2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

JR尼崎駅前にて

Dsc010201
元麒麟麦酒跡地
いやー、本当に広い。キリンビール尼崎工場の跡地ってこんなに広かったんだ。イベントに良く使われていたが、今後どのように利用されるのだろう?これだけの更地は大阪駅まで5~6分の所では近年珍しい。

Dsc010181
浄瑠璃とドーム
何やら近松ゆかりの人形だそう。尼崎に関係あったんだろうか?

Dsc010131
駅前広場
駅前も広々している。周りの建物が高層住宅ばかりなので、公開空地が広く獲れるのだろう。逆に高くする為に空地を増やさざるを得なかった?

Dsc010121
麒麟麦酒跡地2
こじんまりした駅前は雰囲気が良かった。線路の向側へは地下通路を通って行っていた。今から10年前までそうだった。そして始まった再開発。道を隔てて2つのビール工場があったが、ここはビール工場の横を自転車を押しても歩けないほど混雑した狭い道路だった。後にアスベストの問題も浮上してきたが下町風情の残る街だった。

Dsc010111
コンクリートの夢
道路を歩いていて見上げると空が切りとられている。鋭い高層マンションが空に杭を打ち込んでいるようだ。高層マンションを毛嫌いするつもりはないが(今マンションの10階に住んでいる)、何だかこんなに集まっていると息苦しくなってくる。なんせ元は日当たりの悪い、平屋6坪の長屋暮らしだったので。

Dsc010091
朽ちた車輪
それでも、コンクリートとアスファルトの街でも花は咲く。誰かが種をまいたのだろうか?全くの野育ちのようだ。

さあ、明日から衣替えだ。身も心もスルッと換えられたら良いな。。

ツワモノどもが夢の跡

Rimg08001
遥か追憶の日々
うずらまんさんにスマートメディアのカードリーダーを差し上げようとジャンク箱を探っていると、出るわ出るわ懐かしくも悲しき品の数々。この累々と築かれた屍を乗り越えて今日の電脳生活があると思うと思わず目頭が熱くなってきた。

せっかく引っ張りだして来たので少しだけご紹介。少しだけ、、、

Rimg08051
SONY マイクロカセットコーダー M-200B
さて、何時頃買ったのだろうか?30年弱である事は間違いない。何度か故障したが、その都度修理で復活したが、もう部品は無いだろうな。キャプスタンのゴムがもう死んでいる。
197X年?製

Rimg08011
SHARP PC-1251
大学生の時に生協で買ったシャープのポケコン。これでBASICを勉強したり、打ち込んで測量の面積計算なんかをしていた気がする。1982年製。

Rimg08021
富士通 OASYS Poket2
携帯型ワードプロセッサの決定版。これで電車なんかの移動時に面談報告書なんか書いていた気がする。当時、電車や喫茶店でオリベッティのノートパソコンなんかでパチパチやるのが物珍しくてカッコよかった。私は金が無いのでせいぜいワープロ。そういえば2400のモデムを買って、これでニフティに繋いでいた。1992年製

Rimg08031
PLUS COPY-JACK 40
文房具のプラスが出したハンディコピー機。本体下に読み取り部があり、本をなぞってコピーする。分厚い本の真ん中も綺麗に取れたので帝国データバンクの資料を写し取る時に便利だった。感熱紙が絶版でお役御免。多分1990年製?

Rimg08041
CITIZEN DataSlim
名刺管理用にちっちゃくて便利かな?と思って手に入れたが、検索機能が着いておらず、役立たずだった。今でもPDAには2,000件(10年分相当)を超える名刺データが溜まったままになっているが、クリエは検索が早く、ほぼ1~2秒で複数ヒットさせるので、整理の必要を感じない。で、完全に出番なしの可哀想なやつ。多分1998年製

一体全体こんなおもちゃを何台手に入れたのだろうか?

