2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 炎暑の四国出張2日間 | トップページ | 五山送り火、終戦の日を超えて »

うら盆会

R00102430001

流石にお盆だ。今日は風があるのとお盆のお休みでくっきりはっきり生駒の山々が見える。早いものであれからまた1年、夫婦たいした事も無く過ごせた事に感謝し、四天王寺さんへお参りに行く。

R00102470001

少し早く来たのでまだまだ日差しは強く、西に傾いたお日様が容赦なく照りつける。雲ひとつない、抜けるような青空。参道には色々なお店が並ぶ。固焼きが好きで、買って貰って歯(乳歯)が折れた事もあったと記憶する。40年以上前だが何故か覚えている。

R00102520001

慣れない毛筆で先祖代々之霊や水子之霊と書く。四天のおねーちゃんの字より自分で書くほうが多少はましだろう。回廊側では老練なおばあちゃんがいるが、やっぱり自分で書く。

R00102540001

金堂と五重塔。桜の咲く季節にも来たが、お盆はまた特別な雰囲気がある。御霊が集まっているんだ。

R00102570001

法要が午後6時30分からなので、あちこちお参りする。写真は北鐘堂で、この日はずっと撞き続けている。お店の内容はだいぶ変わったが何十年も変わらない景色だ。

R00102580001

亀井堂、供養を済ませた経木をここで流す。井戸があり水が溢れている。少し南側の安居の井と言い、上町台地は少し掘れば水は噴出してくる。

R00102590001_1

ご存知、四天王寺さんの亀の池。子供の頃にここで甲羅に名前を書いた亀を放した事がある。最近は外来の亀が多い様だ。

R00102600001

亀の池の北側にある六時堂。四天王寺の中心的なお堂だが、前にはおもかる地蔵さんがある。持ち上げると願いがかなうときは軽く、かなわぬ時は重いと言う。『宝くじ3億円ゲット!』と念じながら持ち上げたが軽かった、、やった!

R00102610001

回廊を望む。柱が微妙にエンタシス。小学校や中学の社会歴史の授業を思い出す。

R00102620001

まだ時間が早いので蝋燭もまばらだが、これが時間前になると一杯になる。供養をお寺に申し込まない人は勝手に好きな所に立てる。毎年、何となく決まった所に立てている自分がいる。

R00102650001

法要まで1時間近くあったのでちょっと日陰で休憩。この日は風があり、湿度も低めだったので過ごしやすかった。瀬戸物などのお店があり、家内は忙しく品定めしていた。

R00102670001

こうして見ると五重塔の大きさがわかる。この日はこの塔に人が入っていた。一番上まで上れるようだ。聖徳太子の様にかまどから昇る煙が見えただろうか?

R00102690001

午後6時15分、いよいよろうそくに火が入り始める。アルバイトの学生さんが馴れた手つきで火を入れる。風が強い日だったので途中で消えるのもあったが、ちゃんと見ていて再び火を入れていた。

R00102710001

我が家のろうそくにも無事火が入る。合掌、毎年の事だがこの瞬間に色々な思いが胸をよぎる。

R00102730001

まだ日が落ちきっていないので周囲は明るいが、境内に流れ始めたお経が人の口をふさぐ。

R00102750001

境内のろうそく全てが灯る頃、法要が始まる。この1年の無事を感謝しながら来年も夫婦二人で来れる様にと願う。お盆といい、正月といい、目に見えない物に感謝しないといけない事は多い。

« 炎暑の四国出張2日間 | トップページ | 五山送り火、終戦の日を超えて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

warakadoさん、こんにちは。

warakadoさんも四天王寺さんに行ってこられたのですね。

私は犬の供養も兼ねてでした。回向はしてもらわなかったんですが、蝋燭だけ。

もうちょっと居たら、暗くなって、あの独特の雰囲気が楽しめたのに。

トラックバックありがとうござます。

昨年は7時を過ぎてからお参りしたのですが、今年は早めに来て早めに帰る段取りだったのであの怪しげ?な雰囲気は味わえませんでした。

でも、あの沢山のろうそくが灯る所をぼんやりと見ていると不意にトリップします。一種の催眠術?。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/11445607

この記事へのトラックバック一覧です: うら盆会:

» 四天王寺の千日まいりと万灯供養。  前編 [ YANBO'S BLOG 「四季折々」]
平成18年8月14日 四天王寺の千日まいりと万灯供養。  前編 これは、10日の日に、四天王寺さんへ「千日まいりと万灯供養。」に行ってきました。 天王寺駅から谷町筋を北上し、四天王寺さんを目指す。 1 露天の店が出ている。 普通はおばあちゃん相手の店だが、外国人が売っているようなアクセサリーを売っている。 2 谷町筋が提灯で飾られている。 3 万灯篭の提灯。 4 千日まいりの提灯もある。 5 ... [続きを読む]

« 炎暑の四国出張2日間 | トップページ | 五山送り火、終戦の日を超えて »