2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

怪しい宴会は年の瀬の夜に

Sn360016000111

昨夜は旧友が東京から帰省したのでおっさん連中が集まって鍋宴会。暮れの忙しい時だが、皆子供も大きく成長しているので放し飼い状態でもある。

会えば30数年の時を越えてばか話に花が咲く。友人が「人生×0.7倍だ」と言った。なんのこっちゃ聞くと、昔は「幸若舞の敦盛」の様に50歳を寿命にして成り立ってきたが、最近は平均でも80歳。だから時間軸を今の50歳なら昔の人の35歳相当と考えると良い。。のだそう。寿命と言う壁が変ってきた為だが、のんびりする暇も無い今の世の中、生き急ぐ必要も無い。考え方一つで人生を謳歌できると言う事か。その信長は49歳で死んだ。その為にもお互い体は労わらないといけないね。

とりとめの無い話に酔っ払うおっさん連中の宴会。でも、ここ暫くで最高に楽しい年の瀬の一夜だった。永遠のばか者どもに乾杯!。

さてもこの一年、つたないブログにご来訪頂いたり、コメントをお残し頂いた皆様方、ありがとうございました。文面を借りてお礼申し上げます。

また、来年も生きて元気に過ごせる限りは好奇心ギラギラと日々を綴って行きたいと思います。それでは皆様、良いお年を。

2006年、今年の買い物三昧

R1000940_1_edited2

2006年度、今年の買い物三昧結果です。実にカメラ6台に一眼レンズ3本。カメラの新品は5DとG7、後は銀塩関係なので皆中古。因みにレンズは3本とも新品購入です。我ながら凄い。

さても、元気良く三昧してますね。これらの購入には全て下取りがあります。入った分は出て行っているのですが、いったい何処へ行きたいのでしょうね。自分でも無駄な事をしているとあきれます。

また、今年はモノクロ銀塩を復活させたので銀塩関係が増えています。5Dはブラパチには使いませんので別格として、CLEやXA-2はその中でも一番新しく仲間入りし、最もお気に入りになりました。

*画像をちょっと入れ替えました。背景が見苦しかったのでペイントソフトで処理しました。元は以下の状態、ちょっと見苦しいですね。

R1000939000111

今年最後の買い物

Img_0406 

去年も29日に書きましたが、今年最後の買い物です。Nikonのソフトシャッターレリーズ。型番はAR-9と言うやつで500円位でした。もう、殆ど店頭には残っていないのですが、ある所にはあるんですね。値引き後の値段で。

Img_0412 

この手のレリーズには銀一製を使っていましたが、AR-9は真ん中が微妙に窪んでおり、ドーム型より好みです。また、OLYMPUSにNikonのロゴもいかがな物かと思ってよせばいいのに削りましたが、柔らかい素材なのかムラができちゃいました。ちょっと失敗で悲しい。

Img_0411 

薄手のOリングを噛まして高さ微調整をしています。小物ですが、これにて今年一年の買い物三昧を締めくくりました。さて、明日は恒例?の「この一年、これだけ三昧しました」特集です。

2006年仕事納め

Dsc01763

本日が本年最終稼働日。午前中は通常業務で、午後から大掃除、3時過ぎから定例ミーティング、後は打ち上げとなる。今年は売り上げもそこそこだったが、その納期調整で忙殺されて皆ぼろぼろだったんだね。

会も終わって後片付けをし解散。今年一年の感謝と、来年に向けての思いも新たに職場を後にするのだが、カバンの中にはパソコンと持ち帰りの仕事がしっかり入っていたのだった。

アルバム公開

Img0160ed

アルバム「師走の京都へ」を公開しました。下手くそで恐縮ですが、CLEの初写しです。とても使い易いカメラで満足です。また、露出チェックの為にあえてプロビア、ベルビアを使いましたが、25年経過したカメラとは思えないほど正確でした。BESSA R3AやLEICAの出番が減りそうです。欠点を強いて言うならAEロックが無いのが残念。

*アルバムの掲載順序がおかしかったので各写真タイトルを修正。撮影レンズも2本ですがコメントに入れておきました。

ちょっと気が早いか?

Dsc00261

テンプレートを正月バージョンに変更。
ちょっと気が早いかな?