ローライの目

Imgp03231_1
フォクトレンダー ベッサR3A
レンズはRolleiの40mm F2.8 HFT。基本的にはRollei 35Sと同じレンズ構成を持っている。中古で安価だったのでLEICA M6TTL用に購入したが、M-HEXANON 28mmがほぼ常用になってきてお蔵入り状態だった。

たまたま何時もの中古カメラ屋さんで出物のR3Aを見つけ、お店にあったこの40mmを借りて付けてみた。何と、フレームが宙に浮いているではないか。乱視が進んできたが、両目で見るので裸眼でもピントはちゃんと抑えられる。等倍とはこう言う事だったのかと気づき、そのままお持ち帰り。レンズが先でボディが後になったベッサだった。

グレーには違和感があったが(黒もあったが高かったのでパス)白レンズにはグレーが良かろうと値段と相談して選んだ。しかし、旧ドイツ空軍のグレーみたいて今となってはこっちがよかった。後からとっても気に入った。最近、散歩のお供にはこのベッサとGRDがペアとなって鞄に入る。

バラと新緑とアイス

P10004951
クイーンエリザベス
曇り空の元、長居公園のバラ園に行ってきた。あたりは満開のバラでそれは見事だった。規模はさほど大きくないが、ボランティアの人も含めて日ごろから丹念に整備されており身近な癒しの空間。

P10005061
ストロベリーアイス
なんだかとっても美味しそうな名前。急にアイスが食べたくなってきた。単純。。。

P10005001
コンチェルティーノ
赤色のバラを幾つか撮影したが、どうも赤飽和が激しく撮影に工夫が必要。RAWで撮影すれば後で調整は効くが、まずは原画(JPEG)で何とかしたいのだが、、

P10005171
カリンの実
バラ園を後にアジサイ園に向かう。途中にセンダンやカリンと言った木があるのだが、カリンに実が付いていた。喉に良い漢方薬として知られるね。

P10005191_1
ポピー
カタスミ写真の真似事をさせて頂いたが、やっぱり素人では上手くいかないね。35mm相当なのと、ストロボがきつく当たってしまう。ティッシュ程度ではディフューザーの代わりにはならない。でも家内は「面白い!」としきりにチャレンジしていた。

P10005311 P10005301 P10005261
緑三色
ホワイトバランスが効いて白っぽく写っているが、本当は緑一色の風景。それも萌え萌えの綺麗な緑。ビリジアンと言う濃い緑にはまだなっておらず、輝く緑色が印象的。空気も澄んで森林浴の気分。なんだかほっとする空間。写真に写るおっさんは私。因みに今日は家内が全部デジカメで撮っている。

P10005331
ハスの花
残念ながらアジサイはまだ二分咲きと言った所で諦め、池のハスを少し撮影。長居公園の植物園では例年6月の終わりから早朝開門を行う。通常よりかなり早く、7時30分から開門し、ハスの開花に少しでも合わせてくれる。梅雨はうっとうしいが、別な楽しみをある。

因みにアイスだが、ソフトクリームを食べてコーンの半分まで食った所で写真を撮っていないことに気づく。はは、まっいいか。

P10005391
あれ?雨は何処へ
結局、今日は雨は降らなかったね。

強風と虹と

Imgp03171 久しぶり
時間は午後5時を少し回ったくらい。ウオーキングから帰って来て生駒の山が強風で良く見えると思っていたら虹を発見。

虹の真下では見ることは出来ないのだろうが、どこまで近づく事ができるのだろう。

回転休業?

P10004581
動かない童夢

少し前の写真、家の窓から近くにある府教員専用施設の屋上が見える。そこには立派なチタン外装と思しきドームが見えるのだが、半年以上向きが変わっていない。

大阪の街中で見える物は限られるだろうが、ある物を使わないのは「使えない物」か、「使える人がいない」可能性がある。ましてや故障の放置は論外。私の税金の僅かでも使われていると思うと切ないなー。

5/27お詫びと追記

P10004751_2
回転有効
大変失礼致しました。今朝見るとちゃんと向きが変わっていました。つまり夜中に動いている時もあったと言う事。府教員の該当者の方、大変失礼致しました。夜から風が強くて生駒の山が良く写っています。

芸術は爆発だ!

