2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

寝てもいられず十六夜月よ

Dsc_21451
1/1600 F11 ISO:1600  D40 18-200mm (320mm:35mm EQUIV.)

三夜連続でお月さんです。今夜は昨夜とうって変わって煌々と月の輝く夜。D40に18-200mmをつけて手持ち撮影。明るい被写体でピンも来ているようです。眼一杯ISO感度を上げて早いシャッターと絞り込みを行いましたが、やはりD40は素晴らしい機体です。

次の満月は9月27日で中秋の名月。良いお天気あれば、またお月さんの写真が増える事になりますね。

皆既大作戦

P1010332

手持ちで撮影は流石に無理がありました。1/2s.F3.6 ISO400 でこんなもの。しっかりとした三脚でとればもう少し良かったかも。でも、もう一面雲一杯で撮影は中止となりましたが、少しでも見れてよかった。

あ~、長居競技場から声援が風に乗って聞こえてくる。ビールでも飲みながら応援するか。

握ってよし!

Dsc00402

ほんと今更だが愛用のCanon EOS7用バッテリーグリップの中古が安く出ていたので思わず衝動買い。

さて、買ってから『なんぼ安ても今更ね~』と多少後悔するが、まだカラーもモノクロも期限に余裕のあるフィルムのストックは沢山あり、銀塩一眼を最近あまり使っていないので目先を少し変えて遊ぶ事にした。

でも、グリップをつけると縦位置の感触がいいね。今まで付けた事は無かったが、こりゃ便利。17-40mmF4を使って夏から秋の雲写真がいいな。

皆既月食の夜

P1010321

写真は今夜のお月さん、先ほど世界陸上のアナウンサーが満月と言っていましたがちょっと違う気がします。

さて、明日の8月28日は6年ぶりの皆既月食。月食自体は17時51分から始まるのですが、その時間ではお月さんはまだ地上に昇っていません。ですのでこの日は欠けた状態で月が出てくるようです。

本番の皆既食は18時52分から始まり、食の最大は19時37分頃。皆既食の終わりは20時23分で、部分食が続いて21時24分に天体ショーは終わります。

明日の夜が天気であれば良いのですが、夏休みの最後を飾るには丁度良い出来事ですね。ご家族で観察するには以下のサイトが参考になります。

国立天文台HP、月食サイト

最後に、この月食は日本全国、ほぼ同時刻に見る事ができます。気になるのは天気だけですね。

夏の京都と世界遺産

Dsc00353

夏の京都。父親の命日で京都の大谷さん(大谷本廟・西本願寺)にお参りしてきた。10時前には大阪を出たが、京都もうだるような暑さ。

Dsc00358

大谷さんも改修工事をしていたが、本堂は無事完了しており普通にお参りできた。父親には言いたい事が沢山あった。そして最後はまた来年も宜しくとお願い。

先の写真でもあるように百日紅のあるお堂が今度は工事に。後何年もかけて全体の補修になるのだろう。

Dsc00370

帰り、大谷さんから六波羅を抜けて四条に出るのがいつものパターンだが、24日に地蔵盆だった京都、少しお参りしておく。

Dsc00371

六道の辻、本堂をお参りすると閻魔大王がしっかり番をしていた。

Dsc00372

更に何時もの六波羅密寺。幽霊飴を右手に見ながら影一つない道を歩いていく。ちょっと位は木陰が欲しいぞ。

Dsc003741

Dsc00375

はい、すいません。気づきませんでした。

Dsc00387_3   

せせらぎの道に入る少し前で木陰に到着。木陰は爽やかで涼しい。

Dsc00388

木漏れ日が地面に落とした模様の様に大変綺麗だった。

Dsc00389

さて、三条から地下鉄東西線に初めて乗車。2つ向こうだが烏丸御池駅へ向かう。京都の地下鉄建設は遺跡との兼ね合いで膨大な費用とトンでもない時間がかかったと聞く。そりゃそうだろう。掘れば1000年の垢が一杯出てくるだろうから。

Dsc00390

地下鉄にこんな座席のある車両は初めてみた。烏丸線は近鉄と乗り合いしててたまに走っているのは知っているが、地下鉄専用では無駄だな。何か意味があるのかな?

Dsc00392

せっかくの京都、お参りが済んだら午後は博物館へ。行ったのは京都文化博物館。略してブンパク。

観たかったのはナスカ展。世界遺産である地上絵は世界七不思議を超える八番目の不思議との事だが、それだけではなく全体的に面白かった。地上絵の、その創造者であるナスカ人の落とし物、遺跡・遺物が面白く、じっくり観ている訳でも無いのに2時間があっと言う間過ぎた。それは家内も同じ。勝手に連れてこられた割には一緒に熱心に見入っていた。

Dsc00399

もう3時。おなかがとても減っている事に家内と気づいた。さて、今からうろうろ探すのも面倒くさいしと思っていると、ブンパクの中にレストラン街があった。

Dsc00395

ここのそば屋でちょっと昼ごはんにしては豪勢なミニ懐石を頂き、ビールを飲んではご機嫌さんで帰ってきた。

うーん、『神妙に色々話してきたくせに、、』とオヤジは呆れているかな。

私が私でなくなったら?

Ashita

私の父親は癌で長期入院した後に他界したが、最後の瞬間までボケてはいなかった。自我は最後まで保ち、亡くなる数日前でさえ行方の定まらぬ愚息の身を心配し、枕の下から震える手で財布を取り出し「おかあちゃんには内緒やで、、」と消えそうな声でお札を私に渡した。その眼差しは、病気で寝ている子供の私のおでこを撫でた若い父の頃と何も変わらなかった。その身が骨と皮だけになっても、心と精神は前を見ていたんだと今も確信している。そして家族を思う心はかくも強い物なのかと。

少し遅れたがHDRに撮り貯めた録画の中から映画「明日の記憶」を観た。50歳を前に若年性アルツハイマー病に侵され自我が崩壊していく主人公。戸惑いながらも支える家族の絆のホツレとムスビ。映画の主人公を演じる渡辺謙氏や妻役の樋口可南子氏とはほぼ同年代の我々夫婦。それ故か家内は怖くて途中から観れないと言った。 

私は? 

やはり怖かった。「私が私で無くなったら?」 人が人である所以はその入れ物である体のみでは無い。「我思う、故に我あり」が加わるからだ。記憶の消失と自我の崩壊、その寂しさ、恐ろしさは誰に共有できる物でもないと思える。人は老い、そして死ぬ。それはこの世の唯一真実だが、どう死ねるかを考えるきっかけの映画だった。

奇しくも8月27日は亡父の命日だ。今の気持ちを報告しに行こう。言いたい事は沢山できた。

世界陸上始まる

070818_11220001

これは先週の長居公園の写真。まだお祭り前の平和な日常。今朝、7時から男子マラソンが長居競技場からスタートし、真夏の大阪の街で熱い戦いを繰り広げた所でもあり、写真の所ではヌキツヌカレツが繰り広げられた。

マラソンでは大阪の街が真っ二つに分かれてしまったね。9月2日には女子マラソンも同コースで予定しているので仕事を車に頼る方は大変だ。

やっぱりスタジアムより窓を開け、風に乗って飛び込んでくる歓声だけ生で聞きながらビール片手にテレビ観戦がいいな。

ニコンのカメラデザイン

Catch_01

D3やD300の内容が知りたくてニコンのサイトへ行っていたら面白いコーナーを見つけた。カメラの造形って私にとってはとても大切。ジウジアーロ氏のコメントなど興味深い。

ニコンカメラデザインへのアプローチ

ニコンは玄武、キャノンは朱雀か?双璧としてどちらも眼の離せないメーカーだな。
じゃあペンタは白虎?、オリンパスは青龍とするのがコーポレイトカラーに沿っているのかな?でもちょっと差がありすぎるが、、、

月への使者

Header01_j

みなさん、月周回探査衛星「かぐや」をご存知でしょうか。たまたま会社の同僚と今後予定される衛星の話をしていて「月のやつ、そろ打ち上げだよね?」で調べると、8月16日に種子島より打ち上げる予定が伸びて9月13日に延期なった模様。なかなかしょうもない理由の延期でしたが、中秋の名月は27日頃のはずだからちょうど新月の打ち上げでしょうか?

因みに計画自体は10年近く前からあり、多くの人の努力を経てようやく実現する見込みです。月の裏側と言う未だに未知の世界を探るかぐや(SELENE)を個人的にも応援したいし、13日のライブも是非見てみたい。

JAXA かぐや ← NASDAが2003年に他2団体とくっついてJAXAに。

あ~、種子島にいって見てみたいな。

さらに悩む!

Dsc00343

Canonのサービスステーションに寄ると40Dと1Ds MarkⅢが置いてあった。ラッキー!
それで暫く触りまくった。秒6.5コマ撮影やライブビューもたっぷり試してみた。良いトコばかりだが外観で判るおや?は液晶のボケ。3インチになったからかこれは大変残念だ。

さて、触ってみて感じたが40Dと1Dの間には「物」として決定的に違う溝があった。これはどうしても埋まらない事を確信。当たり前の結論だろうが、更に40Dのシャッターには不安を覚える。大丈夫か?シャッター音は全く好きになれない、とてもひ弱な感じ。価格を考えれば良く出来ていると言えるし、パフォーマンスは現時点のトップクラスだろうが、結論として私は40Dの見送りを決定する。この領域なら名機D40がカバーしてくれるし。

5D MarkⅡがいずれ出るだろうから、それを見てから触ってから1D MarkⅢとどちらにするかを決める。くわぽんさんも言っていた通り、イメージャーのサイズによる広角不足がやっぱり気になる。

あ”、1DsMarkⅢは掌に収まる1000ccバイク並みの価格と言う事で触るだけでした。

悩むな~!

Cover1

突然の乱入、EOS 40D。仕様を見ていくと1D MarkⅢの完全廉価版だ。両者には純然とした違いがあるが、価格差が30万円あると言う事をどうみるか?

CANON EOS 40D サイト

因みに手放した5Dはフルサイズだけがメリットのカメラだった。それ以外どうって事のないカメラだったが、この40Dはイメージャー以外は完全に5Dを上回っており、凄く魅力ある仕様になっている。こうなると5Dの後継機種も何としても見てみたい。こりゃあとっても悩ましいぞ。うん、この悩みの期間がある意味楽しいね。

寝てはいけない?

Dsc00326

街で見かけた髑髏の怪しい看板。見ると車庫前で寝るな!とある。そりゃそうだ。でも字で書いてあるので犬猫でなく、人が寝ることを想定しているのだろう。

Dsc00327

なかなか味のある髑髏と看板文字、立小便避けの鳥居もいいね。

BS・h特集、おにぎり三つ

Prog_070819_kodomo

NHK・BSハイビジョン特集 おにぎり三つあったとさ ~写真集“日本の子ども60年”から~を見ていた。2005年、『日本の子ども60年』と題された写真展が全国を巡回、写真は日本写真家協会が2年の歳月をかけ、全国各地から集めた24000点の写真から厳選した204点で構成した「戦後日本の子どもたちの歴史」の紹介でもある。

戦後、いや「もはや戦後では無い」と言われた時に生まれた私達がどのような時代を生きてきたか、良く判る写真だった。我家にもある何気ない記念写真やスナップ写真に濃密な時間が閉じ込められているのが今更ながら良く判る。

いや、それが判る年齢になったと言う事か。

汗のちザブン!

070818_11310001

夏期休暇中に毎日1万歩を課題にしたので炎天下と言えども汗をかきかき長居公園をウォーキングする。写真は午前11時頃だが、熱中症が盛んに言われている時節か、わざわざ出歩く人も少ない。確かに暑い、でもこの1週間で汗をしっかりかくことを再度覚えた体はすこぶる調子が良い。

また1時間以上の運動を屋外でしたら速攻でクールダウンが必要とばかり、準備しておいた水風呂へザブン。オジサンのプール代わりだが、来週から汗をかいてもこれができないのだね。目標の50kmには届かなかったが、ともかく良く歩いたお休みだった。

カシオの日、Part2

丁度、2年前の05年8月19日に第1回目のカシオの日があり、本ブログにも記録した。盆休みの間に日本橋で電子辞書と携帯電話を買い、それがどちらもカシオだったと言う、ただそれだけの話なんだが。

Dsc00318

それで今日は2年ぶりにカシオの日の再現となった。前に買ったのは会社で使用、広辞苑と外国語は英語に特化したタイプで使いやすい。でも、遊びや雑学が何もなく家庭用では無かった。家内がマナーや医者の薬など実用・雑学も含めた物が便利と聞いてきて家用として写真の製品を購入した。2年の間に大きく変わった所はなさそうだが、バックライト付き液晶と音声付辞書が充実してて良い。 まあ、定価の1/3と安かったのが本当の購入理由だが。

Dsc00315

で、ついでにポイントも貯まっていたので携帯電話を換えた。カシオ製でIPX5、およびIPX7(いずれも旧JIS保護等級5と7に相当)と防水性能を備えている。いかにも防水ですと言う、水中メガネ仕様で無い所が良い。さり気なく、台風の中で濡れながら通話できる性能が良い。池ポチャも水深1mまでならOKと家電製品としては素晴らしい機能だ。

Dsc00316

ワンセグTVは個人的に興味無い。テレビや音楽を再生しすぎて電池が消耗し、電話として使えないのは困る。それならばだが、災害用にAMラジオが入っていると嬉しいが無い。携帯電話本体と電話回線契約が別に成る話が進行しており、電話機本体が5万円や6万円になる事もあるだろうから今の内に安く遊んでおこう。

それにしても今日も暑かった。関東で40.7度とか、人の座った直後の椅子が冷たく感じられる程の気温だった模様。日本もとうとう温帯から熱帯地方へ地理の教科書の書き換えが必要か。

位置について!

070814_1206011

今月末から大阪は長居競技場で開催される世界陸上、その準備が着々と進んでいた。と言っても普段の夏場の芝生整備なのだが、いつもより丁寧にやっているよう。水を撒き、青草を刈る匂いが風に乗ってやってくる。ウォーキングの途中で足を止めて様子を見た。

070814_1206022
070814_1207011

メインの競技場と第2競技場は写真の様な仮設陸橋で結ばれているのだが、これって風速25mや30mでも大丈夫かい?。8月末は台風のシーズンでもあるんだけど。それとも準備期間のみの仮設で本番では取っ払うのかな。

070814_1207021

スタジアムの南側にはスタッフ様のプレハブが蛸部屋の様に並ぶ。冷房付きだろうが、止まれば死ぬほど暑そうだ。

070814_1208012

チケットの売れ行きは芳しくないと聞くが、ご近所でもあり一度は生の競技を見たい物だ。信じる事と当てにすることは違うけど、新記録が樹立される瞬間の目撃者になるのも悪くないな。そうなるとハンマー投げかな、やっぱり。

Dsc002551

また道具の話で恐縮だが、写真はこの夏から使い始めた新型万歩計。腕時計なのは見れば判るが、加速度センサが組み込まれており、腕の振りと必ずしも一致しない。腰が上下に動くその加速度、振動をセンサで得て、解析処理を行う。バイクや自転車では殆どカウントされない。センサよりこの解析ソフトが並外れて優れていると思う。これを着けて長居公園や大和川の河川敷公園を1時間か1万歩を歩くのだ。

因みにこの休みに入って22.5km歩いた。普段はワイシャツにスーツで帽子も被らず炎天下に外出しているが、こうして汗をかきかき歩けるのは幸せだ。

うら盆会へ

Dsc00263

今年も四天王寺さんのうら盆会、万灯供養に行ってきた。例年より少し遅い時間だが、少しでも涼しかろうと思ったが甘かった。ムシムシして汗がへばりつく。

Dsc00266

万灯供養のお蝋燭を買って、先祖代々之霊などと下手ながら毛筆で書く。四天のバイトねーちゃんよりはましだ。

Dsc00270

千日供養もやっており、千日市が開かれている。母親と一緒にお参りしてしていた時は良くここで瀬戸物を買った物だ。

Dsc00273

夜の7時を過ぎる頃、我家の蝋燭にも火が入る。1年間の無事を先祖に報告し、ひたすら感謝する。何も無いのが最高だが、この1年は入院したり家が無くなったり大変だった。

Dsc00293

願いはただ一つ。とにかく来年も無事に夫婦で来れる様にお願いする。

Dsc00297

あたりはすっかり暗くなり、少しだけ涼しい風が吹いてきた。

Dsc00308_2

「また来年…」などと祈りと願いとをごっちゃまぜにして四天王寺さんを後にする。帰りにはしっかり釣鐘カステラを買って帰る。饅頭よりカステラが好きなんだな。

光の重さ

Dsc00243
愛車 Majesty125fi

朝の掃除で大汗をかいたが、ウォーキングの為に4時頃、愛車に跨って大和川へやってきた。どこまで出来るか判らないが、この休みの間、毎日1万歩のウォーキングを自身に義務化した。

Dsc00249

山の方まで30分歩いて、また30分引き返してくるのだが、光に重さがある事を体感した。太陽の光が我が肩に留まると何だかズッシリ、冬とは違う重みを感じる。確かに、それもしっかりとした物の重さを感じるのだな。

Dsc00252

帰りは汗だくだが、バイクで風を受けると結構涼しい。自宅に戻ればまずはビール片手に風呂場へ直行。ざっと汗を流して水風呂に入る。ビール持参は好き好きだが、シャワーより確実にクールダウンできる。嗚呼、休日の醍醐味ここに極まれり。

雲と草むしり

Dsc_2113

町内会の班長をしているので月に一度、地域の公園清掃をお手伝いする。本来は市の、公園管理局の仕事なのだが、季節に1度程度の管理では間尺に会わないのでボランティアでお手伝いする。ぼうぼうに伸びた夏草をむしり、無責任に捨てられたゴミを拾う。

無関係は無関心を呼び、無関心は無責任に繋がる。葉っぱ一枚、吸殻一個拾うだけで公園と自分とに関係ができる。遅まきながら無責任ではいられないと言う事に気づく。ただ、今日の出席者もリタイヤ組みばかりでお若い方はいないのが寂しいと言えば寂しい。

Dsc_2119

そのリタイヤ組みのおばあさんとお話する機会があって思わず死んだ祖母の話を思い出した。抜ける様な青空が綺麗だなと思って掃除の合間に見ていると、「もうB29もこんので安心や」と。
ただの冗談?かと思ったがふと同じ台詞を聞いた事を思い出した。20年以上前になるが、まだ元気だった祖母が夏の空を見て同じ事を言っていた。昨年の同時期にも本ブログで書いたが、叔父さん(長男)が名古屋の三菱空襲で死んだのも抜ける様な青空の日だったと後から遺体を確認しに名古屋へ行った母から聞いた。天気が良いと空襲がある。戦後何十年を経ても祖母の脳裏からは消えない「昨日の様な風景」があったのだろう。

だから雲ひとつ見るにしても経験が違いを生む。遠くの空から爆弾抱えて殺しにやってくる飛行機なんて私は知らない。空を見れば天気の事しか気にならない今の我が国は平和で美しいはずだ。

そしてこれからもそうあって欲しいと一枚、雲の写真を撮った。

今日から盆休み

07zansho2_2

毎日お暑うございます。

更に暑くなるような残暑見舞いで恐縮です。

謎の円盤

Dsc00234

いつも気になる看板がある。どこに愛があるのだろうか? 

剣呑、剣呑、、、

ふわふわ卵

Dsc00192

これは美味しかった。JR尼崎駅の1階にある喫茶店でトルコライスを頼むと写真のようなフワフワ卵で出てきた。カレーソースかデミグラスソースかが選べるのだが、まずはカレーで。上には熱々のヒレカツが乗っており、何とか家でも作れないか、参考にさせてもらう事とする。

ミチクサ

Dsc00189

日本橋に買い物に行き、その帰り道で元実家によった。既に取り壊しが完了し、更地になっている。帰る所は無くなり、ここは最も遠い土地になってしまった。おさらばです。

2代目、お守りカメラ

Dsc_2103

CCDの故障で修理を余儀なくされたSONYのU50だが、時間がかかるようで仕方なく2代目を購入した。GRDも持っているが、お守りの様に常に身に付けるには大きすぎるし、使用時にレンズが飛び出すのは用途に合わない。
それで性能は程ほど、外観はカメラらしくない小型の物を探したが、Panasonicの薄型があったがデザインが好きになれず。それで同じメディアが使える写真のCyber-shot T9の中古を購入。600万画素で考えていたよりオーバースペックだが丁度名刺サイズ、更に薄型で手ブレが付いて、他に比べてかなり安かったのが理由。

Dsc_2104

何より、ソニーの液晶は直射日光下でも良く見える。これはU50で証明済みであり、実用的なのが良い。実際、このT9でもそうだった。これはお守りカメラにしてポイント高い。本体に傷があちこちあるが、落下痕は無くレンズも液晶も綺麗。本体すり傷程度で安くなるのは歓迎だ。

Dsc_2098_2

また、カバーを開けてONとなり、1秒ちょっとで撮影ができ、閉めて電源OFFが実に使い勝手が良い。手ブレ補正は「どうよ?」と言うレベルの様だが、あっても邪魔になる物ではない。広角撮影時の周辺流れと歪みは38mm相当にしては大きいが、精密な画像や画質を求めるカメラとは考えてないので気にならない。

電池の持ちはスタミナバリバリとは行かない。撮影し再生しの繰り返しなので実際何枚撮影できるかを正しく知るのは難しいが、インフォリチウムで撮影可能時間が分単位で表示されるのが助かる。結構正確で良い機能だ。後は充電スタンドが無いので継ぎ足し充電がし難い事だが、これは電池寿命を考えると良い事とも言える。本来、2個持っていて常に使い切り交換が出来るのが理想ではある。

R10010751

肝心のレンズ。ZeissのVario-Tessarを積んで光学3倍ズーム。35mmフィルム換算:38~114mm F3.5-4.3とこの手のカメラにしては十分であり、ISOも640まで自動で変化するので補正レンズシフトの手ブレ機能を合わせて夜間や暗所撮影にはU50よりは強くなった。

今度はズーム付き。お散歩写真や出張写真の幅が広がるかな?

one more time

Dsc00169

山崎まさよし氏の「One more time, One more chance」が良かったのでついサントラ版をネットで注文してしまった。ネットでは探すのも手間要らずで簡単にポチッとできるので怖いね。

曲は写真のウォークマンに入れているが、電車待ちの寂れたローカル駅で聞くとつい入り込んでしまう。まだまだ若いね。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »