2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 新顔紹介、PENTAX | トップページ | 「復活の日」を再評価したい »

人形の里へ行ってきた

Imgp02631 人形の里 岩槻

土曜日に出張から足を延ばして人形の里で有名な岩槻に行って来た。母親が入院している病院へ見舞いに行って来た。母の日には一日早かったが、出来るときにしておいた。

埼玉で暮らしている母が連休前に入院したと同居の兄から連絡を受けていた。メニエール病の他に体に痛みと発熱が続いたのだ。今回は検査入院に近いのだが、会えば母は元気にしていた。既に18年一緒に暮らしてはいないが、最近は会うたびに肉体的な衰えを感じていた。気持ちも体の状態を反映して塞ぎがちだったが、めまいは別にして、投薬による痛みの回復でかなり気持ちも明るく、前向きになったようだ。

今までの検査結果では、やはり加齢による物が主だったので、痛み止めなど症状をやわらげる事が、現時点での狭義のQOLを高める方法との事だった。

ただ、母の背中を見ていると、その背に負われていた時を様々に思い出し、なんと小さく、丸くなった物よと寂しく悲しくなってきた。それでも、いい歳をした我が子の行く末を気遣う母の気持ちにただただ感謝し、心の中で泣いていた。親とはかくも有難い存在なのかと。

帰り際、母は散歩のつもりと言って玄関まで見送りに来てくれた。背が更に低くなった印象を受ける。最後に母は「長生きはしたいけど、それは質の問題やね、こんな痛みが酷い時には早う楽になっておとうちゃんの所に行きたいと思うたわ。せやけど元気が出るともうちょっとと欲も出たわ」と笑う母。

母の日に花を贈る事しかしてこなかった事を反省する。親の望む子の幸せにはちょくちょく背いてきたが、母より長生きする事だけは守ろうと思う。

Imgp02651 沢山の人形店

母の元気さは痛みの多くを取り去った事にあった。ただ、元が傷んでいるので痛みが判らないと余計に体に負担を与えてしまわないか?痛みは体のセンサーからの危険信号、簡単に取り除く事は逆効果では?と昔は考えていた。

しかし、自分も歳を重ねると、若い時の感覚は捨てようと思うようになった。首に障害を持つようになったので、痛みの辛さは部分的に判る。健康な体と言う状態の素晴らしさを今頃気づいても遅いのだが、しかし無理に嘆く事もない。適切な指導に基づく薬で生活の質が保たれるなら、それを認識して使えばいいと思うようになった。気が変わった訳ではなく、人が変わったのだ。

Imgp02661 東武野田線 岩槻駅舎

帰りの電車の中で母の姿を思い出していた。今は遠く離れて暮らしてはいるが、母の心には子を思う親の気持ちがぎっしり詰まっていた。今も乳飲み子の顔を今の私に見出しているのだろうか。それを今日更に感じた。

« 新顔紹介、PENTAX | トップページ | 「復活の日」を再評価したい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/10061676

この記事へのトラックバック一覧です: 人形の里へ行ってきた:

« 新顔紹介、PENTAX | トップページ | 「復活の日」を再評価したい »