Dsc009851
晴れるのか、曇るのかはっきりせい で晴れた日

最近、良く見るブログで分子矯正医学の権威、ロジャー ウイリアムスたら何たら言うお医者さんが言ったと言う言葉が書いてあった。

  あなたはあなたの食べたもの、飲んだもの以外からは
  何ひとつ作られません。これは学問的にも真実です。

確かにおっしゃる通りでございます。私の体は私自身の芸術作品、常に爆発状態!週末一杯食べたのでこそっと「黒烏龍茶」を飲んでいる今日この頃である。

姪っ子がやって来た!その1

東京の大学にいる姪っ子が大阪の我が家を訪ねてくれた。就職活動の一環として神戸に行った帰りに立ち寄ってくれたのだが、私が合うのは実に8年ぶり?だろうか。小学生時代の面影しか知らなかったが、とても素敵なレディになっていた。子供の成長は実に早い、来年は立派な社会人だ。

金曜の夜は家の近くで食事をし、せっかく大阪に寄ってくれたので、本人の希望を交えて土日で大阪の街を幾つか案内する事にした。東京での下宿が少し不便な所にあるようなので、日曜日は早めに大阪出発で計画。

Dsc015731
まずはこってり

土曜日、最初はやっぱりこってりと行って貰いましょう。
ずっと続いた天候不順の憂さを晴らすように良いお天気となり、地下鉄で難波へ出かけた。で、やってきたのが道頓堀。たこ焼きのリクエストにお応えすべくまずは道頓堀を戎橋から相合橋方面へ向かう。

Dsc015751
グリコーゲン爆発

定番のグリコ看板。夜は一層綺麗だが、昼の勇姿もおさえておいてもらいましょう。今年はワールドカップの年ですが、着替えは無いようですね。また、飛び込み防止の透明ポリカ板が高く張り巡らされていました。

Dsc015771 道頓堀遊覧

知らなかったが、プロムナードが出来ていて遊覧船まであるではないか?
こちらが大阪観光をしているみたいに“おぉー”を連発している事に気づいてしまった。

Dsc015781 びっくりドンキー

じゃ無かったドンキホーテ。大阪では「ドンキ」と聞くとハンバーグの「びっくりドンキー」を連想する。この観覧車、一籠2,000円だそう。早々にパスして見てるだけー。今日は風が強い、空を見上げると雲が足早に去っていく。

Dsc015791
戎橋を臨む

太左衛門橋から道頓堀を臨む。こうして見るとそれなりに見える。少し前の道頓堀川と言う映画を思いだす。で、ちょうど小腹も空いて来た事だし、たこ焼き行ってみよう。

Dsc015801
タコがうまい

大阪人の一人一人がたこ焼き評論家で、かつお気に入りを持っているだろうが、観光で来るならやっぱりここか。太左衛門橋のたこ焼き屋。少し並んでいるとお腹が急に減ってきた。

Dsc015831
タコがぷりぷり、踊るカツオ節

タコがぷりぷりで美味しい。でも、風が強くて上のカツオ節が飛んでいってしまう。負けるものかと大急ぎで食べる、熱い! 路上で立ち食いも、こんな季節の良い時にはいいものだ。

Dsc015811 千日前筋

Dsc015821
足が生えているっち!

ちょっと前にてんごされたカニさん。ちゃんと足が生えている。最近はかに道楽のチェーン店が増えて、その勇姿を全国で見ることができるが一応本家と道頓堀繋がりと言う事で。

Dsc015851 くいだおれ

さて、お腹も落ちついたし道頓堀名物、次はやっぱり「くいだおれ」でしょう。それにしても随分新しいお店が増えている。パチンコ屋も目立つ。

Dsc015881今日も元気

衣装がなんだか綺麗になったような、、、マーライオンとくいだおれ人形、初めて見た人は一様にその大きさが普通サイズなのに驚く。でも、彼は一人でカーネルサンダースおじさん登場の遥か昔から大阪の地で頑張っている。

Dsc015971 グランド花月

の地下一階にある博物館?らしい。と言っても劇場に足を運んだ人が割引でいろいろな店舗で物を買えるようになっているんだろうな。まあ、ここは外から見てるだけ。ワッハ上方はじめ、雰囲気は味わって貰った。

Dsc016001 新世界だぜ

途中、千日前から道具屋筋を通って日本橋デンデンタウンへ。道具屋筋ではたこ焼き機や焼き鳥焼き機など物珍しい道具が店一杯に並んでいたので楽しそうだった。ついでに家内がお皿を2枚ゲットしていた。
さて、やってきた新世界。天をも貫く通天閣が五月の青空に映える。

Dsc016041
地上100mの展望

上町台地、大阪城を臨む。通天閣の高さは確か111mと記憶している。展望台で大体100m。風が強くてスモッグが吹き飛び非常に視界良好。

Dsc016051
天王寺動物園とくっきり生駒山

下に天王寺動物園の一部と東の生駒山がくっきりはっきりよく見える。家内が独身時代に住んでいたマンションもチラッと見えている。そう言えば窓から通天閣が良く見えた。

Dsc016071
大阪ドームと六甲山

大阪ドームと向こうには六甲の山並みが見える。今日は良く歩いた。
帰り際に思いついて家ではお好み焼きパーティをする事にした。家ではお好み焼きは食べないとの事だったのでたっぷり堪能して行ってもらおう。因みに今日の写真は全て姪っ子が撮影。

姪っ子が来た! その2 に続く‥‥

姪っ子がやって来た!その2

一夜明けて今日も天気で気分爽快。午前中はゆっくり家で過して昼前に出かける事に。午後3時頃には新大阪へ移動しないと行けないのでそんなに長居はできない。

Gaiyou03 大阪歴史博物館

Imgp02791
なんで難波の宮かって?

昨日、通天閣から大阪城が見えたので大阪城方面へやってきた。虹バスの市内観光コースと同じだ。でも、一ひねりして大阪歴史博物館にやってきた。個人的に少し用事もあった。

Imgp02801
荘厳な雰囲気が漂う常設展示場

難波の宮には思い出がある。その話はまた後ほどとして、大阪歴史博物館はすっごい綺麗な立派な設備となっていた。建物は道路向の馬場町(BK)にあったNHKと融合し、中央体育館のあった場所に建ったと思う。

Imgp02861 Imgp02841
大阪城を臨む

大阪城もOBP(大阪ビジネスパーク)に建つ立派なビルディングに囲まれて小さく見える。大阪城の天守閣に登るより、ここから見るほうが綺麗だな。

Imgp02901
ミニチュア展示

建物の10階が古代、9階が中世近世、8階が催事場で7階が近代現代の内容となっている。古代は難波の宮発掘現場からの出土品が各種展示されており、興味のある人にはじっくり堪能できる内容となっている。また、ミニチュアの模型も中々凝っており私はそっちに興味がそそられた。

Imgp02981
現住之江区の安立町が寄贈した御座船の地車

Imgp03001
江戸時代の大阪の街を再現したミニチュア

Imgp03031
近代、現代を再現する等身大の人形 でも何故か白

Imgp03071
気に入った写真

Imgp03081 タイムカプセル

レプリカであるが、2000年に1号機が最初に開かれた。元に戻して更に100年刻みで開いていくとなっている。2号機は何と5000年後だ。開く人がいるかどうかが問題だ。

館内は一部の展示物を除いて写真撮影は可能だった。ただ撮影時にフラッシュは駄目と言うルールである。高感度に弱いデジカメだったので手ぶれが多い。こんなときは手ぶれ防止が羨ましい。

女性二人を博物館に誘うと言うのもなかなかオツな物と思ったが、あれやこれやで2時間近くがあっと言う間に過ぎた。結局家内が一番喜んだような気がするが、電車の時間もあるのでこのまま新大阪へ直行。最後にまた小腹が減っただろうと言う事でぶっかけうどんを三人で食べる。因みにトッピングは竹輪の磯辺あげに限る。

新幹線も空いてて、自由席でも楽に座席を確保できた。夏は家内の実家がある九州に遊びにいくのだが、その時の再会を約束して新幹線を見送った。金曜の夜から短い間の時間だったが、夫婦二人の生活なので誰かが尋ねてくれるのは楽しい。また大阪にいらっしゃい。

「復活の日」を再評価したい

P12903311_4 一見のどか

日曜日の毎日新聞に、国立感染症研究所研究員の寄稿記事に目が留まった。「新型インフルエンザ」と言うタイトルだが、内容を見てゾッとした。人類史を変えた大疫病とは中世のペスト、16世紀の梅毒、17~18世紀の天然痘や発疹チフス、そして産業革命に伴う結核。20世紀終盤ではやっぱりエイズだろうかと言う説明に続き、21世紀に入って直面する災厄は何だと言うと、人類がかつて経験した事の無い強毒型新型インフルエンザの登場だろうと言うのが話しの骨子だった。