楽チンスタイル

Img_0399000111

カメラを肩にかける、たすきがけする、首にかける、スタイルは色々あると思います。私はデイパックを背負う時、もしくは重いカメラを持つ時はこのスタイル。今はヨドバシでも売っていますが、デイパックの肩紐にスリングを付け、そのままカメラのストラップへ。首への負担なく、写したい時に直ぐ使えます。E-1にSIGMAの150mmAPOをつけると2kgを超えますが、これなら首や肩は大丈夫、疲れ知らずです。

欠点は揺れてカメラをぶつける事。それを補う為にさらに紐の間にショックコードを通し、移動だけの時はショックコードに輪を作ってそれをレンズにはめます。クーバンヒッチと言うアメリカ製の製品があり、それを長く使ってましたが20年以上経過するとゴムが死んでしまい、代わりの物を探しています。

冬の京都へ

Dsc01693000111

今日はクリスマスイブ。冬の京都へちょっと遊びに行ってきた。まずは東福寺へ。本来なら紅葉の美しい季節に行くべきなのだろうが、機会を逸して今になった。

Dsc01692000111

京阪の東福寺駅前にて。お正月ともなればこの普段静かな通りが人であふれる。

Dsc01694000111

伏水街道とある。伏見じゃないのか?調べると江戸以降だが、「俯見」「臥見」「伏水」が用いられる様になったとある。成る程、酒蔵が多い訳だ。

Dsc01697000111

今日はCLEにRollei 40mmとHEXANON 28mm。デジカメは小型のU-50のみを持ってお手軽にした。因みにカメラはデイパックの肩紐からカメラをぶら下げている。こうすると首への負担がゼロなので楽チン。でも、悲しいかなカメラが腹に乗って上を向いているよ~。

*追記:別途楽チンスタイルの解説あり。

Dsc01701000111

臨済宗 大本山 東福寺。中でも有名な通天橋。前の枯れ木はかえでだろう。少し前なら凄い色彩を放つ景色だろうが、今は無彩色な世界に埋もれている。これもまたわびさびの世界でよろし。

Dsc01710000111

苔むした庭園にも沢山のかえでの樹。でも今は枯れ木。やっぱりちょっと寂しい。

Dsc01714000111

通天橋の中。洗玉澗と言う渓谷の上にかかる歩廊だ。

Dsc01716000111

最後に一枚になりそこねた葉が京都の寒風に晒されている。

Dsc01717000111

通天橋を奥に行くと庭園を経て開山堂にたどり着く。市松模様に形作られた庭園は見ていて心和む。観光客は僅か、静かな“和”のクリスマスイブだ。

Dsc01722000111

石庭は同じく京都の竜安寺が有名だが、こちらもなかなかの物だ。手入れが大変だろうなと小市民はふと思ってしまう。

Dsc01727000111

開山堂の隣にある庫裡。無彩色な風景に朱の色が冴える。ちょっと中を覗いてみよう。

Dsc01726000111

途中の石段にあったなごりのかえで。

Dsc01725000111

なんかバチがあたりそうだが、蓮の花が見えた。上にいらしゃるのは仏様?

Dsc01729000111

洗玉澗に降りる途中から見た通天橋。周りはかえでなどの落ち葉の絨毯で、さぞかし見事な光景だったろうと容易に想像できる。

Dsc01735000111

さて、通天橋を後戻りして本堂から方丈庭園へ向かう。

Dsc01736000111

方丈庭園。昭和14年に作庭された物で、戦前と言っても全体の歴史から見れば本当に新作だ。八相庭との事で八つのテーマ別になっているそうな。写真は四仙島「蓬莱」「エイ洲」「壺梁」、右側が「海」らしいが写っていない。

Dsc01737000111

これが「海」らしい。なるほど、そう言われれば潮騒が聞こえてきそうだ、、uso

Dsc01746000111

緑も鮮やかな井田市松。これは見ればなんとなく意味が判る。

Dsc01750000111

そして最後のこれは「北斗七星」を表している。5つしか写ってないけど写せなかった。
さて、わびさびの世界に別れを告げて、本町街道を南に下り、一路伏見稲荷さんへと向かう。

