2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 十五夜 | トップページ | 秋風に誘われて »

十六夜

Img_09040001

雲の切れ間から顔を出す十六夜の月はとても気まぐれ。調子に乗ってチャレンジしたが、どうも上手くいかない。寝て待っていると何と午前5時を過ぎている。西に沈みかけた姿を何とか1枚納める。チコの位置が昨日の写真と大きく違う。

さて、今夜はジャコビニ彗星の夜。ユーミンの「ジャコビニ彗星の日」を懐かしく聴きながら夜更かしでもするか。34年前の'72年10月9日の夜と同じで空振りかな?

« 十五夜 | トップページ | 秋風に誘われて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

warakadoさん、こんにちは。

シャープに写っているなと思ったら、手持ちなんですか。
すごい!
最近のカメラの手ぶれ補正を見直しました。

YANBOさん、こんにちは

ISO100、1/500、F5.6、輪郭補正をソフトで掛けていますが、正真正銘手持ち420mmです。壁に頭と体を押し付ける様に足を踏ん張って、更に額と鼻にカメラを押し付けて固定してですが、それでも手持ちで420mmが撮れる手ブレ補正って使えます。

手ブレ補正も効果は各社色々ですが、中でも松下製の性能はピカイチですのでオリンパスのこれからも期待できます。あと、嫁のFZ30はEVFなので合焦をファインダーで見ながら合わせる「ライブビュー」なのでピントが多少は掴み易いと言うのがあります。
お月さんを撮るときはこの嫁の420mmが必須です。

▼warakadoさん

 僕は旧型のLUMIX DMC-FZ10ですが、420mmは重宝します。warakadoさんのレポートではあんまり興味がわかないとお書きでしたが、L1欲しくなってきた(^ε^;)。

>うずらまんさん

FZ20を以前所有してました。あのスタイルが結構気にいってましたが、EVFがどうしても馴染めず手放したのですが、家内は全然平気の様でむしろ見やすいと言い切ります。。

L1ですが質感は高い物の如何せん高額です。またデザインが好みから若干それます。それより国内販売が無いと言っているE-400やその派生機が小型路線で興味津々。道楽の虫は年中鳴きっぱなし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/12195324

この記事へのトラックバック一覧です: 十六夜:

« 十五夜 | トップページ | 秋風に誘われて »