2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 海峡を越えて | トップページ | 動力化進行 »

終電を越えて

Dsc004241

写真は疲れてボロボロになった私のイメージ。昨日は出張、帰りは最終のひかりで新大阪に23時13分に到着予定だった。

京都駅を出て暫くは記憶があったが、ふと気づくと「次は新神戸」の電光掲示が眼に飛び込んで来た。ずっと3時間睡眠のたたり、疲労していたがそれも終わってたらふく飲んだのが響いたか。

10年以上新幹線を乗り過ごした事は無かった。新神戸から上りの新幹線は既に無い。

23時29分に新神戸着、戻れる所まで戻るか、じたばたせずに適当な所で夜明かしするか。でも僅か5時間程度の事でイライラする事も無い。じき夜も明けると妙に落ち着く。

「是処青山可埋骨」人間いたる所に青山ありだ。遅過ぎると家人にも返って心配かけるだろう。家人に連絡を入れ、なるようになるさで移動開始。まずは新神戸から三宮へ地下鉄で移動。最終2つ前、23時48分乗車。三宮まで一駅でそこから歩いてJR三ノ宮駅へ。23時57分発野洲行き急行に乗車。確認すると0時35分発高槻行きまである。やるなJR。

大阪駅まで出れば後はそこで考えるつもりだった。電車は5分の混み具合。0時24分に大阪着。駅のホームにはこぼれんばかりの人で混雑、皆さん夜遊びが好きな模様。そこで『0時28分発の環状線天王寺行きの最終が、、、お急ぎ下さい!』のアナウンスが耳に飛び込んできた。

早足で環状線ホームに移動。乗車率100%近い混雑、アルコールの匂い満杯の列車に乗り込んだ。寧ろ、上気しあふれる女性の香水の方が嫌。

混濁した最終列車は一路天王寺へ、0時50分着でこれで電車は打ち止め。ここまでくれば地元、あと4時間もすれば始発電車も動き出す。何とせわしない世の中だと思いながら待ち無しで冷房の良く聞いたタクシーに乗車。話の面白い運転手さんと会話をしながら自宅に戻る。

連絡をしてあったからか家内はまだ起きていてくれたが、出来事を話したら笑ってお茶を入れてくれた。やっぱり帰るべき家があるのは良い。

しかしルートによっては随分遅くまで移動できるものだ。とても疲れたが面白い経験が再びできたと感じた次第。

« 海峡を越えて | トップページ | 動力化進行 »

出張日誌」カテゴリの記事

コメント

私も過去に経験した者です。
最終頃の新幹線に乗り目覚めたら目的の駅を過ぎて…
最終到着駅。
はっ、としても乗り換えてもね。
改札を出てタクシー乗り場で運転手と交渉し、
高速料金は当時のハイカーで払い乗車料金は運転手さんに御願いして…
まあ新幹線料金より高くなりましたが自宅の寝床が一番です。
もうウン数年前の若気の…でしたが、経験が今のわが身につながります。

>くわぽんさん

こんばんは。10年以上なかったのですがやってしまいました。自分では気づかなかったですが、結構疲れていた様です。

時に相当遅くまで乗り継いで行けると初めて身を持って経験しましたが、実はこれ携帯電話の最終電車案内で事前に情報を見ていたので余裕がありました。

100%で無いにしろ急いだ後にがっかりが無いので気持ちの余裕がありました。何10年経ってもお馬鹿ですが、便利な物に助けられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/16531075

この記事へのトラックバック一覧です: 終電を越えて:

« 海峡を越えて | トップページ | 動力化進行 »