2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 海開き山開き | トップページ | 夏祭りがやって来た »

進路っていつ決めてもいいじゃないか

Dscf0033

新聞にも載っていたしラジオでも聞いた。医者の子供にとって医者と言う進路は苦痛だと感じる子供が多数だと。奈良の事件の影響が広がっている。職業なんてちゃんと食べてる人の数だけあるのだから焦らなくてもいいのにと私は思ってしまう。

ただそうして得た職業が医者だろうが、タクシーの運ちゃんだろうが、いやもっと広義に言えば自分のした事の責任は全て自分にあると言う考えは外せない。今この部分がどの職業からも、全ての行為から失われつつある事が恐ろしい。

一つの行為が他に与える影響を色んな角度から見せる、教える事をしないで自己責任と言う言葉も知らない大人もどきが大量生産されている我が国。私もいつ壊れるか判らない粗悪品のひとつかも知れないが、一人の子供の行為がなんだか一つの可能性を暗示しているようで怖い。

話を戻そう。進路なんてある時点から見れば可能性の一つだ。でもそれを選ぶのは本人でなければならない。その時点から自己責任はついて回るはずだから。

« 海開き山開き | トップページ | 夏祭りがやって来た »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

warakadoさん、ボクもこのニュースには強い関心があります。
子どもに夢と可能性を与えるのは、親の役割だと思います。
受けるのは子どもの意思ですが、きついボールは受け取れませんよね?

cowgeeさん、こんにちは
自分の事で言えば一度進学を諦め社会に出て、再び学校に戻る時など進路で悩んだ時に親が示してくれた道は大きかったと思います。まじめに生きれば道は一杯あると。
色んな子供に色んな親がいると思いますが、cowgeeさんのおっしゃるようにきついボールは子供に受ける意思があっても受け取れないと思います。
どの局面も常に考え続ける限りは選ぶ道は可能性の一つだと示してあげる。人生、やり直す事はできなくても、考え悩み続ける限り新しく創る事はできるのですから何ラウンドでもやってやると言う気持ちが大切ですね。
私には子供がいません。親にはなれなかったので一般論でしか言えませんが。。

▼warakadoさん
 医者の父は、自分が医者として成功したので、子供に楽な人生を歩ませてやろう、自分の用意したものをそのまま引き継いでくれたら苦労はない…と親心だったんでしょうけど、それが子供には通じなかったんですね。
「何ラウンドでもやってやると言う気持ちが大切ですね」
 その通り! 本当のところはほとんどの場合やり直しが効きます。よっぽどのことをしない限り大丈夫。それに気づいていない人が多いですね。気づかないで行き詰まってそれが今回のような事件を起こしてしまうんですね。親がドーンと構えてないと子供の蚊の鳴くような心の悲鳴は聞こえません。

うずらまんさん、こんばんは
このニュースは考えさせられる事が多いです。今日も大阪大学と言う最高学府に通う学生さんが、親になじられただけで金槌で殴り殺したと言う痛ましい事件がありましたね。
何なんでしょうね。いったいぜんたい。。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/10750452

この記事へのトラックバック一覧です: 進路っていつ決めてもいいじゃないか:

« 海開き山開き | トップページ | 夏祭りがやって来た »