2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク集

  • うずら眼 - uzuraman's eye
    写真、映像、おちゃらけ、ピリ辛風刺、なんでもありあり。うずらまんさんの素敵な空間へどうぞ。
  • たびねこ雑写帳
    当ブログで10万カウントを記録頂いたクゥジーさんのブログです。街猫をとても楽しく撮影されています。
  • ケロとグレのノルディックウォーキング修行録(仮)
    サークル仲間のケログレさんのブログ。本来の趣旨から逸脱し、食べ物紀行になる場合もあるが、それらも含めて楽しく情報提供して頂ける事うけあい。N.W.にご興味の方は是非ブックマークを。
  • サークルアウリンコのブログ
    大阪城公園での例会をメインに行なうN.W.のサークルです。
  • 大阪を歩こう
    大阪を中心に街道や街歩き、山歩きを行っていらっしゃるosakawalkerさんのブログです。道標探索は今日も続いているのでしょうか。写真も素敵です。
  • scratch!!!
    Nikon D700を持って広島、尾道での猫のいる風景を中心に 精力的に撮影されているscratchphotoさんのブログです。アドレス修正。
  • warakadoの関心空間
    ラピタフォーラムの代わりに私設博物館を作りましたが、新しいページで再出発です。
  • YANBO'S BLOG 「四季折々」
    通りすがりのスナップ達人、YANBOさんの面白楽しいblogです。素敵な写真ライフを過される一方、工作シリーズや特集物は企画力抜群で必見ですよ。

私設博物館

  • SONY RX100M3
    Lapitaフォーラムに掲載していた自慢の一品達と、道具道楽たる半ジャンク品の数々。

風物図鑑

  • Img0444ed
    お散歩写真集改め、風物誌図鑑とする。なんだか一杯写真集を作って収拾がつかなくなってきたが、お散歩写真は出たトコ勝負に集約する。
無料ブログはココログ

« 幻灯機無常 | トップページ | 咲くや此花2 »

咲くや此花

2005_10_002 今日は此花区は酉島まで仕事。日中のバスはお年寄りがやっぱり多い。
一番隅の方でこっそり座ってたが、ついウトウトとしてしまって危うく乗り過ごしそうになった。

ブログの容量が2Gまで無料と大盤振る舞いしてくれたので今日はちょっとボリュームアップした。

いつもと雰囲気かえてほな行きまひょか。

2005_10_003 酉島バス停で跳び降りたけど、 午後の打ち合わせまでちょっと間、時間があったので、散歩がてらに淀川見物。

写真は堤防上へつながる階段。この辺りは戦前からの工場地帯でもあるし、昔からの民家も沢山見かける。

戦中は住金なんかB29に爆撃されて影も形も無くなったけど、この辺り一帯だけ難を逃れたと聞いたことがある。

2005_10_005 堤防の上に出ると、一気に視界が開けて別世界に。ここはほんまに大阪か?淀川はんには失礼だが、私の知っている大和川とは規模が違うな。

よーく見ると堤防上にテントが見える。最初はホームレス?と思ったが、聞くと東大地震研究所の実験だそう。中でGPS信号を受信して測量をしているとのこと。付近を遮る物が無いのと、車の振動が少ないのが観測に最適なロケーションらしい。寒いからテントの中にいる模様。2005_10_006
この秋一番の冷え込みで、川を渡る風が更に追い討ちをかける。

さぶー!

でも、湾岸線の向こうには薄っすらと淡路島と須磨が見えるのでは無いか?

でも、実に立派な堤防だ。護岸もコンクリートで固めている訳でなく、自然石の積み上げ。魚が釣れそうだ。

2005_10_008 地元のおじさんと話しをする機会を得たが、この辺りは昭和30年頃まで砂浜だったそうだ。

アサリなんか30分で洗面器一杯になったのが、36~37年頃から急に水が汚れてきて一遍川は死んだそうだ。

でも、これは川の雰囲気じゃなくて、海岸の雰囲気でもある。

« 幻灯機無常 | トップページ | 咲くや此花2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

WARAKADOさん、こんにちは。

今日は寒かったですね。
赤い水門の辺り、子供の時の遊び場でした。
テトラポットの間で海老を取ったり、はぜ釣りをしたり。流木で焼き芋したり。

昭和の始め頃(戦後すぐぐらい)は、アサリも良く取れたらしいですよ。父親が言ってました。

実はこの川、人工の川なんです。
明治時代に、中津川とその支流を真っ直ぐに掘って、新淀川にしたのです。
だから、地図で見るとへんでしょ。

子供のときは、川に近づけないようなコンクリートの堤防だったのですが、阪神大震災で崩れて、今の堤防に作り直したのです。

おかげで、ウインドサーフィンをしている人がいます。ボードを下ろしやすいんだそうです。

YANBOさん、こんにちは

そうなんですか、あの水門あたりが遊び場だったんですか。

新淀川が付け替えの人工河川と言うのは学校でならった記憶があります。昔ながらの淀川は大川として区別されていましたっけ?大川はまた別でしたか?

それとこの堤防はほんとうに立派な堤防ですね。土地勘の無い所でしたので新鮮な驚きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77000/7151925

この記事へのトラックバック一覧です: 咲くや此花:

« 幻灯機無常 | トップページ | 咲くや此花2 »