやっているのを覗いた。木の都とは大阪出身の作家である織田作之助の同名小説だが、夕陽丘を今後どうすれば良いか?計画提案をするものであった。技術系ではなく、芸術系の建築科学生に自由に計画させた物で大変面白く拝見させて頂いた。

アーバン・ツーリズム「まち歩き」により楽しさが増す街が現実できれば良いね。

« 福は内? | トップページ | 冬が来る前に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/17254830

この記事へのトラックバック一覧です: 天王寺七坂散策:

« 福は内? | トップページ | 冬が来る前に »