遺伝子の変異や交雑により、A型ウイルスは数10年に一度、全く新しい抗原性を持つウイルスに大変異するらしい。1918年に世界規模で流行したスペインかぜは、弱毒型トリウイルスに起源を持つ新型インフルエンザでその例にならう。当時の地球人口18億人に対して4000万~8000万人、日本でも人口の42%の人が罹患し、45万人が犠牲になった。

それが既に人感染を常とする強毒型インフルエンザで、更に大変異新型発生だったら何と世界で最大3億人が死亡、日本でも210万人が犠牲になるとその予測を書いていた。弱毒型トリウイルスに感染した鶏は殆ど無症状だが、強毒型に感染すると多臓器疾患を起し、1~2日で死んでしまう事からも事の重大性を説く。

この話しを読んで小松左京の「復活の日」を思い出した。映画化された時には論評として「過去アンドロメダで未知のウイルスの恐怖が描かれているのに、今時カゼ(と書かれていた記憶)で人類滅亡は無いだろう‥」と発想の乏しさと酷評されていたが、何の何の。インフルエンザこそ人類最大の敵と考えていた左京氏に再評価を与えたい。

私はヘルシアをがぶ飲みして何とか免疫を高め、今から発症を防ごうと思っているが、感染した鳥を食べて虎が死ぬんだから何しても無理かな。怖い話しであります。

人形の里へ行ってきた

Imgp02631 人形の里 岩槻

土曜日に出張から足を延ばして人形の里で有名な岩槻に行って来た。母親が入院している病院へ見舞いに行って来た。母の日には一日早かったが、出来るときにしておいた。

埼玉で暮らしている母が連休前に入院したと同居の兄から連絡を受けていた。メニエール病の他に体に痛みと発熱が続いたのだ。今回は検査入院に近いのだが、会えば母は元気にしていた。既に18年一緒に暮らしてはいないが、最近は会うたびに肉体的な衰えを感じていた。気持ちも体の状態を反映して塞ぎがちだったが、めまいは別にして、投薬による痛みの回復でかなり気持ちも明るく、前向きになったようだ。

今までの検査結果では、やはり加齢による物が主だったので、痛み止めなど症状をやわらげる事が、現時点での狭義のQOLを高める方法との事だった。

ただ、母の背中を見ていると、その背に負われていた時を様々に思い出し、なんと小さく、丸くなった物よと寂しく悲しくなってきた。それでも、いい歳をした我が子の行く末を気遣う母の気持ちにただただ感謝し、心の中で泣いていた。親とはかくも有難い存在なのかと。

帰り際、母は散歩のつもりと言って玄関まで見送りに来てくれた。背が更に低くなった印象を受ける。最後に母は「長生きはしたいけど、それは質の問題やね、こんな痛みが酷い時には早う楽になっておとうちゃんの所に行きたいと思うたわ。せやけど元気が出るともうちょっとと欲も出たわ」と笑う母。

母の日に花を贈る事しかしてこなかった事を反省する。親の望む子の幸せにはちょくちょく背いてきたが、母より長生きする事だけは守ろうと思う。

Imgp02651 沢山の人形店

母の元気さは痛みの多くを取り去った事にあった。ただ、元が傷んでいるので痛みが判らないと余計に体に負担を与えてしまわないか?痛みは体のセンサーからの危険信号、簡単に取り除く事は逆効果では?と昔は考えていた。

しかし、自分も歳を重ねると、若い時の感覚は捨てようと思うようになった。首に障害を持つようになったので、痛みの辛さは部分的に判る。健康な体と言う状態の素晴らしさを今頃気づいても遅いのだが、しかし無理に嘆く事もない。適切な指導に基づく薬で生活の質が保たれるなら、それを認識して使えばいいと思うようになった。気が変わった訳ではなく、人が変わったのだ。

Imgp02661 東武野田線 岩槻駅舎

帰りの電車の中で母の姿を思い出していた。今は遠く離れて暮らしてはいるが、母の心には子を思う親の気持ちがぎっしり詰まっていた。今も乳飲み子の顔を今の私に見出しているのだろうか。それを今日更に感じた。