Dsc01752000111

街道沿いにある酒屋さん。相当変貌を遂げているが、やっぱり京都のお店という雰囲気が残っている。

Dsc01755000111

お昼も過ぎていたのでお参り前に腹ごしらえ。稲荷さんと言えばやっぱり「あれ」でしょう。

Dsc01754000111

蕎麦屋さんに入っていなり寿司セット780円成りを頼む。味はまあこんなものでしょうが、おいなりさんが美味しかった。

Dsc01756000111

あと1週間、年末年始の初詣では全国2位3位の人出を毎年記録する商売繁盛の神様だ。あえてクリスマスイブに来たぞ。深い意味はないけど空いているだろうと言うだけ。

Dsc01762000111

秀吉が建立したとある楼門の前にいる狛犬ならぬ駒狐。口には鍵?をくわえているのか? 向かって右の狐は玉をくわえていた。

Dsc01764000111

本殿。家内安全、商売繁盛をお祈り。右の方では神事を執り行っていたが、神事は写す事をはばかるので写真は無し。

Dsc01765000111

更に奥に進むと千本鳥居にたどり着く。ここからグルッと鳥居に沿って山を登れば4km、約2時間の行程となるのだが、そこはすこしはしょって新池までを目指す事とする。

Dsc01768000111

全て稲荷信仰に基づく個人の寄進によって立てられた鳥居の数々。子供の頃に来た事があるはずだが、記憶には残っていなかった。そしてこんなに凄いとは思わなかった。

Dsc01769000111

途中にある奥社奉拝所。写真の反対側、奥にはおもかる石がある。そこは四天王寺さんと一緒だな。

Dsc01770000111

さて、更に奥の新池、熊鷹社を目指す。

Dsc01773000111

新池のほとり。ここまでは険しい上り下りは殆どなかった。

Dsc01774000111

熊鷹社。ちょっとばちあたりかな。後ろからごめんなさい。

Dsc01775000111

さても帰り道。小さな祠や鳥居が立ち並ぶ様はまるで御嶽山の麓の様相。だんだん、膝が痛んで来たのでこれで今日はおしまい。ゆっくり下山する。

Dsc01778000111

軽い登山ですっかり体力を使い、手持ちのフィムルも使い切ったのでいきなり京阪の伏見稲荷駅の風景。この後、丹波橋まで普通電車で行き、淀屋橋行きの特急に乗り換え。電車はガラガラに空いており、楽な道中をさせてもらった。

冬の京都は無彩色な中にも鮮やかな色彩を放つ物があり、四季を問わず楽しめる街だ。でもやっぱり紅葉のシーズンに来たほうが楽しそうだ。

小型軽量比較

Img_0382000111

「小型軽量」、オリンパスの一眼レフは当初よりその思想を貫いてきた。方やミノルタカメラは73年にCLを出し、ライツの技術を沢山吸収できたのか、81年にオリジナルのCLEを出して来た。貧乏人のライカとは言っちゃ気の毒な位、良くできたレンジファインダーで、小型を身上にしていた(因みに宮崎美子さんの“今の君ピカピカ”のX-7は80年発売)。

この2つを並べるとCLEの方が高さがある物の、でこぼこがなくコンパクトにできている。構造の違いはあるが、どちらも「小型軽量」を優劣の物差しにすると、間違いなくトップクラスだ。さて、京都へ家内と遊びに行くが、どっちを持って行くかな?

星のツリー

061222_211901

先日の出張の折、大きなツリーを発見。星が瞬く様な仕掛けがあって大変綺麗だった。

061222_211902

ツリーが傘の様になっているのだが、中に入って上を見るとそれはそれは見事な物で、ゆっくり瞬くのを見ているとちょっとロマンチックな気分になる。疲れた脳みそを癒すには十分だった。

それはそうとHOYAとペンタックスが来年10月を目処に合併するようだ。会社規模としてはHOYAが断然大きい。ペンタはレンズの硝材に困る事は無くなったが、HOYAはペンタックスの何処に魅力を感じたのだろう。やっぱり利益の出る内視鏡などの医療機器部門だろうか。最近、K100やK10と言う隠れたヒットは飛ばす物の、コンデジでは厳しいカメラ部門でない事だけは確かな様に思う。

冬至近き朝

Dsc01681

予算計画会議で夜明け前に家を出て本社へ出張。今年の冬至は12月22日だそうだから、同じ場所なら1年で最も朝が遅い。北海道の旭川風景には程遠いが、それなりに寒い。

私が主幹となる予算報告会議もあるので、昨夜遅くまで準備した資料にもう一度目を通し、ポイントとなる部分の問答を思い巡らす。ある顔が浮かんでアドレナリンが出て来る。とたんに眼が覚めてくると集中。更に集中。
サラリーマンなら日常茶飯事、なんて事の無い話であるが、今朝は集中力が普段と全然違い、あっと言う間に列車の到着となった。時間の感覚は状況で幾らでも変る物だ。おかげで脳みその暖気は完全に終了。
そして会議は何とか無事終了。帰りの列車では、ビール1本で爆睡、もう燃料切れだった。そして気が付けば京都、実に短い移動時間だった。

