2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 今日から盆休み | トップページ | 光の重さ »

雲と草むしり

Dsc_2113

町内会の班長をしているので月に一度、地域の公園清掃をお手伝いする。本来は市の、公園管理局の仕事なのだが、季節に1度程度の管理では間尺に会わないのでボランティアでお手伝いする。ぼうぼうに伸びた夏草をむしり、無責任に捨てられたゴミを拾う。

無関係は無関心を呼び、無関心は無責任に繋がる。葉っぱ一枚、吸殻一個拾うだけで公園と自分とに関係ができる。遅まきながら無責任ではいられないと言う事に気づく。ただ、今日の出席者もリタイヤ組みばかりでお若い方はいないのが寂しいと言えば寂しい。

Dsc_2119

そのリタイヤ組みのおばあさんとお話する機会があって思わず死んだ祖母の話を思い出した。抜ける様な青空が綺麗だなと思って掃除の合間に見ていると、「もうB29もこんので安心や」と。
ただの冗談?かと思ったがふと同じ台詞を聞いた事を思い出した。20年以上前になるが、まだ元気だった祖母が夏の空を見て同じ事を言っていた。昨年の同時期にも本ブログで書いたが、叔父さん(長男)が名古屋の三菱空襲で死んだのも抜ける様な青空の日だったと後から遺体を確認しに名古屋へ行った母から聞いた。天気が良いと空襲がある。戦後何十年を経ても祖母の脳裏からは消えない「昨日の様な風景」があったのだろう。

だから雲ひとつ見るにしても経験が違いを生む。遠くの空から爆弾抱えて殺しにやってくる飛行機なんて私は知らない。空を見れば天気の事しか気にならない今の我が国は平和で美しいはずだ。

そしてこれからもそうあって欲しいと一枚、雲の写真を撮った。

« 今日から盆休み | トップページ | 光の重さ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も今年は町内会班長です。
班長ですが業務は殆ど妻に任せてます、偶に班会議の議長をしてます。
こちらも高齢化と若者の定住が難しいですね、核家族化が未だ有るようです。
20年前なら未だ皆元気でしょうが、これからが心配です。

さて戦後62年目の夏、暑いですね。
先日見ていたNHK総合で気になる内容がありました。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/070807.html
此処で尋問された捕虜からの情報より本土爆撃の目標が決められていた事実。
名古屋の空襲はB29の天敵「雷電」を撲滅すべき計画の下行われた様に放送されてました。
warakadoさんの叔父さんもそんな犠牲になったと考察出来ます。

戦争は直接経験してませんが親も肉親を亡くしてます、そんな経験はしたくないです。

>くわぽんさん
こんにちは。くわぽんさんも班長さんとの事、色々な意味で大変ですがボチボチ頑張りましょう。無関心は荒廃への第一歩ですから、若いご夫婦にも参加してもらえる工夫に頭を悩まします。

そして戦後62年、直接の体験をそのまま語れる人は身内でも僅かになりました。それらは思い出として形成されず、破棄したい記憶でもあるでしょう。でも、やはり後の人は聞くべきです。水木しげるさんのや今回ご紹介頂いたNHKの放送は見逃しましたが、またの機会があれば是非見ておきたいです。

とにかく空の彼方から、見上げた青空から恐怖が降って来る事が無いように願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/16085010

この記事へのトラックバック一覧です: 雲と草むしり:

« 今日から盆休み | トップページ | 光の重さ »