新顔紹介、PENTAX

Rimg07981
PENTAX Optio 750Z/
PENTAXのデジカメは初めて。これ1台持って行けば事足りると言う、小旅行用カメラを家内が欲しがっていたので購入した。機種としては2004年9月発売と、移り変わりの激しいコンパクトデジカメとしては多少古いが、それでも1年半程で、発売当初の1/3の価格。展示品だったので新品同様と言うべきか。価格性能比は抜群に良い。

因みに今年のGWは、肝心の家内との休みが上手く合わず。どこにも遠出はせずに、バイクのタンデムで市内観光などを楽しんだが、このカメラが結構活躍した。今までズームは積極的には使わなかったが、この機種に関しては便利。また、少しクラシカルな顔は家内にも好評だった。

凧と鯉のぼりと岸辺のアルバム

Imgp00771 さあゆこう

今日も五月晴れの良いお天気。昼を過ぎる頃には気温もぐんぐん上昇、着ていたウインドブレーカーを脱ぎ、アロハシャツ1枚でウオーキングに出発。

Imgp00791 スポーツカイト

風に乗って、ムックリの音が聞こえると思ったら向こう岸でスポーツカイトをやっていた。音は凧や糸から出ているみたい。早速、双眼鏡を取り出して眺めていたが、とても楽しそうだ。

Imgp00801 いつもの風景

この鉄橋を渡る電車の音が、風に乗って我がマンションにまで来る。ふと、ウオーキングしていない事に気づく。

Imgp00841 鯉のぼり

言わずと知れた鯉のぼりだが、このサイズの物は殆ど街中では見かけなくなったな。

Imgp00871 瓜破大橋

向こう岸に建っているのがゴミ焼却場。中々モダンな作りになっているし、煙突から煙も殆ど見えない。かなりな高温処理しているのか。煙突もカバーしてあり、周辺への配慮が見える。

Imgp00921 ただ今24℃

煙突の本体、先っぽがちょっと見える。カバーには電光掲示板が付いており、お天気や気温など流している。マンションから明日の天気を双眼鏡で見て確認する事がある。

Imgp00951 紫色の花

そのまんま、見たまんまだが、本当に花の名前を知らないな。この紫色の花が岸辺一杯に咲いている。

Imgp00981 謎の御仁

この写真を撮っている最中、下の草むらが動いた。ホームレスのおじさんが住んでいて睨まれた。もし、普通に動かなければ死体に見えたかもしれない。だって裸で寝てるんだもん。

Imgp01011 明治橋

おじさんに注意しながら川原に下りる。明治橋の袂付近、太公望達が和やかに釣りをしていた。フナでも釣っているのかな。釣りは詳しくない。

Imgp01031 明治橋から

向こうに新明治橋、生駒山が見える。明治橋から松原市側へ移動と思ったが、この橋を含めて一部のみ川向も大阪市平野区なのだ。

Imgp01111 空駆ける

青空を無線操縦の飛行機が上昇していく。4サイクルエンジンを積んでいるようで、多少湿った野太い音を出している。私もラジコン飛行機をやっていたが、ある理由で止めた。

Imgp01101 やっぱり危ない

2度目かも知れないが、あえて写真を載せる。見ていると、皆さん上級者レベルの腕をお持ちのようだが、金属製の橋、高圧線、砂利採石場が200m以内で挟まれており、電波障害の危険度が高い地形だ。 無線操縦機のトラブルはどんなベテランでも回避不能と思う。私は機体トラブルで少年野球のグラウンドに飛行機を突っ込ませた。自爆で墜落させる事もできなかった。幸い、ネットに引っかかって事なきを得たが、それをきっかけに残りの人生が大事と川原飛行を止めた。これからも皆さんの無事故を祈る。動力のついていない、スポーツカイトがいいな、やっぱり。

Imgp01121

土手の上に一本道が続いている。このまま家まで戻ろうとした。

Imgp01151 主のいないグラウンド

今日は子供の日、流石に少年野球もお休みの様だ。

Imgp01191 合流地点

おー、嫌な予感がしてきた。東除川と大和川が合流している、、と言う事はここは中洲で行き止まりと言う事か?