仕事の上で今年最後の山場は越えた。正月が見えてきたぞ。

台所事情

R1000923

再開後、家にある日用品を流用して無理の無い範囲で続けようと思ったらこうなってきた。薬液の容器は形の良い1ℓ容量のペットボトル。PETは材質的に酸・アルカリの影響を受け難いし廃物利用だ。でも透明なのでアルミ箔で遮光。バットは洗い桶の廃物利用。

R1000924

メスカップは100均のダイソーで購入。500ccで上からも目盛りが読める優れもの、家内に早速1個取られた。

Pc160148

今の季節は20~25℃の範囲は容易に管理できるし、大き目の洗い桶なので30分位は安定している。傍には電気ポットでお湯を待機させているが使う事は無かった。

Pc160159

現像液を光に当てたくは無いが、段取り優先で先にメスカップに250cc入れ、並べてスタート。

Pc160175

これまた100均のキッチンタイマーとストップウオッチ付きの腕時計。現像はタイマーでカウントダウン、その他はストップウオッチで経過時間観察。時間の上り、下りを分けるている。

Pc160211

作業が進むと時間に余裕が出るので、予備水洗をしている間に水洗促進剤とドライウェルを準備しておく。すべて段取り命。

Pc160213

使い終わった薬剤は直ぐに遮光の箱に入れる準備をしておく。遮光用の空き箱なら家に豊富にある。そういえば最近はリサイクルの為か、着色ペットを殆ど見なくなった。酒のビンが良いが重くて割れると怖いからパス。銀紙で良い。

Pc160227

水洗も十分な水を流す。薬液は捨てずに回収しているので、フィルムに残る残渣位だが、程度は酸素系や塩素系漂白剤などと同じでも、日用品では無いからマンションの配管を傷つけると大変だ。そこだけは昔の様に、表の溝にジャーと流す様な事はできない(プロフィール写真参照)。昔はこれで溝の赤虫やボウフラを皆殺しにできた。酷い事をした物と反省する。

R1000925

水洗の水を利用して道具を洗浄し、終わっても暫く水を流し続けておく。風呂場でやると100ℓ以上の残り湯が使えるが、台所は大型換気扇もあって便利なので薬液が散らない様に注意しながらやっている。

さて、最終のフィルム乾燥は予備暖房を入れ、40℃位にしておいた風呂場(家庭内でほこりが一番少ない場所)に吊るして終了。我が家なりの段取りは大体判った。さあ、年末に向けて後何本かはやるぞ~。

夜のモノクロ

Img0099ed_1

自家現像の第二弾。今回も1本しか現像できなかったが、前回より少し温度を上げ、25℃で7分の処理にしてみた。なお、フィルムはISO100なのでブレブレになるのを何とかこらえたが、、、

Img0101ed_1

やっぱりぶれた。でも、何となく雰囲気がよかったので掲載。

Img0107ed_1

夜の大阪第1ビルだったかの地下だが、閑散としている。テナントは殆ど逃げ出して、地下に居酒屋が何軒があるだけ。寂しいビルだな。大阪市の肝いりでできたはずなのに。

Img0100ed
* 画像追加

雨の中、電気系統に持病を抱えるカメラを使うのは怖かった。案の定、この後から液晶の表示がちょっとおかしくなった。でも、タッパウエアに入れて乾燥剤大量投与治療を施すと回復。労わらねば。

* 写真は4枚とも GR1s / 28mm プログラムオートで撮影

小さな宝石

R1000920

今日は出張で静岡方面へ行ってきた。10時頃に帰宅して、前から気になってたバッテリーの充電器のヒューズを交換しようとジャンク箱を漁っていると、懐かしいエンジンが出てきた。磨いてやるとまだ外観は綺麗だ。

小川精機、通称OS。大阪に本社のある模型用小型エンジンメーカーの製品だ。写真のエンジンは何とOHV方式の4サイクルエンジンで、26サーパスと言われる物。手前にプッシュロッドが見える。一番小型の排気量だが、その野太い排気音はスローで眼前をローパスさせた時に操縦者をうっとりさせる。このほかに塩谷やSAITOなど限られた世界で生きているメーカーがあった。

