2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 木の葉舞う御堂筋 | トップページ | 天王寺公園散策 »

動物園でおじさん一人旅

_dsc0122

12月8日の散歩の続き。本町から地下鉄で動物園前まで来て下車。住み慣れた地元だが、ジャンジャン町の変貌に驚く。串カツ屋で一般人、それも子供連れが並んで待っていた。暴動が頻繁に起こっていた時代を過ごした身には考えれない変貌だが、本質は何も変わっていない。他所の常識を振りかざしても通用しないからお気をつけて。

で、入場料500円を払って最初のご対面はワライカワセミ。最初は死ぬほど鳴かされたそうだが(テープ再生で鳴かせるらしい、酷い事をするもんだ)、今は見学者もいない。

_dsc0137

アシカ・アザラシのプール。よくアジの切り身を一皿買ってやったものだが今日はお店が閉まっていた。店の都合だけでなく、動物達のための予定数量があるのだろう。なんか気持ちよさそう。

_dsc0142

プールの周りはサギだらけ。餌のおこぼれを虎視眈々と狙っている。人との嫌な距離も極めて短く、このアオサギに到っては数mの距離に近づいても微動だにしなかった。

_dsc0143

アフリカサバンナゾーンに入るが、カバはいなかった。象さんが水場でしきりに体を動かしている。しかし身近で見るとほんと大きいな。

_dsc0145

象ダンスの披露。周りの子供達が歓声を上げる。

_dsc0151

熊のゾーンで早速の白熊。この白熊は「ゴーゴ」と言って、蓬莱が昨年動物園に寄贈した白熊らしい。豚マンの看板は無かったか、551もやるじゃないか。

_dsc0156

メガネグマでネコ目クマ科となっている。パンダが大熊猫と言う様にネコの親戚筋なのか?昔から犬の親戚と思っていたが。因みにこのクマは中国語で眼鏡熊猫となるのかな?

_dsc0187

チンパンジーの宿舎にやってきた。通天閣が良く見えるし、まさに天王寺動物園と言う風景だ。

_dsc0192

チンパンジーの大人はあまり可愛くないのでチータを載せる。一生懸命食べているのはサトウキビかな?

_dsc0198

なるほど。これによると私の友人はいつも攻撃的な顔、に近いと言う事になる。私はいつも呼びかけ顔かい?

_dsc0203

さて、見事な朱色のフラミンゴ。前にテレビで見たのだが、フラミンゴは生まれてくるのでは無く、フラミンゴに成るのだそうだ。強アルカリの湖で餌の海老か微小生物を食べてこの色になるらしい。

_dsc0206

確かに生まれたては別のようだ。

_dsc0209

さて、爬虫類の館に入る。コアラや夜行性動物の宿舎では写真撮影NGなのだが、爬虫類はOKの様だ。でも結構照明が明るいのでISOを上げてノーフラッシュで撮影。剥製といわれても判らない位動かない。

_dsc0210

爬虫類館では定時毎に写真の様なミストが噴霧されて湿度を高く保っている。調子に乗って撮影していたらカメラが霧まみれになった。やばいやばい。

_dsc0217

ゴジラの子供、イグアナです。これを見るたびにタモリのデビュー芸を思い出す。

_dsc0231

ペンギンプールより。天王寺動物園でも旭山に倣ってか飼育係による動物の生態説明やちょっとした芸を披露していた。ペンギンの場合は芸と言うより集団歩行だった。

_dsc0235

フウタ君は他所の動物園か? 人気のレッサーパンダ。前は熊のゾーンでマレー熊の隣にいたと思うが違ったかな。今はガラス張りの立派な専用宿舎。

_dsc0239

シンリンオオカミ?の精悍な顔。シベリアンハスキーなどはこのオオカミからの交配種なのかな。脚の指の数を数えればオオカミと犬との違いが判るとの事だが、見てもわからなった。でも、すっごくカッコいい。

_dsc0242

サバンナへやってきてキリンに出会う。この後にキリンアベック(夫婦?)に事件は起こった。

_dsc0244

何の事は無い、衆人環視の中で交尾をしようとしてその度にメスに逃げられオスが非常に苛立っていたと言うだけの話。でも、立派な物を振りまし、子供にはちょっと早い18禁指定のシーンだった。アベックはお互い顔を見合わせて大笑いのシーン多数。身に覚えありか。

_dsc0248

オスは怒って渋い顔。観客が多すぎたのかメスは嫌がっていたが、そりゃあんたの強引な態度とタイミングが悪いと同じオスとして言っておこう。

_dsc0253

直ぐ横にはサバンナの王様、ライオン一家の登場。日本の寒さも大阪程度なら慣れたものだな。

_dsc0255

まだ若いオスの様だ。痩せていて体も小さい気がするが、それでもタテガミは立派。怪傑ライオン丸を思いだす。

_dsc0261

撮影位置を変えて先ほどのメス。やっぱりこんなのはペットにしちゃいけない。

_dsc0299

先ほどの痩せたオス。良く見ると思った程は痩せていなかったが、それでも大人のライオンからすれば小さい方だろうな。

_dsc0271

ネコ目のオリへ。写真はスナドリネコと言ってインドから東南アジア方面に生息しているらしい。ぱっと見は普通っぽいが、やっぱり顔が怖い。

_dsc0277

猛禽のオリよりオジロワシの横顔。かっこいい。

_dsc0279

これがなかなか厄介な生き物、大阪のおばちゃんの後姿。「引く」と言う行動様式はなく、常に自我のみ開放し続ける天衣無縫な生き物。出合ったら「負けるが勝ち」を心がけるといい事もある。

_dsc0281

ホンとはこんなジャガーさん。因みに模様を良く見るとムンクの叫びやエイリアン見たいに見えるのは私だけ?

_dsc0282

猛禽や猛獣の後でヤギの仲間を見るとほっとする。この眼がなんとも言えない。

_dsc0308

一人旅も終わりに近づく。ラクダは食事中なのだが、熊手にかかれて気持ちよさそう。なるほど、コレくらいでなければ物の役には立たないか。

_dsc0311

はみはみとお食事。ラクダも普通の葉っぱを食べるのね。砂漠の国の生き物と言えどそれは一緒か。

_dsc0315

さて、そろそろ帰り支度と思って中央ゲート方面へ。ささやかながらツリーが飾ってあり、子供連れの家族で賑わう。その中で異質な方が画面左のベンチに?ゼロハリのアタッシュケースにカシミアのコート。何やらレポートにペンで書き込み。とても動物園関係者とは思えないいでたち。何を好んでこんな所で、それも屋外で仕事をしているのか不思議な光景であった。

_dsc0319

象さんやライオンさん型の荷台のついた手押し車。乳母車と言っても良いのか?予約しておくと貸してもらえるらしい。台車でガラガラ、中央市場にいるみたいな賑やかな音は大阪人らしい発想だ。

_dsc0321

売店のおばちゃん。屋根の枯葉は相当な物だが、毎日の掃除も大変そう。時に外で食べたきつねうどんは美味しかった。がんばってやおばちゃん。

さて、この後散歩は更に天王寺公園、慶沢園にまで足を伸ばす事になるが、更に長くなるので今日はコレ位に。

« 木の葉舞う御堂筋 | トップページ | 天王寺公園散策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

warakadoさん、こんにちは。

私も木曜日に天王寺動物園に行って来た所なんですよ。
年賀状のネズミを撮りに行ったのですが、全滅でした><。
萱ネズミは動き回るのです。
何か対策を練らねば・・・。

>YANBOさん
こんにちは。最近行かれた所ですね。私は10年ぶり位でしたが、様変わりしているのに驚きました。
それと来年の干支の子の撮影ですね。コンドルの餌になっているのは撮影しましたが、それは使えないしな~。

プレイリードッグがいればそれでどうでしょう。リスでも誤魔化せるかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/17318054

この記事へのトラックバック一覧です: 動物園でおじさん一人旅:

« 木の葉舞う御堂筋 | トップページ | 天王寺公園散策 »