Imgp01201 橋が無い

ガチョ~ン!である。見事にはまった。中洲で行き場無し、今来た道を引き返す。

Imgp01211 ゴルフ場

と見紛うばかりの風景。ここは平野区のはずだがこんな風景がある。足元には小さな、小さな黄色の花が一面に咲いていた。

Imgp01251 寂しく一人

寂しいので一枚撮っておく。来た道を引き返すと言うのは何だか寂しいな~。

Imgp01301 明治橋より

綺麗な飛行機雲が伸びていく。そろそろ足が疲れて来たし、ビール信号が光り出した。

Imgp01311 釣り人

先ほど、川原に下りて写した太公望達。釣果について話をしているのか。

Imgp01421 阪神高速松原線

帰りは川沿いではなく、街中を通って帰る事にした。明治橋から、長吉アンダーパスを通り、瓜破霊園を右に見ながらやってきた。ここは瓜破になるが、見上げる阪神高速の防音壁の痛みが目立つ。

Imgp01441 風呂屋と薪

更に瓜破神社を超えて東住吉区に移動。住道矢田に入ると風呂屋の裏に出た。煙突の横には廃材と思しき薪。そうか、、風呂屋は昔から木屑や廃材も油と一緒に燃やしていたが、煙の関係で重油が殆どと聞いていたが、、重油など石油の高騰でしんどいんだ。

と言う事で、この後は幹線沿いに移動し帰宅。本日のウオーキングは14,341歩だった。

五月晴れと野田藤と下町風情

P50408131 野田藤跡

今日は少し早起き。五月晴れの空、天気が良くて一安心。8時に家をバイクで出て、玉川にある野田藤を見に行ってきた。市内はガラガラ、休み中は市内観光に限る。

P50408121 春日大社

目的地に到着 野田藤は、春日大社の宮司さんである藤家のご当主が代々ひきついで来たそうで、日本古来の原種なんだそうだ。まだ少し早いかな?と思ったが、現物は元気がなく少し遅かったのか?と思ってしまった。

P50408081 野田藤
P50408091 P50408191

本家本元の藤に元気が無かったので近くの公園も見て周ったが、いずれの藤棚にも花は無く、あれ?間違えたのかなと言う感じだった。因みにコースは玉川南公園→春日大社→大野東公園と言う順番。

P50408221 路地裏の鳥居

野田商店街付近をうろうろしてみると、何とも懐かしい雰囲気があった。私は西成区は今池と言う所に30年住んでいたが、路地裏はどこも似ているのか、ホッとするものがある。この鳥居は実家の近くにあった市場裏の稲荷さんに似ている。いい雰囲気の街だ。

最後に中央卸売り市場に出たが、今を去る30年近く前に市場の安治川沿いにあるESSOのガソリンスタンドでバイトしていた。高校時代の友人がそこで先にバイトしていたので、紹介してもらったのだが、辺りの変わりようには驚いた。30年と言う月日は、結構凄い物があるなと改めて実感する。

青空と新緑とああしんど

Imgp00141 新大阪駐車場

昼から新大阪駅に地下鉄で出かけた。用事を済ませて帰ろうと思ったが、余りにも良い天気なので、梅田まで川を渡って歩こうと思い立った。

Imgp00161 まずはガードくぐり

JRの北方貨物線と思うが、結構低いガードをくぐって梅田方面へ。

Imgp00171 蒼穹の月

見えるかな? 雲ひとつない青空に、うっすらと月が見える。新大阪近辺を普段着で歩き回る事などないので気分爽快。

Imgp00281 いつもこうなら、、

全く車の気配が無い。ここらあたりは会社が多いし、幹線への連絡道路にもなっているので車でごった返すが、普段の日曜より車が少ない。

Imgp00291 新淀川河川敷

新淀川の堤防から、下に野球グラウンドと、向こうにJRの鉄橋を見る。川面を渡る風が初夏の風を運んで来る。

Imgp00331 土手への誘い

新淀川大橋と土手とは、写真の様に繋がっていた。この後は橋を渡って向こう岸へ行く。歩いて渡るのは何年ぶりだろう。

Imgp00351 新御堂と御堂筋線

橋には新御堂と御堂筋線が通っている。歩道はほんの少しだけ。
横をかなりの速度で飛ばしていく車がいる。自転車で行き来する人も結構いるのだが、運悪くポロリと車道に落ちたらお陀仏、はっきり言って怖い。

Imgp00391 中津側から

中津側から新大阪方面を見る。一際高い建物はキーエンスのビルだろうか?