R1000922

ちゃんとロッカーアームとバルブ、バルブスプリングもある。こんなの分解しだしたら一晩中やっちゃうので今夜はコレ位にしておこう。バンケルのロータリーエンジンも持っていたが、それは模型から手を引くときに売却してしまった。でも、あれは飾りとしても超一級品だったな。

Epson0011 1992/10

このOS26を載せていたバレリーナと言う機体。バルサ材を切り出した材料と設計図1枚から作る。材料も天然物なので反っていたり、サイズが合わないのが当たり前。全て先輩諸氏や自分の創意工夫とスキルで勝負する。因みにパイロットもバルサで自作、サングラスも別パーツで自作した。4サイクルエンジンの音を響かせて目の前数mの所を低空飛行でパスさせるとき、なんとも言えない満ちたりた気分になる。

おっと、肝心のヒューズは何処だ?

そーと覗いて見てごらん

Img_1128

車の音があまりしないので窓を開けて外を見るとビックリ!
濃霧、濃霧、濃霧、すっごい霧だー。こんな濃い霧を大阪の街中で見るのは久しぶりだな。どうりで自動車の音が静かなはずだ。街がひっそり静まりかえっている。

Img_1138

視界は100m程度か?ISO1600にして撮影してみたが、霧って撮影するのが難しいのね。撮影を忘れてしばし 霧に咽ぶ夜 を楽しんだわ。写すより、眺めて楽しむことがいい時もある。

買い物ブギ

Pa0_0001000111

週末、ぐずついた天候も今日は昼から良いお天気に。

昼からバイクで食料品や衣料品やその他こまごまの買出しに出かける。売り出しで試しに1枚買ったパンツが妙に体にフィットするので更に4枚まとめ買いする。ボクサーブリーフと言うのが好みになった。歳を取った為か、暖かくて良いと言うものある。

また、最近、肌荒れ、剃刀負けする事があるのでスキンケアを心がけようとついでに寄った薬局でニベアのQ10入りなんちゃらを購入。20年間シーブリーズ一辺倒だったが、肌に張りがなくなったんだね。更に肌にかゆみが出ると言うとメンソーレタムのNDなんちゃらを薦められるがそれも購入。消費者の鏡の様な存在だ。

更に100均に足を伸ばす。A4サイズブリーフケースを4つ購入。プリンタに使う紙を用紙別に分けておく為だ。会社や家では書類は超整理法による使い古しのA4封筒で整理しているのでブリーフケースを使う事はあまり無い。更に文具屋・本屋に寄って来年の手帳も見るがやっぱり現使用中のフランクリンシステムが一番良い。ほぼにち手帳も悪くは無いが切り貼りする機会の多い私はシステム手帳が良い。それはまた来年、4月始まりを選ぶ事とする。そういえばほぼにち手帳をハンズに言って尋ねたら、それはロフトですと言われたな。

思いつくままに、天気に誘われてあちこち買い物ブギ。安物、特価品ばっかりを狙い撃ちしたが、物の「はやり」「すたり」が良く判った日であった(特価=ほぼすたりもの)。

自家現像

Img0061ed

先週から仕事が立て込んで中々自家現像ができなかったが、本日やっと1本だけ現像ができた。久しぶりの作業、社会人になってからだと初めてかな?

Img0064ed_1

手順は完璧に忘れていたが、昔の手帳を紐解いて確認。現像は料理と同じ、レシピをみて作業すればそれなりには仕上がる。温度には注意が必要だが、それも雰囲気でよしとする。

Img0066ed

情けない話、最初リールに上手くフィルムが巻けなかった。期限切れのフィルムを犠牲にしてちょっと練習するとまあ何とか。20何年振りの復帰ならこんなもんで許してあげよう。

やっぱり定着の確認でフィルムを出すときのドキドキは楽しいね。でも大笑いの失敗が一つ、停止液を搾り出そうとタンクを逆さまに揺すった途端、蓋が外れてフィルムが飛び出した。長いこと使ってないのでプラスチックが少々へたっていたのか?

