2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 大分から海峡の街へ | トップページ | ソニーよ、何処へ »

海峡を超えて

oita_kokura_shimonoseki1_13 夜明け

海峡の街に朝が来た。昨夜は風呂上りにビールを片手にメールの返信をいくつかすると、急に眠気に襲われて12時前に就寝。
固めのダブルサイズベットだったので、腰の痛みもなくすっきり爽やかな目覚め。固めのベットは、移動が多い時に本当に助かる。

oita_kokura_shimonoseki1_14 海峡大橋

昨夜、殆ど何も写らなかった風景だが、一夜あけるとごらんのよう。向こう岸は下関で、遠く海峡タワーが見える。

oita_kokura_shimonoseki1_15 馬関

下関の町がよーく見える。窓がはめ殺しなのでガラス越しにしか写せないが、雲の流れが速く、今日も風が強そうだ。

oita_kokura_shimonoseki1_16 朝の駅舎

朝の門司港駅はこんな感じ。9時前だったので、通勤のピークは既に過ぎており、人も少ない。近くには港湾関係の役所や会社、警察などが集中しており、そこに勤める人の出入りが多い様だ。

oita_kokura_shimonoseki1_18

まあ、ここまでせんでもええやろ、と言う雰囲気。

oita_kokura_shimonoseki1_19 ベンダッシュ

例えが古いが、ベン・ジョンソンがドーピング全開全速で走っても、10秒は掛かるだろうと言う何も障害物の無い一直線のホーム。

oita_kokura_shimonoseki1_20 レンガ街

鹿児島本線の門司駅から、連絡している山陽本線に乗り換え下関駅に向かう。更にそこで乗り換えて小野田と城下町長府へ向かう。車窓からレンガ街の名残を撮る。パトカーはおまけ。

oita_kokura_shimonoseki1_21 残された街

門司駅より。駅の周りは再開発なのか、すっかり更地になっており、何軒かポツン、ポツンと残されていた。色々な理由がそこにあるだろうから、通りすがりの人間が何か言うのもおこがましいが、痛々しい雰囲気がある。
次に完成された風景を見たら、今度はどんな印象を受けるのだろうか。

これから海峡を渡る。トンネルなのでくぐるが正しいか。

oita_kokura_shimonoseki1 復興は遠く

海峡トンネルをくぐると直ぐに下関駅に到着。今年の正月の放火事件は記憶に新しいが、崩れた駅舎は、がれきも取り除かれて更地になっていた。

下関駅では、ここ何年かの間で頭のおかしいヤツが包丁振り回して人を刺したり、乗用車が突っ込んだりであまり良い事が起こっていない。最後はこの放火全焼だ。

もともと、老朽化も進んでいたので、数年以内に駅舎立替をJR西日本は計画していたと、後で地元タクシーの運転手さんから聞く。人死にやけが人が出なくて良かった。今となってはその不幸を前向きに、素晴らしい駅舎に復興してもらいたいと思う。

« 大分から海峡の街へ | トップページ | ソニーよ、何処へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/8604027

この記事へのトラックバック一覧です: 海峡を超えて:

« 大分から海峡の街へ | トップページ | ソニーよ、何処へ »