2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 石切風景 | トップページ | 街の風物詩 »

第2世代

Img_0477 Img_0478

あらら、、SUMMICRON 35mm F2を手に入れた。1970年製(万博の年だ)で第2世代の前期型、いわゆる“角つき”と言う事が物の本で判ったが、かなりくたびれており相応のお値段だった。

Img_0482

うーん、やっぱりLEICAにはこの35mmが良く似合う。でもせっかくのレンズにフードはかっこ悪いな。単なるフードに1万円も出すのが惜しいだけと言う意見もあるが、暫くはこのまま使ってみよう。これで50mm/35mmと当初の年間目標が僅か1ヶ月とスピード達成。

さて、後の11ヶ月はどうしましょう。

« 石切風景 | トップページ | 街の風物詩 »

機材、用品」カテゴリの記事

コメント

▼warakadoさん

 ひょ〜! SUMMICRON-M 35mmですか。いいないいないいないいないいな〜。特にこのデザインのSUMMICRON-M 35mm、僕が一番欲しいやつです。僕はどうせ写りの違いなんかわかりませんから、好きなデザインのものを使いたいのです。でもSUMMICRON-M 35mmは高いからほんとに手が出ません…。

おおっ、これはペースが早い。
標準、広角と手を伸ばし次は21mmへと・・・
物欲は限りなく。

偶然今NHK「あの人に会いたい・木村伊兵衛」観てました。
この方の話しっぷりは書物で読んでますが、映像で聞く話しぶりはまんま江戸っ子でした。
残念な事に録画出来なかった、再再々放送を期待。

>うずらまんさん
中古屋でも滅多に見かけないのですが、聞くと出すとその日の内に売れる、、との事。確かに今出したトコの物を買った訳ですので。お値段は6万円代でしたので色々ありますが、私には問題とならず、デザインもとても気に入りました。良い出会いと思ったので財布にはかなり無理をさせました。頑張って節約です。

>くわぽんさん
物欲にはもはや抵抗しません(^^;
手を伸ばして何とか届く範囲なら我慢と言う単語は暫く封印しておきます。でも、財源に限度があるので手元から離れるレンズとカメラがあるんですね。

それと木村伊兵衛さんの番組、見逃しました。歯医者に行っていて、今帰って来た所。残念!こちらも再々放送望みますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/13766950

この記事へのトラックバック一覧です: 第2世代:

« 石切風景 | トップページ | 街の風物詩 »