Img0072ed_1*画像追加

分かち合う世界

Img_0348

1941年12月8日の真珠湾攻撃の日ではなく、1980年12月8日夜の事である。日本では9日の日付だったが、私は大学生でバイトが終わって学校に向かう途中だったと思うがジョン・レノンの訃報を聞いた。熱烈なファンだった訳ではないが、射殺と言う出来事を含めて大きなショックを受けたと記憶する。26年の歳月が流れ、今またイマジンを聞いている。  ‥‥ 合掌 ‥‥

Imagine there's no heaven

It's easy if you try

No hell below us

Above us only sky

Imagine all the people

Living for today …

冬の一日

これは12月5日の出来事。ココログのメンテで少し更新ができませんでした。

Dsc01631000111

北浜駅まで歩いて移動する途中にある非常にでっかいビル。ビルの名前など知らないが、こんなのいつできた?って感じ。建設途中でも相当目立つはずだけど自分に関わりの薄い事には観てて見えていない。

Dsc01632000111

昼ごはんはしょっちゅうお世話になるかっぽうぎさん。650円でメイン1皿、小もの2皿、味噌汁とご飯。ごはんはおかわり自由。鯖塩やら秋刀魚やら焼きたてを狙って頂くのがこつ。で、今日はすき焼き風煮込みをメインにした。後はほうれん草のおひたしと大根おろし。

Dsc01635000111

お腹も一杯になった所で北浜駅へ向かう。駅のちょっと南、今橋のあたりにある何でも屋さん。食料品店と言いたいのだが、周りは完璧なオフィス街。異彩を放っているが結構人気があるようだ。

Dsc01636000111

北浜、難波橋の守護神。こちらはアー君。橋の街灯の上にはユリカモメが沢山いた。

Dsc01640000111

こちらはウン君(と勝手に紹介)。ライオンキングのモデルに違いない。さて、昼ごはん後の散歩兼徒歩移動は終了。冬の午後はしっかりお仕事が待っていた。

名月鑑賞会

P1010053000111_2

毎度おなじみの名月鑑賞会です。先月は中秋の名月、半そで半パンでは流石に寒いと言っていたのが1ヶ月前の事とは思えません。今日は良く冷えて空気も澄んでいます。

この写真はいつもの様に家内のLUMIX DMC-FZ30で420mm 1/250s. F7.1 MFの手持ちで撮影しています。なんつってもLEICA(福島産ですが、、)レンズです。

冬らしく、、

Dsc01596000111_1

家の近くにある病院の銀杏達。今年も色づきが遅かったが、11月の中頃からやっと黄色くなり始め、今本番。 毎日落ち葉を掃除するのが大変ですね。

Dsc01607000111

難波に用事があって出かける。なんばパークスの2階に上がると綺麗なツリーが。いよいよクリスマス商戦も本番突入。夕暮れ時に吹く風も、すっかり冬モードに突入していた。

読取り道は奥深し、、、

Img0032ed000111

これは昨年の5月にT3で撮影した中央公会堂。建物などを中心にスキャンしているが、中々これが奥が深い。私如きが半日で何を悟るかと言う事だが、感心するのは覚えている事だ。その撮影時の事を。記憶も一緒にスキャンしてくれている。

Img0030ed000111_1

色はフォトショップの様なソフトで調整しないと思うような記憶色になってくれないが、買ったパソコンにエレメント4がバンドルされれて助かった。

Img0037ed000111 追加

さて、あま根を詰めてもなんだし、今日はこれ位にしておいてやるか。

Img0040ed000111

蘇る!長い友達

Img_0326000111 Img_0327000111

MapCameraに注文していたNikonCOOLSCAN V EDがプリンターに続いて我が家に到着。清水の舞台から飛び降りるつもりで購入した。仕様上では上位機種の5000EDに魅力を感じたが、財布との精一杯の折り合い所だ。

Img_0329000111 Img_0330000111_1

サイズは大きくは無いのだが、電源コードやケーブルが接続すると恐竜の尻尾の様に後ろにビンッと出っ張るので結構なスペースが要る。しかたなくパソコンの上に暫く居てもらう事にした。

Img_0332000111

説明書もそこそこに、初めて自分で現像したモノクロフィルムを読み込ませてみる。鵜飼いの鵜の様にフィルムを丸呑みしていく様が面白い。写真は学生の時、アルバイト先で友人を適当に写したのだが、今となっては友人の数少ない在りし日の記録となっているのだ。

Img008ed000111 

フィルムが傷だらけ。フォトショップエレメント4がパソコンにバンドルされいるのを始めて使ってみた。それなりに手間はかかるが結構使えるじゃないか。この写真、長い友達を無くした貴重な1枚だ。

あいつ、あの頃はライオン丸の様にフサフサだったんだよな。。。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »