2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 小型軽量比較 | トップページ | 楽チンスタイル »

冬の京都へ

Dsc01693000111

今日はクリスマスイブ。冬の京都へちょっと遊びに行ってきた。まずは東福寺へ。本来なら紅葉の美しい季節に行くべきなのだろうが、機会を逸して今になった。

Dsc01692000111

京阪の東福寺駅前にて。お正月ともなればこの普段静かな通りが人であふれる。

Dsc01694000111

伏水街道とある。伏見じゃないのか?調べると江戸以降だが、「俯見」「臥見」「伏水」が用いられる様になったとある。成る程、酒蔵が多い訳だ。

Dsc01697000111

今日はCLEにRollei 40mmとHEXANON 28mm。デジカメは小型のU-50のみを持ってお手軽にした。因みにカメラはデイパックの肩紐からカメラをぶら下げている。こうすると首への負担がゼロなので楽チン。でも、悲しいかなカメラが腹に乗って上を向いているよ~。

*追記:別途楽チンスタイルの解説あり。

Dsc01701000111

臨済宗 大本山 東福寺。中でも有名な通天橋。前の枯れ木はかえでだろう。少し前なら凄い色彩を放つ景色だろうが、今は無彩色な世界に埋もれている。これもまたわびさびの世界でよろし。

Dsc01710000111

苔むした庭園にも沢山のかえでの樹。でも今は枯れ木。やっぱりちょっと寂しい。

Dsc01714000111

通天橋の中。洗玉澗と言う渓谷の上にかかる歩廊だ。

Dsc01716000111

最後に一枚になりそこねた葉が京都の寒風に晒されている。

Dsc01717000111

通天橋を奥に行くと庭園を経て開山堂にたどり着く。市松模様に形作られた庭園は見ていて心和む。観光客は僅か、静かな“和”のクリスマスイブだ。

Dsc01722000111

石庭は同じく京都の竜安寺が有名だが、こちらもなかなかの物だ。手入れが大変だろうなと小市民はふと思ってしまう。

Dsc01727000111

開山堂の隣にある庫裡。無彩色な風景に朱の色が冴える。ちょっと中を覗いてみよう。

Dsc01726000111

途中の石段にあったなごりのかえで。

Dsc01725000111

なんかバチがあたりそうだが、蓮の花が見えた。上にいらしゃるのは仏様?

Dsc01729000111

洗玉澗に降りる途中から見た通天橋。周りはかえでなどの落ち葉の絨毯で、さぞかし見事な光景だったろうと容易に想像できる。

Dsc01735000111

さて、通天橋を後戻りして本堂から方丈庭園へ向かう。

Dsc01736000111

方丈庭園。昭和14年に作庭された物で、戦前と言っても全体の歴史から見れば本当に新作だ。八相庭との事で八つのテーマ別になっているそうな。写真は四仙島「蓬莱」「エイ洲」「壺梁」、右側が「海」らしいが写っていない。

Dsc01737000111

これが「海」らしい。なるほど、そう言われれば潮騒が聞こえてきそうだ、、uso

Dsc01746000111

緑も鮮やかな井田市松。これは見ればなんとなく意味が判る。

Dsc01750000111

そして最後のこれは「北斗七星」を表している。5つしか写ってないけど写せなかった。
さて、わびさびの世界に別れを告げて、本町街道を南に下り、一路伏見稲荷さんへと向かう。

Dsc01752000111

街道沿いにある酒屋さん。相当変貌を遂げているが、やっぱり京都のお店という雰囲気が残っている。

Dsc01755000111

お昼も過ぎていたのでお参り前に腹ごしらえ。稲荷さんと言えばやっぱり「あれ」でしょう。

Dsc01754000111

蕎麦屋さんに入っていなり寿司セット780円成りを頼む。味はまあこんなものでしょうが、おいなりさんが美味しかった。

Dsc01756000111

あと1週間、年末年始の初詣では全国2位3位の人出を毎年記録する商売繁盛の神様だ。あえてクリスマスイブに来たぞ。深い意味はないけど空いているだろうと言うだけ。

Dsc01762000111

秀吉が建立したとある楼門の前にいる狛犬ならぬ駒狐。口には鍵?をくわえているのか? 向かって右の狐は玉をくわえていた。

Dsc01764000111

本殿。家内安全、商売繁盛をお祈り。右の方では神事を執り行っていたが、神事は写す事をはばかるので写真は無し。

Dsc01765000111

更に奥に進むと千本鳥居にたどり着く。ここからグルッと鳥居に沿って山を登れば4km、約2時間の行程となるのだが、そこはすこしはしょって新池までを目指す事とする。

Dsc01768000111

全て稲荷信仰に基づく個人の寄進によって立てられた鳥居の数々。子供の頃に来た事があるはずだが、記憶には残っていなかった。そしてこんなに凄いとは思わなかった。

Dsc01769000111

途中にある奥社奉拝所。写真の反対側、奥にはおもかる石がある。そこは四天王寺さんと一緒だな。

Dsc01770000111

さて、更に奥の新池、熊鷹社を目指す。

Dsc01773000111

新池のほとり。ここまでは険しい上り下りは殆どなかった。

Dsc01774000111

熊鷹社。ちょっとばちあたりかな。後ろからごめんなさい。

Dsc01775000111

さても帰り道。小さな祠や鳥居が立ち並ぶ様はまるで御嶽山の麓の様相。だんだん、膝が痛んで来たのでこれで今日はおしまい。ゆっくり下山する。

Dsc01778000111

軽い登山ですっかり体力を使い、手持ちのフィムルも使い切ったのでいきなり京阪の伏見稲荷駅の風景。この後、丹波橋まで普通電車で行き、淀屋橋行きの特急に乗り換え。電車はガラガラに空いており、楽な道中をさせてもらった。

冬の京都は無彩色な中にも鮮やかな色彩を放つ物があり、四季を問わず楽しめる街だ。でもやっぱり紅葉のシーズンに来たほうが楽しそうだ。

« 小型軽量比較 | トップページ | 楽チンスタイル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

warakadoさん、こんにちは。

ディバッグに止める方法は便利そうですね。
私はストラップで首から下げていますが、ぶらぶらし、コツコツ物に当たるのですよね。レンズが当たった日にゃ、ウヒャーッっと血の気がひきます。

warakadoさんも、天体写真が撮れるのですね。私も頑張って痩せようとしているのですが、今日もチキンがうまいぜ。もうじき正月が来るし。(T_T)

warakadoさん、秋の東福寺へ行ったことがあります。もの凄い人ごみだったように記憶しています。紅葉しか眺めていませんでしたが、庭園もお見事ですね。
空いているのが羨ましい。

>YANBOさん
天体写真はまかせて下さい。いつも上向いています。年末年始、更に角度が上を向くでしょう。

>cowgeeさん
東福寺は本当に空いていて、気持ち良かったです。紅葉は心の中だけでしたが、庭園で静寂の世界を楽しめました。京都は本当に色々な顔を持っていて懐の深い街です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/13184617

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の京都へ:

« 小型軽量比較 | トップページ | 楽チンスタイル »