Imgp00381 川下り?

中津側の土手を見ると、ハイキングと思われる装備で歩いているご夫婦?を見る。確かにこの季節、京都から土手を川沿いに延々と歩いて下ると結構面白いかも。

Imgp00411 怪しげな螺旋

実に怪しげな螺旋階段。これが中津側の橋への出入り口になるのだが、非常に暗くて、民家も無く危険度三ツ星。夜、ここを一人で歩く気には絶対にならない。

Dsc015561 豊崎近辺

豊崎から中津へ。これもJR貨物線のガードと思うが、これは本当に低い。自転車に座ってやっと。170cmの私が首を引っ込めないと頭を打つ。何箇所がぶつけた跡があったがさもありなん。

Dsc015631 アーメン

ラマダホテル(旧東洋ホテル)にあるチャペルの一部。良く見るとネオン管が入っていた。東洋ホテル時代に友人の結婚式で、一度だけ来たことがあったと記憶する。

Dsc015641 済生回病院付近

国道176号線と阪急が通るガード。この辺りから急に人出が増えてきた。何だか凄い人がいるぞ。

Dsc015671 梅田観覧車

一度も乗った事は無いが、梅田名物の大観覧車。誰がビルの上に作ろうと思ったのか?確かに今日の眺めが最高に良さそうだ。地上は人、人、人で一杯だ。

ようやく梅田に到着し、地下鉄に乗って帰宅。今日は朝からあっちこっちへ陽気に誘われてふらふらと出歩いた。何時も通う路も、電車を徒歩に変えると随分違った物に見えるものだ。

テンプレート変更と新茶と贈り物

そのまんまのタイトル。月も季節も改まり、テンプレートを伊藤園さん提供の茶畑デザインにしてみた。八十八夜から一日過ぎてしまったが、季節物でもあり期間限定で採用した。

因みに私の勤務先本社は静岡県にあり、営業が新茶をGW明けにお客様にお配りするのが通例である。盆暮れの付け届は辞退される会社が増えたが、お茶は、それも新茶は季節物でもあり結構喜ばれるし、「もうそんな季節ですか‥」と一種の顔になっている場合もある。

昔、営業の女性アシスタントが会議で提案し、今に至っている物だが、贈り物とはささやかな物でもこうありたいもの。

追伸:伊藤園の俳句大賞を右リンク先から見る事ができる。最新の16回は2月末で締め切られ17回の公募はまだ発表していない。

勘吉と双眼鏡と変態ちゃうねん

P10004441 勘吉

と勝手に命名した。夕暮れ時になると、自宅マンションの前にやってきてひとしきカーカー鳴きまくる。G.W.に入ってから、窓を開けっぱなしにしているので、鳴き声が良く聞こえるようになった。

P10004551 踊る勘吉

なんだか知らないが、インデアン踊りの様にクルクル回って鳴き続ける。うーん、困ったやつだ。知らなかったが、目の前で鳴かれるとかなりでかい声。君もその、何か、世の中に不満があるんだろうが、そこは病院の屋上だ。少しは堪えてくれ。。

Mikron1 MIKRON

話しは突然変わるが、写真はニコンの双眼鏡であるミクロン。何と原型は1917年に製造され、かつコツコツと小改良を加えて74年まで製造されていた、超ロングラン製品だ。
写真の品は1997年に復刻されたやつを中古で購入したのだが、現代風アレンジが随所にしてあってちょっと残念。でも、胴体にはぎっしりガラスが詰まっている感じがし、オールメタルの外観は持っていてもとても心地よい。

ただ、「李下に冠を正さず」の教え通り、最近は使い方、場所を考えないと、変態やストーカーと間違われるので気をつけないといけない。

滝と祝!1周年と感謝

Nachinotaki1_1
1年前の那智の滝/
昨年の5月1日に熊野古道を散策中に撮影した。この旅行以降、本格的?にブログを始めたので、今日を実質1周年記念日とする。

それ以降、この下手くそ写真満載のつたないブロクにおいでいただき、コメントを残してくださった方々に感謝いたします。

さて、道楽街道をこれからも突き進んでいくつもりですが、好きでやっての事、お気楽にやりたいものです。道楽三昧”Do Luck !”の次の2周年が来る事をぼちぼち願うものであります。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »