2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 新製品よ、何時でもどうぞ | トップページ | 馬関へ »

5月最後の青空の下

Dsc_1711

久しぶりに長居公園の植物園へ家内と散歩。近くのスーパーで弁当を買って、到着するや否や木陰を探して昼ごはんにする。風がとても心地よい。

Dsc_1722

木陰のベンチは皆の憩いの場。おしゃべり、昼ごはん、昼寝とそれぞれのスタイルで気持ちの良い時間を過ごす。

Dsc_1724

天気はすこぶるよい。日差しは非常に強いのだが、風が乾燥していて暑さをまだ感じない。昼のビールがススーと体に染込んで行くのが判る。極楽だ。

Dsc_1730

食後の怠惰な時間を過ごし、やおら写真を撮り始める。バラ園の傍だったのだが、まだバラが咲いていた。少しトウはたっているが、写生や写真撮影に人が結構沢山いた。

Dsc_1737

ロージーカーペット。名前の通り、バラの敷物。

Dsc_1740

液晶が見づらくて良く判らなかったが、赤色が完全に飽和している。やっぱりバラの赤は-1/3の補正でも厳しい。RAWで撮影し、現像調整が必要だな。

Dsc_1748

車にポピ~、、と必ず口ずさむ。赤いポピーの集団。

Dsc_1760

さて、本日のお目当てだった紫陽花。まだ殆ど咲いておらず、チラホラ程度をかいつまんで撮影。

Dsc_1763

日当たりの良い所の紫陽花のみ咲いていると言う感じか。それでも木陰が多く、感度がググーと上がった事を確認して後に撮影する。

Dsc_1770

ISOは自動設定、最高で1600となる。1600の場合は若干荒れ気味とは思うが、十分実用範囲であり、この写真など1/4000、F5.6なので手ブレる余地が無い。

Dsc_1773

全てISO1600の画像。D40を残した意味がここにある。

Dsc_1777

見ごろは6月の第2週、9~10日と言う所かな? 花菖蒲も始まるので初夏は色々眼に楽しい季節だ。

Dsc_1776

来週はパスとして、再来週はまたここに来ないとね。森林浴気分でリフレッシュしたいものだ。

« 新製品よ、何時でもどうぞ | トップページ | 馬関へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/15220230

この記事へのトラックバック一覧です: 5月最後の青空の下:

« 新製品よ、何時でもどうぞ | トップページ | 馬関へ »